人気ブログランキング |

クアラルンプール : 「蘇記」の海老麺やら猫山王ドリアンなど

~KL-Paris-Quimper #04~

前回のつづき。

e0152073_1153369.jpg

高いところが好き(バカ?)なのに…、

e0152073_1155457.jpg

11月まで登れないらしい。残念。

e0152073_1165760.jpg

気を取り直して、紀伊国屋書店へ。

SURIA KLCC店、10周年なんだそうな。

e0152073_1201331.jpg

おやつの時間なので、フードコートでアイスカチャンでも食べようかなーと思ったが、やっぱやめて、

e0152073_1221469.jpg

「ben's」なるカフェで、

e0152073_124499.jpg

マンゴー&ライチ・トライフル。

今回、こういう方向に流れがちな(よ)であった。

e0152073_1262180.jpg

さっき紀伊国屋で買った本。

両方、マレーシアの食ガイド本。

左は王翠玲 a.k.a. Chui Lingさんのオシャレスポット紹介本。まあ、こっちはよし、と。

注目すべきは、右。

英字紙「The Star」編集の、マレーシア全土ストリートフードガイド。

これはなかなかすごい。

KLやペナンとかはもちろん、東マレーシアの屋台や食堂まで網羅してる。

とりあえず、近所の情報を見よう。

e0152073_1441440.jpg

MEDAN INBIのプローン・ヌードルが美味そう。三つ星。

e0152073_1461980.jpg

で、さっそくやって来た。

e0152073_1464038.jpg

「Soo Kee Mee 大樹頭蘇記炒粉」

看板の真下で料理している感じがなんとも良い。

e0152073_1503261.jpg

いいな~。オープンエアな厨房。いい感じだ。

ダイニングに向ってオープンキッチンなのはよくあるが、ここは、ストリートに向ってオープンキッチン。いいねー、なんかカッコイイ。

e0152073_1522068.jpg

やっぱり華僑のお店、好きだ。

e0152073_1525224.jpg

この雰囲気。

グッと来る。

まだちょっと、夕食時に早いか。そのうちどんどん席は埋まった。

e0152073_154355.jpg

カールズバーグのグラスが、

e0152073_155163.jpg

かわいい。ほしい。

お店の人に「えびそば?」と日本語で聞かれたので、さっそく頼んだ。

e0152073_156267.jpg

見た目は悪いけど、さすがに美味しかった。

海老がでかい。

麺は、かた焼き。

e0152073_1573623.jpg

ペーパー・ラップ・チキン(紙包鶏)はタレに漬けた鶏を、紙包み状態で揚げるんだそうな。

e0152073_1585686.jpg

なかの鶏肉は、ほっくりして蒸したようでもあり、おもしろい。

あ、隣の席にも日本人。たぶん、お母さんと娘の二人旅。

こっちはThe Star特別編集ガイドを見てきたのに、隣は「るるぶ」でここまでたどり着いていた。あれ?

e0152073_24362.jpg

さてここの店の向かいには、

「SOO KEE'S SON 蘇記仔」

なる別店がある。

SOO KEEの息子?

間違わないよう、ご注意を。って、こっちもべつに悪くないと思うけど。

※東京に帰ってきてからチェックしてわかったけれど、Catyさんによれば、SOO KEEの現オーナーの兄弟の店だそう。

e0152073_0592390.jpg

さらに近所には、肉骨茶で有名な「新峰肉骨茶」が。

店頭に黄色いフェラーリ~!

若い店員は「ボスのだ」と言ってた。マジですか? バクテーでフェラーリ! そういえば黄色って風水的に金運アップの色だっけか(笑)。

e0152073_2133367.jpg

確かに、ゾロゾロゾロと客が吸い寄せられていくぅ~。

新峰肉骨茶は、またこの次に。

店前の公園のシーソーで遊んでから、ブキッビンタンへ戻ったら、

e0152073_2191136.jpg

イベントをやってて、えらい混みようだった。

e0152073_2195690.jpg

ブキッビンタンからジャラン・アローにいたる道すがら、ドリアン屋に寄る。

D101、D24、D2、D9、紅蝦、竹脚、猫山王…。全部品種、だよね?

それぞれ、どう違うのかよくわからないのだが、とりあえず猫山王が最高級なことだけはわかる。

e0152073_2241846.jpg

猫山王の値段を聞いたら30リンギット/Kg。

ちょっと高すぎやしないかと思ったが、この値段なんだそうな。外人だからボラれているのかなとも思い、ほかの客や、別の店でも聞いてまわったら、だいたい同じ値段だった。

e0152073_2271261.jpg

猫山王いっこ割ってもらって、写真左のほうのテーブルに混ざって、食べる。

e0152073_228255.jpg

お~確かに、上品な味かも。

舌ざわりもクリーミーで、筋というか、余計な繊維みたいな部分が少ないような気がする。

うまい。

あっ!

まだまだいろいろ食べる予定なのに、もう時間がないっ!

e0152073_2315466.jpg

とりあえず機内のオヤツとして、ジャラン・アローの「黄亜華小食店」でドリアン・シュークリームを買ってみる(念のため、Air Asiaは外からの食べ物もちこみ、NGです)。

宿は昼にチェックアウトしておいたので、荷物だけをピックアップ。

タクシーを呼んでもらい、KLセントラルのLCCT行きバスターミナルまで飛ばす。

…はずだったが。

e0152073_3395332.jpg

運転手のオヤジがバスターミナルの所在を知らないのか、知ってるのにわざとか、全っ然関係ない路上で降りろといわれる。まったくもって話が違うのに、約束の20リンギット払えという(そもそも20リンギットも高い)。払わないと荷物を返さないと言い出す。なんだと~!?おいおい、こんな悪いタクシーKLにいるんだ!しかも、ホテルに呼んでもらったタクシーなんだけど。頼むぜ~。

そもそも、走り出した直後「20リンギットじゃ行けない、30だ、いや40だ」などと言い出したときから怪しかった。そのとき降りると主張したが、降ろしてもらえなかった。が、強引に降りればよかった。

運転手とかなーりトラブって警戒したわれわれは、まず10リンギット払って、先にひとり降り、すべて荷物を降ろし、それから10リンギット払ってタクシーを行かせた。

上の写真の老人ドライバー。車は古くてボロボロ。観光客の皆さんは、ご注意を。

夜中の路上に放り出され途方にくれたが、すぐ別のタクシーが来て事なきを得た。よかった~。

バスにもすぐ乗れ、空港へ。

e0152073_248044.jpg

ゲートからぞろぞろ歩かされて、夜中の1:20発パリ行き搭乗。

e0152073_2531150.jpg

Air Asia機内のナシルマ(有料)。

つづく。

(よ)

※2011年9月

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
by brd | 2011-10-11 13:27 | マレーシア


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『サンダー・キャッツの発酵教室』『味の形』発売中。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2019年 01月
2017年 10月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のトラックバック

冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所
꼼장어(コムチャンオ:ヌ..
from ポンポコ研究所
まだ間に合う!東北民謡コ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
돼지국밥(テジクッパプ)
from ポンポコ研究所
ブルターニュ美味しい物探..
from 異邦人の食卓
パダン料理とtuak
from ポンポコ研究所
【おしかちゃん】パダン料理
from ポンポコ研究所

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧