人気ブログランキング |

2012年 07月 26日 ( 1 )

ハノイ その4 : ハノイ名物 ニャッタンNhật Tânの Thịt Chó “Anh tú béo”

その3の続き。

タクシーのドライバーに。

e0152073_120761.jpg

こんなメモを見せたら。

e0152073_120927.jpg

めっぽう笑われた。

でも、携帯から盛んに知り合いだか誰だかに電話をかけてくれ、たぶんいい店がどこかを訊ねてくれているのだろう、最終的には、ばっちり目的の場所に到着~。

e0152073_1201170.jpg

Anh tú béo

名店だそうな。

ところで、さっきのメモに書いてあったのは。

Thịt Chó
  Nhật Tân

つまり。

狗肉
 ニャッタン

「ニャッタン」とは、ハノイ市街地からノイバイ空港に行く途中あたりのエリア。お店は同エリアのAu Co通り界隈に集まっているらしく、Anh tú béoはそのなかの一軒というわけ。

e0152073_120827.jpg

ダイニングが2階にあるのは、ハノイ旧市街の山羊鍋店と同じ。高床式感覚だろうか。

e0152073_1201353.jpg

けっこう広い。

e0152073_1201463.jpg

ござにあぐら。低いテーブルをかこむ。

e0152073_1201213.jpg

テーブルに新聞紙が敷かれ、なにも注文せずとも巨大なせんべいとオシボリが出てきた。このあとも、何も注文してないのに、ずーっと勝手にもろもろの皿が配膳される。

e0152073_1201368.jpg

ビールは、自分でたのんだ。

e0152073_120148.jpg

レモングラスやハーブ類、きゅうりが来る。

e0152073_120162.jpg

親切にも、タレを作ってくれる。

ハノイ旧市街の山羊鍋屋でもそうだったけれど、ローカルな店ほど外国人に親切にかまってくれる気がする。ま、気のせいかもしれない。

e0152073_1202065.jpg

Mam Tomマムトムという強烈に臭いタレと、塩と唐辛子。両方にライムをたっぷり搾る。

e0152073_1201894.jpg

マムトムは柑橘を加えて混ぜたら、なにやら化学反応を起こしたかブクブクと泡立ってきている。

このマムトム、海老だかの塩辛系醗酵調味料で、初めて味わうと正直ものすごく臭い。台湾の臭豆腐に近い系統の臭さかもしれない。しかし、食べ慣れてくると、うーん不思議、なんだかものすごくクセになってしまう。

さて、メインディッシュ。

e0152073_1201648.jpg

thịt hấp 茹で(蒸し?)肉。

レバーもついてる。

生姜(みたいなの)の輪切りもついてるが、これはかじりながら?

これまで延辺料理や韓国料理で食べたのより好み。味そのものは、羊肉に似ているという話もあるけれど、実際はかなり違う風味で、脂の香りなども独特。しかし決して食べにくいクセがあるわけではない。マムトムにつけながら食べる。

e0152073_1201632.jpg

dồi nướng 焼いた腸詰。

韓国料理のスンデのような見た目。中身はやっぱり血だろうか?ピーナッツがたくさんはいってて、スナック風な感じもして、思ったより食べやすい。

e0152073_1201963.jpg

chả nướng 揚げ肉(?)

脂身のあたりが弾力があってムチッとしている。脂身の香りに独特の個性があると思う。

e0152073_120226.jpg

タレにつけて肉を食べながら、ハーブ類をつまみ、ビールを飲む。ほかの客を観察すると、レモングラスの枝も、ガジガジかじってる。マネをする。

別のテーブルを見ると、スープや汁っぽい煮込み系?の料理も出ていて、かなーり興味そそられるが、でてきたものを完食したら満腹になってしまった。

ああ、近所でワンワンと鳴いてる声が聞こえる。

せっかくなので。

e0152073_1201916.jpg

ニャッタン散歩。

e0152073_1202180.jpg

別に何もない。

e0152073_1532865.jpg

ニャッタンの豪邸。

e0152073_1202225.jpg

結局お店に戻ってきた。

ハノイ旧市街へ帰るため、タクシーを呼んでもらうことに。

店のニイちゃんに「ABCタクシーでイイか?」ってしつこく訊かれて、何でもいいよと答えたけれど、ハノイはタクシー会社によってメーターあたりの値段が結構違うのだろうか? なんかそんな気もしたけど、どうなのだろう。店のオバちゃんが電話すると、ABCタクシーは5分も待たずにやってきた。

ところで、今回のハノイ旅行、実は職場から支給された福利厚生旅行クーポンを使用した。が、某大手代理店のパッケージツアーぐらいしか使い道がなく、そういうわけでツアーに乗っかってやってきたのだった。

というわけで、帰国日は空港までのバスにベトナム人現地ガイドさん(女性)が同行。

バスの中で、彼女に今回の旅について訊かれた。

ガイド 「(よ)さんは、今回ハノイで、どこに行かれましたか?」

(よ)  「バッチャン村に行きました。あとニャッタンにも行きましたよ」

ガイド 「え? ニャッタン!? どの店に行きましたか?」

※ガイドさん、このあたりで急に目がギラギラしてくる。

(よ)  「ちょうど今走ってるあたりです。Anh tú béoです」

ガイド 「そこは有名な店です! 何を食べましたか?」

(よ)  「えーっと、腸詰めと・・・」


※同行の日本人ツアー参加者たち、このあたりでかなりドン引き(笑)。なのにガイドさん、話をやめようとしない。

ガイドさんによれば、ビールを飲んだのは邪道で、お店の自家製酒を飲まなきゃはじまらないんだそうだ。なんだ、近くのテーブルの男性二人組みがビールだったからマネしたのに、自家製酒を飲むのが本格派らしい。

ところで、ニャッタンの近くを流れる大河、ホン川にかかるニャッタン橋が建設中。日本のゼネコンがかかわってて日越友好橋とかの別名でも呼ばれてるらしい。今年の1月には、自民党の谷垣がTPPの話をしに来たついでに寄ったとか。

意外に注目の場所なんだねニャッタン。

名物の食文化はしっかり守ってね。

つづく。

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
by brd | 2012-07-26 01:49 | ベトナム


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『サンダー・キャッツの発酵教室』『味の形』発売中。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2019年 01月
2017年 10月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のトラックバック

冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所
꼼장어(コムチャンオ:ヌ..
from ポンポコ研究所
まだ間に合う!東北民謡コ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
돼지국밥(テジクッパプ)
from ポンポコ研究所
ブルターニュ美味しい物探..
from 異邦人の食卓
パダン料理とtuak
from ポンポコ研究所
【おしかちゃん】パダン料理
from ポンポコ研究所

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧