人気ブログランキング |

『料理通信』秋田発見ツアー その1 : ごっつお玉手箱列車は旅と食のエンターテイメント

『料理通信』2012年11月号。

e0152073_264559.jpg

本号掲載の「食の文化遺産巡り 第12回 秋田」、最後のページにあった「秋田発見」プロジェクト・モニター募集に応募したら、当選した。

記事で紹介されていた麹蔵やブルワリー併設レストランなどを中心に、角館、田沢湖、乳頭温泉、大曲、横手を巡りながら、秋田の食を満喫する一泊二日のツアーだ。

個人的に秋田というと、しょっつる、はたはた、なまはげ(食べ物ではないけど・笑)、の3つが即座に思い浮かぶが、これらはすべて日本海側に突き出た男鹿半島の名物。一方、今回はどちらかというと岩手寄りの内陸部を行くコースで、恥ずかしながら何があるのかあんまり知らない。そのぶん楽しみでもある。

11月某日、一行はまず東京から秋田新幹線こまちで、みちのくの小京都、角館へ。

e0152073_274111.jpg

昼ごろ、角館で秋田内陸線に乗り換え。

e0152073_281517.jpg

三両編成の先頭には、桜と紅葉がペイントされた要予約のお座敷列車が連結している。

e0152073_285545.jpg

これこそ、本ツアー最初のアトラクション、「ごっつお玉手箱列車」

角館を出発し、つぎつぎ駅に停車するたび沿線農家のお母さん(一部、お父さん)が、ごっつお(ごちそう)を運び込んでくるという、開催日限定のイベントお座敷列車だ。

e0152073_291830.jpg

各席に、おしながき。

毎回、テーマがあるようで今回のお題は「栗・くり・クリ」。

ちなみにパンフレットにあった別の日のテーマを紹介しておくと、9月が「夏バテ解消」、12月が「年越し・正月料理」、1月が「もちもち寄せて」、2月が「雪国保存食」、3月が「春よ来い!」、といった感じ。

まず出てきたのは、

e0152073_293825.jpg

「弘子さんの焼き栗」。

おしながきには、持ってきたお母さんの名前も書いてある。栗はつぶが大きい地元の西明寺栗。

つづいて羽後太田駅では、

e0152073_295650.jpg

「けい子さんの干し柿」。

かじると中はジャムのようにトロりと柔らかく、とても甘い。

かわいらしいピンクのリボンで袋をとめてある。

さらに西明寺駅からは、

e0152073_2102651.jpg

「佳子さんのつけもの」。

つけものは秋田弁で「がっこ」。左手前の茶色いのが、燻製にした大根をつけた秋田名物いぶりがっこ。

八津駅からは、

e0152073_210498.jpg

「節子さんのおそば」。

羽後長戸呂駅からは、

e0152073_211652.jpg

「富士美さんの栗ご飯」。

松葉駅からは、

e0152073_211226.jpg

「勝子さんのおかず」。

煮物や、きのこソースがかかった鮭のムニエル風や、かぼちゃのグラタン風、いちじくの甘煮など、じつに家庭料理っぽいおかずの数々。

e0152073_2113876.jpg

「昭子さんの栗のスイーツ」は、西明寺栗の渋皮煮。赤ワインをつかった、なんだかおしゃれな味。

e0152073_2115452.jpg

さらに、おやき。

e0152073_212824.jpg

お土産に、生の西明寺栗。

こうやって順々に出されると、すべての食べ物を一度に写真に収められない。そう不満を抱く観光客がいることを知っている主催者は、

e0152073_2123978.jpg

撮影用「ごっつおセット」を、端の席に用意してくれていた。なんとまあ親切な。

e0152073_2133921.jpg

漢字の読みが変ってる笑内(おかしない)駅に着けば、1時間あまりにわたって展開されてきた「ごっつお玉手箱列車ツアー」のゴールも間近。

県内最長、一直線で中ほどから入り口と出口が見える十二段トンネルを通過すると、絶景ポイント、大又川橋梁へ。

e0152073_2145852.jpg

列車も徐行して景色を眺める時間を作ってくれる。

ごっつお玉手箱列車は、手作りフィーリングあふれる旅と食のエンターテイメントだった。

移動しながら景色を楽しむ感覚にプラスして、通過するそれぞれの場所から微笑ましい手料理が届けられる楽しさが折り重なる。一見素朴なようでいて、実はこれ、けっこうリッチな移動の楽しみ方だ。列車に乗って土地の名物駅弁を食べたりするのは普通だけど、その楽しさが列車に乗っている間じゅう駅ごとずっと続くわけだから。

干し柿を作ったけい子さんは、この日の宿の夕食に参加してくれた。そこで、玉手箱列車のあるお客さんが「食べ物を出す順番が違うんじゃないか?」と言ってた、と笑う。

ある程度出すものの順番は考えてるんだろうけど、基本的に農家のお母さんたちは自分の近い駅に料理を届けるわけで、出てくるものの順番はしょうがない。「そのお客さんは秋田の人だった」と言って、けい子さんは2度笑っていた。

そもそも玉手箱なんだから、何がどう出てくるかわからないのが醍醐味だ。

けい子さんによれば、もっと速度を落とした、ゆっくり走る玉手箱列車の計画もあるとか。

確かに、駅に着いて手作り料理が運び込まれ、写真撮影してから食べて、仲間と感想を言い合ったりしていると、ゆっくり外の景色を見る間もなく、次の駅に着いてしまう。

もっと長閑な、ゆっくり列車でいい。

しかし、別の車両には一般乗客も乗ってるんじゃなかろうか。ゆっくり列車はまずいか。

そんなことを考えている間に、阿仁合駅へ到着。

e0152073_2153132.jpg

一行はここで下車。

e0152073_2155969.jpg

盛大に見送られながら、観光バスに乗り換え、内陸線と併走する羽州街道を、もと来た方向に戻る。

e0152073_2163280.jpg

ほんとうに熊は出るのだろうか。

内陸線、比立内駅ちかくの、道の駅「あに」内の「またたび館」で土産を探す。

e0152073_217549.jpg

おぉ、いきなり熊肉。そして、馬ホルモン。

ここはマタギの里。

内陸線に「阿仁マタギ」という駅もあった。

e0152073_2182334.jpg

熊の油も。

e0152073_217243.jpg

これは見慣れぬ、トンビ舞茸。

「お茶っこにして飲んできゃんせぇ」とラベルに。

e0152073_2473915.jpg

こちらは、茶色いトンビ舞茸。

きけば、いわゆる舞茸とは違う種類の茸らしい。

味比べをしようということで、ある参加者が茶色のトンビ舞茸を購入したので、こちらは黒いのを。

あとで飲んだら、お茶というより茸だしがでたスープみたいな感じ。塩を入れてもいいよ、と店の人。

e0152073_2184680.jpg

またたびラーメンは、またたびの粉を麺に練りこんであるらしい。どんな味なのか。

「またたび館」の店名どおり、またたびの産地らしい。

e0152073_2191740.jpg

たわむれに、またたびの木を購入。近所の猫に効果絶大。

土産物色が楽しい。

道の駅をあとにし、さらに走って田沢湖を通過。一行は乳頭温泉郷へ。下車して小雨ぱらつく山道をてくてく歩くと、孫六温泉にたどり着いた。

e0152073_2202654.jpg

硫黄の香りが漂う露天に浸かると、ピリッと肌にしみるようなここちよさ。

人里はなれた風情は、まさに秘湯。

あぁ、ゆっくり命の洗濯・・・なんて時間はもちろんなく、よくばりツアーは早々に次の目的地へと向う。

つづく。

<2012年11月>

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
by brd | 2012-11-22 02:29 | 秋田


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『サンダー・キャッツの発酵教室』『味の形』発売中。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2019年 01月
2017年 10月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のトラックバック

冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所
꼼장어(コムチャンオ:ヌ..
from ポンポコ研究所
まだ間に合う!東北民謡コ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
돼지국밥(テジクッパプ)
from ポンポコ研究所
ブルターニュ美味しい物探..
from 異邦人の食卓
パダン料理とtuak
from ポンポコ研究所
【おしかちゃん】パダン料理
from ポンポコ研究所

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧