インド デリー : モティ・マハル・デラックスの謎

インドに行った。

デリー経由、ケララ州のコーチン。

e0152073_6152358.jpg


デリー到着、初日の夜。

ぜひ行かねばと決めていた老舗「モティ・マハル」を訪問することにした。

「モティ・マハル」が、どういうレストランかというと、

今回の、旅のガイドブック、

渡辺玲『カレー大全』

『dancyu』2007年7月号~渡辺玲さんと水野仁輔さんによるインド取材掲載

などに書いてあるところによれば、

もともとパンジャブ地方の郷土料理だったタンドゥーリチキン、ナン、バターチキン、といった料理をデリーでヒットさせ、インド全土に、さらには世界にまで広めた老舗で、インド料理の歴史に記されるべき名店なのだそうだ。

日本でも、タンドゥーリチキン、ナン、バターチキンといえば、もっとも一般的なインド料理のメニューという印象だが、その元祖は、どこあろう、この「モティ・マハル」というレストランだというわけ。

チェックインしたホテルで軽く身支度してから、勇んで出発。

ホテルのドアマンに「モティ・マハル」の場所がポイントしてあるグーグルマップのプリントアウト紙を見せ、タクシーに説明していもらい、夜の街を突っ走り、目的地にたどり着いた。

さあ、日本のインド料理店の元祖を、味わおうではないか!

e0152073_6152917.jpg


ん?

看板に注目。

モティ・マハル……、デラックス?

デラックス……?

デラックスって?

支店?

や、ちょっと、違うんじゃなかろうか。

不安になり、タクシーの運転手に

「この店で、あってるか?」

と、きけば、

「あってる」

との返答。

店から出てきた店員に、地図と店の看板を交互に指差しながら、

「ここは、ここか?」

と、たずねる、

「そうだ!モティ・マハルだ!」

との、自信満々な返答。

うーん。

別の店員に、さらにたずねる。

「ここは、ひょっとして、このモティ・マハルじゃないよね?」

「ここがモティ・マハルだ」

「デラックス、ってついてるじゃん!」

「問題ない。モティ・マハルだ」

全員、自信満々である。

うーん。

これ以上、「デラックス」問題にこだわってもラチがあかなそうだ。どうしよう。時間も時間だし、長旅で疲れてもいる。そもそも、腹が減っていて、すぐにでも夕飯を食べたい。

ものはためし、ひとまず入店してみようか。

e0152073_6153736.jpg


まずは、東京でも飲みなれたキングフィッシャーを注文。

店内はけっこう暗くて、酒場っぽい雰囲気もある。

まわりの席には、白人や日本人の団体客も食事をしており盛況。かなりツーリスティックな店という印象だが、まがいもの的なムードもない。それなりのまっとう感が漂っていて、悪くない気がしてきた。

e0152073_6154088.jpg


先に出てきた、たまねぎの酢漬け、ピックル、チャトニ。

e0152073_6154594.jpg


さっそくタンドゥーリものを。ムルグ・ナワビ・ティッカ。スパイシーな骨なしチキン。

e0152073_6154333.jpg


珍しい気がしたので頼んでみたベジタブル・シーク・カバブ。肉ではない素材で、シーク・カバブが表現してある。

あとで調べたら、東京でも同様の料理を出している店があった。

e0152073_6155085.jpg


ムルグ・マカニ。いわゆるバターチキンらしい。まろやかだが、トマトの酸味もきいていて、どこかチーズみたいな味わいがある。

e0152073_6154844.jpg


さらに、もの珍しさでブレイン・カレー。モツとか、脳味噌とか、そういうモノに弱くてついつい注文してしまう。

かなり大量の脳が入っている。よく言われるけれど、白子のようで美味しい。以前、イタリア料理で羊の脳のフリットを食べたことがあるけれど、これほど大量の脳を食べたのは初めてかもしれない。

e0152073_6155272.jpg


バター・ナン。日本のふかふかもちもちしたナンと異なり、焼き目がパリっとしている。

全体に満足のいく味だったけれど、東京で食べられるインド料理との差も、それほど大きくなかったような気が。

満腹になって店を出る。

e0152073_6153269.jpg


モティ・マハル…デラックス。

黄色い縦の看板は「DELUX」が小さく表記してあるのが、なんだか自信なさげな気がしないか。

ショップカードを見ると、やっぱり住所が全然違う。

行きたかった「モティ・マハル」はオールドデリー、繁華街チャンドニ・チョーク近くだが、ここはMARG MARKETという場所で、ニューデリーでもけっこう南のほうだと思う。

あらためてカレー&スパイス伝道師・渡辺玲さんのブログを読んで、謎がとけた。

要は「モティ・マハル」と「モティ・マハル・デラックス」は、そのむかし暖簾をわけたライバルで、いうなれば日本の老舗の「元祖」vs「本家」ようなもである、と。

よく「元祖」と「本家」どっちが格上か、なんて議論があるけれど…。

そういうことか。

なるほどね。

なんて、わかった気になりかけていたが。

いや、ちょっとまて!!!

ウェブで調べると、ここデリーには、そもそも「モティ・マハル・デラックス」を名乗る店が、ここ以外に、さらにあちこちあるみたいだぞ!

http://www.motimahalindia.com/

http://motimahal.in/

http://www.motimahaldeluxe.com/

すくなくともHPが、上記三種類。

さらに、その各支店が存在している模様。たぶん10店以上。

ありゃりゃ?

今夜の「モティ・マハル・デラックス」は、どの「モティ・マハル・デラックス」なのかな~?

ホテルマンにも、タクシーにも、ちゃんと地図まで見せていたのに、まあここはインド、なかなかそんなものは通用しないのだ。

以上のような、軽いインドの洗礼をうけつつ、初日の夜はふけていったのであった。

<追記>

ここによれば、レストラン「モティ・マハル」はデリーに一軒しかなく、その一方「モティ・マハル・デラックス」はインド主要各都市に大々的にチェーン展開しているグループだそう。

「モティ・マハル」のショップカードには、

We have no other branch (うちには支店などないぞ)

と、書かれているとか。

わはは。

これからはじめて「モティ・マハル」を目指すみなさん。

どうぞ、以上を参考に、確実に「モティ・マハル」に辿り着けますように。

September, 2010
(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ
にほんブログ村
[PR]
by brd | 2010-10-23 13:00 | インド


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『味の形 迫川尚子インタビュー』発売中。姉妹ブログ【ワダ翻訳工房】もどーぞ。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2017年 10月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のトラックバック

冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所
꼼장어(コムチャンオ:ヌ..
from ポンポコ研究所
まだ間に合う!東北民謡コ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
돼지국밥(テジクッパプ)
from ポンポコ研究所
ブルターニュ美味しい物探..
from 異邦人の食卓
パダン料理とtuak
from ポンポコ研究所
【おしかちゃん】パダン料理
from ポンポコ研究所

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧