富山 : 氷見市のワイナリー「SAYS FARM セイズファーム」へ その2

富山県氷見市のSAYS FARM訪問記、その1のつづき。

e0152073_475013.jpg

ワイナリー見学のあと、ウッディーで清潔感あふれるダイニングへ。当日はあいにくの天気だったけれど、それでも外光がたっぷり差し込んでとても明るく、気持ちがいい。

e0152073_471690.jpg

冬瓜の水晶煮、ソービニヨンブランの香り。

すきっと冷やしてあって、柑橘の皮が削ってある。

e0152073_471751.jpg

「つりや」から直送、鱸の昆布じめ野菜巻き。

バルサミコと梅の2種類のソースを引いて、ディルがあしらってある。

魚の昆布じめ、といえば富山。いつも食べるのは、「さす」と呼ばれるカジキマグロや、イカ、白エビの昆布締めだけれど、こんなおしゃれな昆布じめは初めて。

e0152073_47121.jpg

シードルは軽くてドライで料理に合う。

シャルドネはフルーティで、けっこう厚みがある感じ。飲み口がすっきり。

e0152073_472558.jpg

黒部名水ポークのパテ・ド・カンパーニュ。

マスタードと、桃のジャムが添えてある。

e0152073_47611.jpg

カベルネソービニヨン。

たしかに見た目は淡いけれど、スパイシーでしっかりした飲み心地。

ショップで購入したカベルネソービニヨン2012を、ここを知るきっかけになった料理雑誌の編集者にプレゼントした。「すこし寝かせてみてから、いただこうかな」と言っていた。

つづいて、柑橘、柚子胡椒、赤ワイン塩が添えられたプレートに、揚げもの三種類が順番にのせられる。

e0152073_473395.jpg

まず、丸ナス。

e0152073_473615.jpg

万願寺唐辛子の入った魚のすり身揚げ。

e0152073_473793.jpg

燻製した鶏むね肉のてんぷら。

料理について説明しながらサーブしてくれる男の子のサービスは丁寧で、でも、もちろん給仕やキッチンだけが専門なわけでなく、ふだんからハードな農作業も兼任しているんだろうなという雰囲気。

e0152073_473978.jpg

シャルドネ2011のソルベ。

e0152073_474135.jpg

富山県産豚バラの赤ワイン煮込み。

赤ワインは2011年ビンテージだそう。

e0152073_474374.jpg

さらに、余川米ごはんと、ズッキーニの味噌汁が。

そういえばパンが出ないなあと思っていたら、締めにごはんだった。肉の赤ワイン煮込みを食べ終わって、ごはんとお味噌汁はちょっと意外だけど、悪くないと思う。

e0152073_474690.jpg

デザートの桃のムースは、もうちょっと食べたい分量。

e0152073_474878.jpg

コーヒー。

「富山koffe」のSAYS FARMオリジナルブレンドだそうだ。

土地の食材を使ったランチコースは、工夫が凝らしてあるのに、とても素直な感じがして、なにより和洋とりまぜたメニュー構成が楽しい。モダンなしつらえと農園らしい手作り感が相まった独特のムードは、食事だけでなくこの場所のすべてに感じられるもので、それは現在の富山を象徴しているのかもしれないとも思った。

SAYS FARMの「SAYS」は、ある男の「ひとこと」からすべてが始まった、という意味合いを込めてあるそうだ。

ここに限らず、富山で何か新しいことが始まるんじゃないかな。

<2013年9月>

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2013-09-28 04:15 | 富山


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『味の形 迫川尚子インタビュー』発売中。姉妹ブログ【ワダ翻訳工房】もどーぞ。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2017年 10月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧