カテゴリ:フランス( 16 )

ブレスト : ブルターニュの牡蠣と、アンイージーなeasyjet

~KL-Paris-Quimper #10~

#09の続き。

e0152073_193542.jpg

Huîtres creuses de Bretagne.

フランスには、牡蠣が2種類。

日本の牡蠣とおなじ殻がくぼんだクルーズ creuses(マガキ)と、ブロンのような平たいプラット plate(ヨーロッパヒラガキ)。

上の写真の牡蠣はブルターニュの北端、ブレストという街の近くにあるPrat Ar Coum プラタルクムという産地のクルーズ。

クリーミーでプルンとした食感がよいけれど、日本の牡蠣のようなクセはなく、とても身が薄くて、牡蠣好きとしては、ちょっと物足りないような気もする。9月末という季節のせいなのか、シーズン通してこうなのか、たまたまそういう品だったのかは、よくわからない。

この日は、この牡蠣にありつくまでが、ドタバタだった。

e0152073_1115486.jpg

パリから空路でブルターニュのBrest ブレストへ飛び、陸路でカンペール Quimperへ向うエクスカーションを企てた。

もともとブルターニュに行こうとは思っていた。でもなぜ、ブレスト-カンペールのコースになったかというと、国内線のイージージェット easyjetが激安なのを発見したから。

パリ→ブレスト往復で74EUR。8000円しない。

使わない手はない。

しかも、朝イチ6:50にフライトで、8時にはブレストに着く。9時あたりの電車に接続すれば、10時にはカンペール。宿にチェックインして、ゆっくり出かけてランチが可能。そんなつもりだったのだが・・・。

さて。

ほとんど寝ないで4時過ぎに宿をチェックアウト。タクシーを飛ばしてCDGまでやってきた。

e0152073_114243.jpg

午前6時前の搭乗ゲート。寝心地の良さそうな不思議なデザインのソファと、雲のような照明が気になる。ソファにぜひ座ってみたい(寝てみたい)けど、睡眠中の方々がどいてくれない。

e0152073_1144312.jpg

6:30にはeasyjet3971便に搭乗。

e0152073_1145320.jpg

8:05にはブレスト着。

の、はずだったが、どうやら様子がおかしい。着陸しそうな態勢なのに、延々と、いつまでも低い高度を旋回している。なんだなんだ。

そして、1時間も遅れて、やっと着陸したのは、なんと!!!

e0152073_115318.jpg

ナントだった・・・。

駄洒落もむなしい、この現実。

ブレスト上空の悪天候による、止むなき行き先変更で、ブレストから300キロも手前のナントの空港に着陸してしまったのだ。

おいおいおい、せっかく早起きしたのに! 

e0152073_1151510.jpg

乗客全員、チャーターバスでブレストまで輸送されることに。

バスに乗らず、このままばっくれてナント観光でもいいか、とも思ったが、買ってある復路航空チケットはブレスト→パリなので、やっぱり行かなきゃしょうがない。

聞いたら、ブレストまでバスで4時間ぐらいかかるって。

が~!

e0152073_1152654.jpg

国道N165号線を西北西に。

ナントを出て、ブルターニュ地域圏に入り、ヴァンヌを経て、ロリアン、カンペール、そしてブレストにいたる。

そう。最終目的地のカンペールは、ブレストへの道中にある。

途中で降ろしてもらえば良いではないか。

偶然、おなじルートを予定していたフランス人乗客が同乗していた。数は力。手と手を取り合って運転手と係員に詰め寄り、交渉した。

が、答えはノン。

easyjetは、ナント空港からブレスト空港まで送り届けるだけ。途中下車は許されない。

くっそー!このアンイージージェットめ~!

確かに、途中下車して何かあったばあい航空会社は責任とれないし、他の乗客のタイムロスになるからNGなんだろう。それにしても、なんも出んのか? ま、払ってる金額が安いしな・・・。

e0152073_1214172.jpg

ブレストの空港に着いたのは、13時半ごろ。

e0152073_1215654.jpg

そこから小さなバスで、市街へ。

e0152073_122615.jpg

上空悪天候って・・・めちゃくちゃ天気いいんですけど。

もう14時すぎ。朝から飲まず食わずなので、力も尽きた。食事でもして、かるくブレスト観光しようか。

17時台の電車を確認して、ブレストの街へ。

でもブレストのこと、ほとんど調べてない。

ミシュランに載ってるレストランに電話してみたが、ランチタイム終了で、開くのは夕方みたい。

e0152073_1221994.jpg

トランク重いし、適当に歩いてここへ。

Les Relais d'Alsace

e0152073_1225759.jpg

平日だし、もう15時だし、店内がらがら。

ルレダルザスって、せっかくブルターニュに来たのに、アルザスに入っちゃったのも、すこしむなしい(笑)。

e0152073_1231152.jpg

あとから調べてわかったけど、この店、ドイツのKarlsberg カールスバーグ(ドイツ読みだとカールズベルク)が経営してて、フランス国内に無数にあるチェーン店。

Karlsbergは日本でも有名な緑のボトルのCarlsberg(デンマークの会社)とは別モノで、混同を避けるため、ドイツ国外ではカールスブロイ Karlsbräuと名乗っているんだって。

e0152073_1235175.jpg

だからカールスブロイを頼めばいいのに、なぜかベルギーのフローレフ FLOREFFEの白ビールを頼んじゃった。

赤いのは、キールブルトンヌ。

ブルターニュ風キールで、カシスに、白ワインでなくシードルを合わせる。

e0152073_1244678.jpg

かってに出てきたおつまみ。

せっかくなので、牡蠣を。

e0152073_12528.jpg

これは本記事冒頭の牡蠣とは違い、Marennes Oleron マレンヌ・オレロンのFines de claireという牡蠣。

産地のマレンヌ・オレロンは、ちょうどeasyjetが着陸したナントをもう少し南下して、ボルドーとの間辺りにある。シャラント・マリタイム県 Charente-Maritimeのマレンヌとオレロン島に挟まれた湾のあたり。

美味しいけど、やっぱり身が薄い。

あーもっと食べたい、海の幸。ということで、

e0152073_1255766.jpg

plateau de fruits de mer

海の幸盛り合わせを、どどんと。

手前から時計回りに、

・ブルターニュのタニシみたいな貝、ビゴルノー Bigorneau.

・レモンに刺さったクルべット・ローズ crevettes roses. これは日本にもあるような、ふつうのえびだと思う。

・ラングステーヌ langoustines. 手長えび。

・ビュロ bulots. ばい貝とおなじ貝だと思う。

・トゥルートー Tourteau. いちょう蟹。

・牡蠣。この盛り合わせの牡蠣が、本記事冒頭の写真で紹介した、プラタルクムのクルーズ。

・酢とバター。

・まんなかあたりにあるのが、あさりのような、はまぐりのような、二枚貝のパルルド Palourdesと、たぶんもう一種類。よくわからない。

e0152073_1261959.jpg

牡蠣もいいけど、このビゴルノーも好き。白ワインを飲みながら、針のような金属の楊枝みたいなのでほじりだして食べる。次から次へと食べる作業にハマってしまう。

e0152073_1264376.jpg

ふつうのえびはレモンに刺して花のようにデコレーションしてあったけど、ラングスティーヌは、こんな風に爪が自分の尻尾に刺してあって、のけぞりポーズになるようになってる。

e0152073_1265933.jpg

Plat du jour

本日のおすすめも頼んだけど、明らかに蛇足だった。

白身魚のブールブラン、ほうれん草のフラン、バターライス。

腹いっぱいになり、散歩。電車の時間と、荷物もあるので、あんまり遠くにはいけないけど。

e0152073_1272444.jpg

アジョ広場 Cours d'ajot.

ここは高台になっていて、

e0152073_1275073.jpg

ブレストの港が見渡せる。

あとから気付いたけど、見下ろすこの港、海沿いの建物の向こうあたりには飲食店が多く、「旅の食卓と、食卓の旅」を標榜するわれわれとしては、訪問すべき場所であった。残念!

e0152073_1281791.jpg

第一次大戦のアメリカ記念碑。

e0152073_1283959.jpg

街中のブロカントへ。

e0152073_1291547.jpg

ここで書いたけど、なぜか使うアテもない卵立てを多数購入。

そんなこんなで、もう電車の時間。

e0152073_1295475.jpg

ブレスト駅へ。

e0152073_1301320.jpg

ter BRETAGNEのブレスト発17:13、ナント行に乗車。

e0152073_1303123.jpg

カンペール着18:23。

やっと着いた。

つづく。

(よ)

※2011年9月

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2011-11-13 01:40 | フランス

パリ : アラン・デュカスの『J'aime Paris』と マグレブ料理の「シェ・ベベール Chez Bebert」

~KL-Paris-Quimper #09~

#08の続き。

アルページュから帰ってきてひと休みして、今度は、

e0152073_23564940.jpg

猫のベベールが、

e0152073_23572282.jpg

出むかえてくれる、

e0152073_2357408.jpg

モンパルナスの「シェ・ベベール Chez Bebert」へ。

いや。

本当はこの白黒はちわれ猫が「ベベール」という名前かどうかは、訊いてないから知らない。でも、お店の猫には間違いなさそう。まねき猫。

チュニジア、アルジェリア、モロッコなど北アフリカのマグレブ料理を供する「シェ・ベベール」は泊まっている宿の近く、モンパルナス駅すぐのところにあるんだけれど、まえの晩だったか、エスニックな料理が食べたくて宿のPCで調べていたら、「異邦人の食卓」というブログのタヌ子さんの記事にココが出ていたのを読み、行くことに決めた。

で、そのタヌ子さんが、先日オフ会でお会いしたソーニャさんのお友だちだったのは、ほんとうに偶然だったのでビックリした~。

いまは店の所在だけ確認して、夕食のとき戻ってくることにしよう。ショッピングに出かける。

e0152073_005310.jpg

セレクトショップの「colette コレット」へ。

あんまり服とかに興味がないので、見るのは雑貨か、本。

かなーり重いから悩んだけど、やっぱり買ってしまったのが、コレ。

e0152073_012967.jpg

"J'aime Paris : Mon Paris du goût en 200 adresses"
Alain Ducasse


e0152073_02647.jpg

『愛するパリ、僕の味 200軒』って感じだろうか(日本語タイトルとしてはダサいけど)。

e0152073_033366.jpg

スーパーシェフのアラン・デュカスによるパリのアドレス200軒。自身が経営する「プラザ・アテネ」や「ブノワ」をはじめ、レストラン、ビストロ、カフェ、食材店、厨房道具店まで、料理に関わるパリの素晴らしい店を短いテキストとたくさんの写真で紹介した新刊。

e0152073_024035.jpg

フランス語が読めないので、テキストの内容はイマイチ不明だが、とにかく写真が素晴らしい。

e0152073_022629.jpg

レイアウトもいいな~。

e0152073_04057.jpg

単なるお店カタログではまったくなく、店と人と料理が織りなす、それぞれの個性と空気を定着すべく、美意識と意外性に満ちたセンスのいい編集がすみずみまでほどこされている。

e0152073_041157.jpg

飲食店フェチ。

そんな言葉が浮かんだ(笑)。

めちゃくちゃたくさんの店を経営するデュカス氏は、きっと飲食店フェチで、飲食店マニアに違いない。

e0152073_0545060.jpg

レストランというと皿の上しか見ない人が多いけれど、料理だけじゃなく、実は店って「ハコ」と「ヒト」。常々そう思っている(よ)にとっては納得の一冊なのだった。

余談。知り合いが、縁あってデュカス氏を都内で接待しなければならず、頭をひねっていた。条件は、美味しい日本的な居酒屋。あるイベントのあと、関係者と一緒に打ち上げ。日本を感じられる、大衆的な居酒屋(ブラッセリー)。でも、料理のクオリティはある一線をクリアしていなければならない。

緊張しそー。

てなわけで、その他もろもろ手に入れて、パリのおしゃれさんたちウォッチングもして、コレットをあとにする。

e0152073_05571.jpg

コレットの壁に、スペースインベーダー。

e0152073_061398.jpg

あ。こっちにも。

そして。

e0152073_0554118.jpg

百貨店の「Galeries Lafayette ギャラリー・ラファイエット」グルメ館に来た。

e0152073_064279.jpg

パック入りのフォアグラ・テリーヌを買おうかな。

e0152073_072257.jpg

オレンジの斑点のあるひらめ、カルレ Carrelet.

e0152073_08531.jpg

丸っこい殻の牡蠣、ブロン Belon.

e0152073_082470.jpg

ワイン売場のBordeauxthèque ボルドーテックはボルドーワイン専門コーナーで、なんだか神々しい内装デザイン(笑)。まんなかで琥珀色に輝くのはソーテルヌ。

閉店時間までねばって、お土産など物色。

そして、

e0152073_085282.jpg

「シェ・ベベール Chez Bebert」に戻ってきた。

e0152073_09786.jpg

店内、イスラミック・ムード満点。

e0152073_092788.jpg

お~ベベール(勝手に命名)。おいで。テーブルのしたで、なでなで。

赤ワインを頼んで、

e0152073_09482.jpg

前菜Kemiaの盛り合わせ。実際より、かなり豪華に見える、このプレゼンテーション(笑)。

e0152073_010657.jpg

チュニジアの街中とかでリアルに使ってそうなごっついタジン鍋を、オープン!

e0152073_010205.jpg

鴨と無花果のタジン。まったり甘いドライの無花果と鴨が合っていた。

e0152073_0103739.jpg

干し葡萄の香料か、甘い香りのきついクスクス。

e0152073_0105516.jpg

鶏のブロシェットとメルゲーズ・ソーセージ。

メルゲーズがスパイシー。

意外に、ここまででかなり満腹になってしまい、デザートはパスしてしまった。

明日は早起き。

つづく

(よ)

※2011年9月

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2011-11-04 00:21 | フランス

パリ : 菜園の平穏/鱗と羽根の欲望 「アルページュ l'Arpège」

~KL-Paris-Quimper #08~

前回の続き。

テーブルには、花のかわりに、コロンとした野菜が。

e0152073_2219771.jpg

かぼちゃの類だろうか。

奇抜だけれど、ほっとする。

王道は行かないアーティスティックさと、料理や食材に対する真摯さ。そんなイメージも受ける。

e0152073_22192858.jpg

待望の、「アルページュ l'Arpège」にやって来た。

1ヶ月前くらいに東京から電話を入れたら、すんなり席はとれた。おなじ時期に、「アストランス l'Astrance」にも連絡したが、さすがにこちらは満席。3日前にコンファームしてくださいと言われたので、KLからかけた。

Dejeuner des jardins.

「菜園の昼食」なるランチコースと、グラスのシャンパーニュをたのむ。

e0152073_22195177.jpg

アミューズ。

なんともかわいらしい、どれも野菜のクリームが主となる、ひとくちの楽しみ。

e0152073_2220238.jpg

塩気のつよい、濃い黄色をしたブルターニュのバターが美味しくて、料理が出るまえに、ついパンをつまみすぎてしまう。

e0152073_22203952.jpg

マスタードのアイスクリームをそえた、ガスパッチョ。

やや沈んだ赤の色のとおり、爽やか、というよりは濃厚。スパイシー。

ソムリエに白ワインをたのむ。

Meursault 2008 Matrot

ソムリエの彼、とても日本語が達者だ。

最初、フランス語でペラペラっと話しかけてきて、こちらが困った顔をしたら、「あ、日本人ですかー?」だって。おいおい。聞けば彼もフランス人ではなく、ローマ出身のイタリア人。奥さんが日本人だそうな。イタリアといえば、以前、ウンブリア州を旅行したときに寄った某店がすごく良かった、と話したら同意してくれた。ミラノの話もしたけれど、ミラノはあまり好きではないみたい。

e0152073_22205734.jpg

看板料理ともいわれる、半熟卵。

卵の殻の横に、BIO・・・赤い判が押してある。すごくなめらかなクリームの下に半熟卵が隠れてる。

ヨーロッパ人たちにとって、きっとこれは「懐かしフード」のオトナ版、洗練版なのかも。そういえば、子供のころディック・ブルーナの絵本に描かれていた、卵立てと半熟卵に興味を持ったことを思い出す。そのとき実物は知らなかった。そんなこんなが頭の片隅に残ったか、この翌日、ブレストのブロカントで使うかどうかわからない卵立てをいくつも買ってしまった

な~んて、自分なりに半熟卵の記憶をたぐりよせてみたり。

e0152073_22211585.jpg

Tomate naturelles

種類のことなるトマトたち。

メニューにある

golden rush, blanche arpege, noire de Russie, green zebra...

は、トマトの品種かな。

ラズベリーが添えられ、削ったチーズが散らしてある。ソースの褐色はバルサミコでなく、たぶん醤油。気になって「アルページュ 醤油」で検索すると、香川の「丸島醤油」がアルページュに採用になった、という話が出てくる。

ソムリエの彼にたずねたら、「醤油、使っています」とのことだった。

e0152073_22213211.jpg

たまねぎのグラティネ。

メニューには、こう記載されている。

Couleur, saveur, parfum et dessin du jardin
cueillette ephemere

菜園の色彩、味覚、香り、そしてデザイン
束の間の収穫

フランス語はまったくわからないけど、Google翻訳などを使って多少リライトなどもしてみた。料理法や食材への言及がひとつもない。料理名というより、もうこれは詩なのか。

おそらくチーズなどとともに、たまねぎを器にはりつけるように薄く焼いてある。これを、こそぎ取るようにして食べる。

e0152073_22214814.jpg

Mesclun de Sylvain an praline de noisette a l'ancienne
mizuna, moutarde melisse, choho, courgette floridor...

ヘーゼルナッツ・プラリネのメスクラン。

3つ星なのに、一品の料理として葉もののサラダが出るとは、さすが野菜料理のアルページュ。

e0152073_2222241.jpg

Fines ravioles potageres fleuries aux herbes fines
oignon blanc aviv, chou noriko, basilic osmin pourpre, concombre lemon...

トマトのコンソメに浮かんだ、4種類の野菜のラビオリ。

このトマトのコンソメが美味しかった。トマトだけじゃなく、バジルやミントだろうかハーブの香りもふくまれている。舌触りのさらっとしたコンソメに、野菜の濃~いエッセンスがぎゅっと凝縮。

さらにラビオリの中身が驚き。口のなかで皮がやぶけて、つめものがコンソメと混ざる一瞬が、ほんとうに楽しい。

台北の小籠湯包は、スープのたっぷり入ったミニ小籠包が、さらに別のスープに浮いていて、レンゲですくっていただくと、ミニ小籠包の中のスープと、小籠包が浮いていたスープが口内で出会う仕組みになっていた。そんな料理を思い出したり。

話をラビオリに戻すと、偶然食べた順番がよかった。最後のふたつが、とくに驚いたから。なんだか、それぞれニンニクとニラのイメージがうかぶ強めの香味。やはり中華的。メニューにあるoignon blanc avivとbasilic osmin pourpreだろうか。

e0152073_22221570.jpg

Robe des champs <<Arlequin>> a l'huile d'argan
poivron doux des Landes, aubergine barbentane, carotte white satine...

クスクスを換骨奪胎した一皿。

野菜に、クスクス。泡は抹茶? 皿のいちばん向うにあるのはふつうのソーセージではなく、なんと「アリッサ」の入った野菜のソーセージ。アリッサは、クスクスを食べるときに必須の調味料。うちでも唐辛子、オリーブ油、にんにく、クミンなどで自作する。

メインのまえに、赤ワインをたのむ。

Fixin E.GEANTET 2006

メニューにあった、メイン料理と思われる記述。

Ecailles ou plumes
reflet de la gourmandise

鱗と羽根
欲望の投影

by Google翻訳+雰囲気リライト

「鱗と羽根」って、つまり、魚と鶏ということか。

魚は

e0152073_22241598.jpg

あんこう。

でかい!

手ぶれ残念。

でも、あんこうは鱗ないけど。

そのかわり、なんか鱗のような格子の焼き目がついてる。

鶏は、

e0152073_2225650.jpg

無花果の葉に包んで焼いてある。

すごく、いい色をしてる。

あんこうは、白ワインのソースで食べるか、抹茶か訊ねられたので、抹茶にした。

e0152073_22251876.jpg

抹茶はソースではなく、あんこうの上に抹茶そのものがふりかけられているみたいだった。

お皿の左上あたり。ローストしたタマネギと白いクネルの間にある黒っぽい野菜が酸っぱくて、とてもよいアクセントになっていた。あんこうの淡白でしっかりした白身を、つけあわせの役割を逸脱した(良い意味で)個性のきわだつ野菜たちがとりかこんでいるイメージ。

e0152073_22252894.jpg

鶏のほうの皿。

食事をふりかえってみると、半熟卵と、バターやクリームなどの乳製品以外、メインまで動物由来の食材ってゼロだったんじゃないか?

禁欲的とも思える野菜の連続のあとの、人間の欲望にうったえる鱗や、羽根をまとった生き物の肉。

菜園の平穏、鱗と羽根の欲望。

そんな解釈もしてみたくなる。

e0152073_22255947.jpg

Fromages Bernard Antony
affineur

ベルナール・アントニーのフロマージュ。

ベルナールさんとは、アルザスのチーズ熟成師だそう。シェーブルなどを中心にいただく。

突然、隣のテーブルで食事をしていたフランス人のカップルが「日本人ですか?写真を撮ってあげましょう」と、話しかけてきた。聞けば、今日は結婚2周年のお祝いで来たのだそうだ。せっかくなので、女性のほうが持っていたiPhoneで、彼らの写真も撮ってあげた。「おめでとう」と言うと、「ありがと」と日本語で応えてくれた。

e0152073_22261965.jpg

小菓子。

手前のバラのような、小さなリンゴのタルトが美味しい。

e0152073_22263930.jpg

Douceur des potagers
friandises

ルバーブのコンフィの入ったミルフィーユ。

e0152073_22265536.jpg

カフェ。

e0152073_2227774.jpg

ハーブティ。

ちょうど今、シェフのアラン・パッサールさんが「ニッシム・ドゥ・カモンド美術館」でコラージュ展を開催している。

あるとき、シェフがさらさらと描いていたミルフィーユの絵がとても繊細で、口に入れて一瞬でくずれてしまうようなパイ生地のはかなさをうまく表現していた。パッサールさんに師事した狐野扶実子さんが、たしかどっかに、こんな感じの話を書いていたはず。

コラージュ展、観たかったなあ。会期がちょうど1ヵ月おそければ。

e0152073_2227513.jpg

お昼どきも、もうおわり。

e0152073_22402790.jpg

店を出て少し歩いたら、あずけたジャケットを返してくれてないことに気づいて、戻った。なんか、夢から覚めた感じだった。

つづく。

(よ)

※2011年9月

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2011-10-25 22:49 | フランス

パリ : オーガニックなブーランジェリー 「ブレッド&ローゼズ bread & roses」の朝食

~KL-Paris-Quimper #07~

前回の続き。翌日の朝食。

e0152073_1161839.jpg

Chocolat cremeux l'ancienne.

昔ながらのクリーミーチョコレート。

普通のショコラ・ショーは、ちょっとさらっとしすぎていてあまり好きではないが、このチョコレートは濃厚で、とても満足感がある。それでいて、舌触りのなめらかなこと、爽やかなこと。毎朝、こういうのが飲めたら文句なし。

どこのチョコレートかというと、

e0152073_116920.jpg

「ブレッド&ローゼス bread & roses」

宿から歩ける場所に、BIOの粉を使用したパンや、素材重視の惣菜、ケーキなどを提供する評判の店があると聞き、朝食に出かけたのだった。

e0152073_1163989.jpg

ロケーションは、リュクサンブール公園の西側。わりとハイソなエリアらしい。店の外に並べてあった席に座った。

e0152073_1162548.jpg

Café Crème

コーヒーはイタリアのilly。

注文したあとで気になりはじめたのが、お茶。ほかのテーブルに鉄瓶の急須が出ている。再度メニューをあらためると、イギリスの紅茶のほか、中国茶がいくつかリストされていた。

ウーロン茶、プーアール茶など日本人にも馴染みのあるお茶をはじめ、雲南緑茶、中国紅茶の正山小種(Lapsang Sauchong)など、マニアックと思えるものまで。

e0152073_1162313.jpg

ごま、けしの実、ひまわりの種が、とても香ばしいバゲット。

e0152073_1162892.jpg

6種類のサラダ盛り合わせ。

手前の三つが左から、taboule a la libanaise レバノン風タブレ、salade orientale オリエンタルサラダ(唐辛子がきいたトマトソースみたいなもの)、caviar d'aubergines なすのキャビア。向こう側の三つが左から、salade fraicheur フレッシュトマトのサラダ、salade de courgettes et basilic ズッキーニとバジリコのサラダ、houmous フムス(ヒヨコマメのディップ)。

塩やオイルは、ごく控えめ。素材自体を楽しんでほしい、とのメッセージが伝わってくるような味つけだ。

e0152073_1163078.jpg

名物のブリオッシュ。

ここのオーガニックなパン類は、本当に美味しそう。

e0152073_116218.jpg

惣菜タルトも、魅力的。

アンチョビーのタルトに、アーティチョークのタルト(ピンボケ失礼)。

e0152073_1163399.jpg

ケーキ類も大きくボリュームがあり、実に食べてみたい。

うーん、しかしこのあとランチの予約があるので、あんまり満腹になるのは困る。がまん。ここの店オリジナルのジャムを買って帰ることにした。

e0152073_1163648.jpg

お店の入口を撮影しようと思ったのに、パリのガイド本を手にした観光客らしい男性が、店の前を離れてくれなかった。

つづく。

(よ)

※2011年9月

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2011-10-19 01:24 | フランス

パリ : 週末夜のビストロタイム「ル・コントワール・デュ・ルレ Le Comptoir du Relais」

~KL-Paris-Quimper #06~

前回の続き。

パリの果て20区から、パリ中心部へ帰還。

メトロ・オデオン駅で下車。

e0152073_253233.jpg

今夜のディナー候補のビストロ、「ル・コントワール・デュ・ルレ Le Comptoir du Relais」を下見することに。

ここは、現在のパリの料理界を象徴するネオビストロ、もしくはビストロノミーなる潮流の象徴といわれるイヴ・カンドボルドさんの店。Hôtel Relais Saint Germainの1階にあり、向って左隣には姉妹店である「ラヴァン・コントワール l'avant comptoir」が。こちらは立ち飲み形式で、クレープや、「オードブル」と呼ばれる小皿のタパスを供する、いわゆる「バル」的な店らしい。

さて、今夜のディナーについて、「ル・コントワール・デュ・ルレ」の人に聞いてみた。

いわく、予約は取らないので、直接来てください、とのこと。

「ル・コントワール・デュ・ルレ」の営業スタイルは、ちょっと変則的。平日の夜は完全予約制のフルコースの創作料理が供され、平日の昼と、週末や祝日の終日がビストロスタイルの営業になる。

完全予約のフルコースは、かなり先まで予約いっぱい。残念。でも、今日のような週末の夜も楽しそうじゃないか。

e0152073_211347.jpg

「ル・コントワール・デュ・ルレ」の界隈。イタリアンや、ラム酒専門らしき店など、なかなか楽しい。

さて。

オデオン界隈からサン・ジェルマン大通りを歩く。

ホテルへは、レンヌ通りにさしかかったら左へ折れればいい。

e0152073_2111926.jpg

と思っていたら、気になるショコラティエを発見。

「La Maison Georges Larnicol ジョルジュ・ラルニコル」

e0152073_211558.jpg

ショコラが量り売り。

e0152073_2121019.jpg

このキャラメル・ペーストが、本当に美味しくって、お土産に買ったのに旅行中にひと瓶なめ尽くしてしまったほど。

あとから調べて知ったことだけど、ここ、フランス・ブルターニュ地方カンペール発祥のショコラティエらしく、明後日からカンペールに旅しようとしてる(よ)にとっては、うてっつけの店だった。店の主、ラルニコルさんはMOF(国家最優秀職人章)の称号を持ち、サン・ジェルマン通りには昨年末に店を出したばかりだそうな。

e0152073_2124194.jpg

道端のコンフィズリー(駄菓子)屋台。

e0152073_2125470.jpg

ホテルの近くの雑貨屋にあった、ジロール茸。

e0152073_213867.jpg

こちらはセップ茸。

そのほか葡萄や、胡桃、ホワイトアスパラ、グリーンアスパラなどなど。

ホテルでひと寝入り。

そして。

再出動。

e0152073_2131874.jpg

リュクサンブール宮殿を横目にチラ見しつつ、脚はオデオン界隈へと急ぐ。

21時ごろ、現地着。

e0152073_2133088.jpg

うっわ~。並んでる!

フランス人も行列ってするんだね!

ふだん東京でラーメン屋の行列など見ると、どうにも苦々しく、並んでやるものか、とか思ったりする(よ)ではあるが、どうにも今日ばかりは、おとなしく列に加わる。

と、思ったら、われわれの前に並んでいるのは日本人だった。そして、われわれのあとについたのも、また日本人。

なーんか列に日本人が多くなって気恥ずかしい感じがする。まあいいけど。

すでに席についているなかにも、日本人と思しき客が幾人か。観光客と思える団体もいれば、フランス語ペラペラで、おそらくパリで働いているのだろう日本人もいる。ようは、パリに日本人が多いのだ。

飲食店の厨房にも日本人が多いし、ミシュランスターを勝ち取った若い日本人シェフだっている。

となりの「ラヴァン・コントワール」からも、日本語の歓声が。

こう書くと、全員日本人のようだけど、もちろん集まっている大半は味と流行に敏感なフランスのグルメ老若男女たちなので、誤解なきよう。

e0152073_2134313.jpg

行列していると、なんとなく真向かいに目が行く。

そこにはカフェ「Les Editeurs レ・ゼディトゥール」が。

「編集者」の名のごとく、本がいっぱいあったり、文豪の写真が飾ってあったり、どうも文学にちなんだ店っぽい。あとから調べたら、ここ主催の「les editeurs賞」なる文学賞もあるらしい。コントワールの行列がどうしても待てない場合は、駆け込み寺的存在でもあるらしいが、某誌ウェブ版の記事によれば、味的に「ここはどうも…」という声が多いとか。ほう。

e0152073_2135460.jpg

40分くらいならんで、22時近くなり、やっと入店。

e0152073_214630.jpg

ママ・シェルターのブランチで(ゆ)が調子に乗って食べ過ぎ、まだ腹が完全にへらないらしく「ちょっと軽い感じがイイ」なんぞ抜かすので、「ル・ペール・ジュル」のシードルを頼んでみた。

e0152073_2141787.jpg

豚がかわいい。

e0152073_2142733.jpg

ブーダンノワールのテリーヌとリンゴのサラダ。

ブーダンノワールには、血だけじゃなく肉や内臓の食感も。クドくなく、かつ食べ応えのあるテリーヌ。普通、ブーダンノワールにはコンポートなど煮たフルーツがつけ合せになることが多いけれど、フレッシュなリンゴも面白い。こういうのを食べていると、ちょっとシードルだともの足りない。

e0152073_215206.jpg

温かいオマールのビスク。タピオカらしきものが入ってる。

e0152073_2155094.jpg

腹が減らない、などと言っときながら、隣のフランス人4人組のテーブルを見て、(ゆ)が頼んだフォアグラ・トースト。

その隣の4人組は、まずサラミやテリーヌなどのシャルキュトリー盛り合わせを頼んで全員でシェアしてから、前菜、メインと進んでいた。いいかも。

e0152073_2161862.jpg

軽め、ということで(ゆ)が頼んだハムやアーティチョークの盛り合わせだが、うーむ、ドドンと十分なボリュームあり。

e0152073_2164553.jpg

Carre d'agneau.

仔羊のあばら肉。

一緒に赤ワインも。

肉の焼き加減は、ナイフを入れると、じわっと血がしたたるレア。ラムの美味しい感じに焼けている。肉の下にしいてある赤ピーマンににんにくがきいてる。上に柑橘のピールが散らしてある。

席は、テラスではなく店内ちょうど真ん中あたり。よって、地下の厨房から容赦なくガンガン上がってくる料理を、3人のサービスがものすごい勢いで配膳している様子が余すところなく観察できた。

年配の女性の客のさばき方も達者でひと味あるけれど、われわれのテーブルについた黒人の女の子も、すごい運動神経だ。忙しくなると、飛び回りすぎて、やることがちょっと雑になってくる。けれど、それで店のどこかに鼻をぶつけて、痛くて動けなくなったりのアクシデントも、なにかちょっとした演出のような感じで店の雰囲気になじんでしまう。痛がっているのに悪いけど、なんか面白かった。

e0152073_217748.jpg

ババ・オ・ラム。

写真だとよくわからないけど、けっこうデカい。

サーブ直前に目の前でラム酒を、ボトルからドバ~っとかけてくれるのが楽しい。

けっこう酔っ払うデザート。

e0152073_2172487.jpg

カフェ。

e0152073_2173953.jpg

まだまだ賑々しい、オデオンの夜なのであった。

つづく。

(よ)

※2011年9月

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2011-10-18 02:30 | フランス

パリ : 穴ぐらっぽかった「ママ・シェルター MAMA SHELTER」の日曜限定ブランチブッフェ

~KL-Paris-Quimper #05~

前回のつづき。

e0152073_23372594.jpg

モンパルナス。

AirAsia便でKLを夜中の1時過ぎに発ち、パリのオルリー空港に朝の9時着。Orlyval→RER→メトロを乗り継ぎ、モンパルナス・ビアンヴニュ駅へ。

e0152073_23373870.jpg

小腹が減ったので、とりあえず近くのブラッスリーで、

e0152073_23373958.jpg

サンドイッチ、シードル、カプチーノ。

e0152073_23374264.jpg

チェックインしたのは、Hotel Royal Saint Germain.

e0152073_23374769.jpg

本当のところは……パリらしい今ふうの趣向を凝らした、しかし料金はそれほど高くないココココ、もしくはココなどを利用したかったけれど、今回わけあって勤め先支給の旅行クーポン券を使わなければならず、それだとアップルワールドかJHCにリストされた宿しか予約できない。そして、残念ながら上記リンクの宿、もしくはそれに類するような宿はなかった。そんなわけで、残念ながら予算と場所だけで決めたのがここ。

e0152073_2337481.jpg

室内。

でも、小奇麗だし、雰囲気も落ち着いていて、部屋も思ったより広かったし、フロントの人も親切で、なにより場所が最高に便利だし、このホテル・ロイヤル・サン・ジェルマンは悪くないと思った。

e0152073_23375226.jpg

PCも置いてあるパブリックスペース。

とりあえず、食事に行きたい。

上のリンクにある宿、「ママ・シェルター」でやっている、日曜限定ブランチが雑誌やネットで評判になっているようなので、行ってみることにした。

念のため、電話で予約。

ロイヤル・サンジェルマンのフロントの男性は、予約の電話も快く引き受けてくれた。

e0152073_23375424.jpg

メトロでモンパルナスから、

e0152073_23375652.jpg

Porte de Bagnolet駅で下車。

パリのはずれ、でも、このところ再開発で様変わりしつつもあるという20区に。

この道、rue de bagnoletを数分歩くと、

e0152073_23375678.jpg

ママ・シェルターに着いた。

e0152073_23375842.jpg

さっそくブランチをやってるダイニングに。

e0152073_23375950.jpg

そうそう、ブランチはブッフェなのだった。

e0152073_2338337.jpg

ブッフェの料理は、牛肉の煮込みや、魚のポワレ、ジャガイモのグラタン、スモークサーモン、レンズ豆の煮込み、チーズ各種、パン類各種などなど、フツーにフランス家庭料理的なものがほとんど。

「ママのシェルター」と名乗るだけあって、フランスの家庭的なムードをオシャレに提供、っていうコンセプトなのかも。そういえば、チョークで落書きされたような天井は黒板のようだし、テーブル&チェアは学校の机と椅子みたいだ。

e0152073_2338329.jpg

それにしても、

e0152073_2338557.jpg

この活気、この賑わいはなんだ。

みんな、自由に楽しんでいる。

e0152073_23465389.jpg

テーブルまん中あたりの、黄色いグラスが美味しかった。

なめらかなピュレ状の卵にベーコンのカリカリが飾られ、なかにはさらにポーチドエッグが隠れている。

ワインなどの酒類以外は、ジュースも、コーヒーも飲み放題。食べ物は、もちろんすべて食べ放題。

e0152073_23471235.jpg

タルトや

e0152073_23472574.jpg

クレープ、ほかにはムースなどのデザート類も美味しい。

とはいうものの、サービスは結構ラフで、取り皿が不足しがちだったり、頼んだワインがなかなか来なかったり、けっこう独特のノリが支配してる空間。

あっ!向うでガチャーンと皿の割れる音。客が料理を床に落っことした。

けっこうカオス。

e0152073_23475676.jpg

子連れの家族が多く、ママと子供たちがサッカーゲームに夢中だったり。

e0152073_23482418.jpg

天井が黒いせいかもしれないが、なんか、穴ぐらっぽい。

e0152073_23483779.jpg

比較的さわやかなテラス席もある。

このママ・シェルター、内装を大御所デザイナーのフィリップ・スタルク、料理監修が三つ星放棄シェフ、アラン・サンドラスが担当しているそうだ。

うーむ。

なにか、ノスタルジックなムードをスタイリッシュに、って東京でもフツーのオシャレっぽさで、逆に「フランス人もこういうのをあたりまえに喜ぶんだ」という感覚が新鮮だった。

ところで、パリではこの「ブランチ」なるものが流行っているみたいだが、ブランチといえばブッフェを提供するところが多いようだ。ブランチって、休日に楽しむ朝食と昼食を兼ねる食事、のことだと思うんだが、パリでは「ブランチ」=「ブッフェ」みたいな図式ができてるのかな?詳しい方がいたら、ぜひ教えてください。

e0152073_23492079.jpg

ピッツェリアもある。

なんとパリでは、いまピッツァも結構流行っているみたい。

フランスのイタリア料理はまずい、という図式も崩れてきているんだそうな。

e0152073_23501495.jpg

フロントの前には、これまたキッチュでカワイイ小物たちがディスプレイされてる。

e0152073_23503258.jpg

カトちゃんまで!

フランス人の日本イメージって…。

全体的に受けた印象は、なにか重厚長大な食事やサービスはやめにしてカジュアルに行こう、という方向性かな。

e0152073_23511294.jpg

外観はこんな。

左の大きな建物がママ・シェルターで、右の低い建物は、

e0152073_23513460.jpg

『愛人 ラマン』で知られる作家の名前を冠した、「メディアテーク・マルグリット・デュラス」。

なかに入ってみたら、エントランスすぐの場所には、フランスの雑誌、BD(フランスの漫画)、そして、なんとフランス語訳された日本の漫画の書棚。『バガボンド』『GTO』ほか、みんな大好きな名作が~!

そして、ママ・シェルターの道はさんで向いにも、気なるものが。

e0152073_2352685.jpg

これ、パリのグラフィティ・アーティスト「スペース・インベーダー」の作品。

今年は大きな展覧会が開かれたらしく、けっこう話題。

e0152073_23525369.jpg

メトロの駅に向って歩いてたら、

e0152073_2353573.jpg

また発見!

つづく。

(よ)

※2011年9月

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2011-10-13 00:16 | フランス


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『味の形 迫川尚子インタビュー』発売中。姉妹ブログ【ワダ翻訳工房】もどーぞ。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2017年 10月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のトラックバック

冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所
꼼장어(コムチャンオ:ヌ..
from ポンポコ研究所
まだ間に合う!東北民謡コ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
돼지국밥(テジクッパプ)
from ポンポコ研究所
ブルターニュ美味しい物探..
from 異邦人の食卓
パダン料理とtuak
from ポンポコ研究所
【おしかちゃん】パダン料理
from ポンポコ研究所

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧