『料理通信』秋田発見ツアー その3 : 「たざわこ芸術村 温泉ゆぽぽ」の夕食

『料理通信』秋田発見ツアー、さらに前回のつづき。

本日の宿「たざわこ芸術村 温泉ゆぽぽ」に到着。部屋でひと休みしてから夕食の会場へ向うと、

e0152073_23281016.jpg

なにやら奥のほうに人だかり。

e0152073_23281388.jpg

人を集めていたのは、きれいな盛りつけのお皿ふたつ。

e0152073_2328337.jpg

花輪のように美しく盛られているのは、なんと、がっこ(漬物)だった。

こんなにゴージャスなお漬物を見たのははじめて。

e0152073_23275884.jpg

感嘆とともに、逆サイドからのアナザーカット。

これ、「ごっつお玉手箱列車」の漬物を作った佳子さんと、干し柿をつくったけい子さんの、「けいこコンビ」による作品なんだとか。大根各種、高菜、なす、ヤーコンなどが盛り合わせになって、さらに菊で飾られ色彩豊か。

サプライズな差し入れに一同感激。

各々取りわけて席で味わってよいのだが、この美しさを記録しておきたい気持ちから、そして美しい盛りつけを崩すのを躊躇する気持ちから写真を撮るばかりの一同。で、あらかた全員が撮影し終え、そろそろいいかな、というところでやっと漬物を取りわけ着席。けいこさんコンビも一緒に、夕食のスタート。

「冬紅葉」と題されたしながき。秋田の食材にちなんだ品々だそうだ。

e0152073_2328170.jpg

しめじと菊のおひたし。上にちらしてあるとんぶりも秋田の名産。

e0152073_2328091.jpg

もみじといちょうで色とりどりの前菜九品。

いちょうに隠れたあたりは見えないけれど、そこから時計回りに地柿の白和え、落葉パプリカ、いくら醤油漬、銀杏のほうば味噌焼き、山茸煮こごり、くるみとレーズンの入った鶏の松風焼き、月冠玉子、みずの実たまり漬け、そしてまんなかは本日再登場、西明寺栗の渋皮煮。晩秋の秋田なり。

東京ではあまり見かけないみずの実は、すこしぬめりがあって噛むとシャクシャクした独特の歯ごたえでクセになる。秋田をはじめ、東北が産地のよう。翌日に寄った道の駅でも生のみずの実が売られていた。

そうそう、この夕食のために特別に用意された秋田のお酒が五つ。

e0152073_2328933.jpg

IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)のSAKE部門にて「チャンピオン・サケ」を受賞したという「大吟醸 福小町」(湯沢市・木村酒造)、「純米吟醸 雪の茅舎」(由利本荘市・齋彌酒造店)、「秘伝山廃 雪の茅舎」(齋彌酒造店)、古酒の「山吹 ゴールド」(大仙市・金紋秋田酒造)。

以上を味くらべしながら、つぎの料理へ。

e0152073_23281036.jpg

岩魚の田楽と本荘無花果の甘露煮。

e0152073_2328441.jpg

秋田錦牛と山内芋のしぐれ煮。秋田のブランド牛と、横手市山内産の芋の子=里芋。

ここで突然、知らされていなかった飛び入り。

e0152073_2328671.jpg

劇団わらび座による、民謡ショー!

e0152073_23281083.jpg

わらび座は「たざわこ芸術村」内に「わらび劇場」をかまえ、ミュージカルから民謡までこなす多才な集団。

ショーのクライマックスは、バカ囃子。地元、角館のお祭で「曳山」と呼ばれる山車が路上で激しく衝突するときに奏でられるリズムの強烈なお囃子で、祭好きな(よ)はもう血が騒いでしょうがない。こんど角館のお祭、ぜひ見物しに行ってみたい。

さーて、一気に場があたたまったところで、さらに料理。

e0152073_2328119.jpg

紅鱒のあらい。

からし酢味噌が合う。鮭かとおもったら、淡水の紅鱒なんだそうだ。帰ってからネットで調べると、田沢湖には淡水で紅鱒や岩魚を養殖しているところもある。そういった食材かどうか、詳しく訊ねるのを忘れてしまったけれど。

e0152073_2328860.jpg

山なめこの稲庭うどん。

e0152073_23371453.jpg

湯葉包み豆腐。地元の大豆使用。

e0152073_23362633.jpg

神代産「山の芋」鍋。

山の芋だんごと、比内地鶏と地場野菜。山の芋=神代芋は、長芋とくらべて粘りが強く、つなぎなしでだんごになるとか。素朴な食感。

e0152073_23362866.jpg

あきたこまち新米の舞茸ごはん。

e0152073_2328638.jpg

大根のぶどう漬けと、いぶりがっこ。

じつは秋田から帰ってきてから毎日いぶりがっこを食べている。燻製の香りと小気味よい食感、はまる。

e0152073_2336296.jpg

最後はビールのゼリーに生クリームと果物をのせたデザート。

2012WBA(ワールド・ビア・アワード)でワールド・ベスト・アルト・ビールに選出された、田沢湖ビール「アルト」のゼリーだそうで、今思えば「アルト」そのものを飲まなかったのが悔やまれる。

夕食に参加した「けいこコンビ」のうち、農家民宿「泰山堂」を営む藤井けい子さんとお話することができた。

あんなに美味しい漬物や干し柿を作るけい子さん、宿ではどんな料理を作っているのか訊ねると「無国籍勝手料理よ!」と即答。参加者に配られた秋田グリーン・ツーリズムのガイドブック『GREEN NOTE』に掲載された泰山堂のページを見せてくれた。素敵な囲炉裏のある部屋の写真の下に、アジアからの留学生たちが、けい子さん作の炒飯のようなご飯料理を食べている写真が。地場の食材をもとに、なんでも自由自在なんでしょうね~。

いい感じにテンションの上がった一同。シメの記念撮影は「ハイ、チーズ!」ではなく、どういうわけか「加トちゃん、ぺ!」がシャッターの合図に。

解散後、どうも飲み足りず、

e0152073_23362652.jpg

館内のお食事どころ「ばっきゃ」で、ビール飲みくらべ。

e0152073_23362731.jpg

さらに、日本酒飲みくらべ。

つまみにまた、がっこ。

同行の『料理通信』スタッフ、秋田県庁の方、旅行代理店の方をまじえ、またしてもどういうわけか「いなかっぺ大将」の話をしていたら(風大左衛門は秋田でなく青森出身)、じきにオーダーストップ。閉店。

そのあと温泉大浴場へ。一緒に湯につかる旅行代理店の人に、まったく知らなかった六郷の祭「竹うち」の話を聞く。自宅に戻って動画を見たけれど、こ、これはすごい。食とはまた別の角度から秋田に興味津々。

さらに、秋田は台風などの自然災害が少なく、米などの農作物もだいたい毎年たいらに採れるので、どっちかというとのんびりした県民性なんだというような話も。だから食文化のプロモートにも、これまではあんまり熱心ではなかったそうだが、もともとタイなんかのアジア好きな性分だし、のんびりした人たちと合う気がして、むしろ好感を抱いた。

広々とした風呂で、盛りだくさんな一日をふり返り、満足満足。

つづく。

<2012年11月>

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2012-12-01 23:58 | 秋田


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『味の形 迫川尚子インタビュー』発売中。姉妹ブログ【ワダ翻訳工房】もどーぞ。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2017年 10月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のトラックバック

冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所
꼼장어(コムチャンオ:ヌ..
from ポンポコ研究所
まだ間に合う!東北民謡コ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
돼지국밥(テジクッパプ)
from ポンポコ研究所
ブルターニュ美味しい物探..
from 異邦人の食卓
パダン料理とtuak
from ポンポコ研究所
【おしかちゃん】パダン料理
from ポンポコ研究所

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧