タグ:デンマーク ( 4 ) タグの人気記事

コペンハーゲンの「AMASS」

e0152073_18523022.jpg


さいきん告知ばっかりで、純粋な食べ歩き記事がぜんぜん書けません。

去年の北欧旅行で書いてない店もたくさんあるのに、もう一年経っちゃいました・・・。

アーカイブの意味も込めて、写真だけでもアップしておこうと思います。

コペンハーゲンのAMASSです。
http://amassrestaurant.com/

オーナーがサンディエゴ出身とかで、アメリカっぽい今風のヒップな感覚にあふれてる、かっこいいレストランでした。

発酵させたジャガイモで作った円形のブレッドを、やっぱり発酵させた野菜のペーストにつけて食べる。けっこう腹にたまるんですが、美味しくておかわりしちゃった記憶があります。

発酵といえば、店内の本棚に並んでいたバンクシーの画集『Wall and Piece』のとなりに、サンダー・キャッツの『Wild Fermentation』が刺してあったりして、非常にそれっぽいなーと納得。

最初は白ワインを注文しましたが、途中からボトルビールに変えました。

ミッケラーがAMASS用に作ったビールは、THE AMAZING PIG OUTと名づけられたペールエールと、PLUM CRAZYというサワービール。

雰囲気ばっちりで、美味しかった。

いま写真を見ると、カジュアル感あるのに料理のプレゼンの精度とかも高くて、さすがと思います。

写真の最後のほうを見るとわかりますが、店の外でハーブや野菜を育てていて、それを料理にも使用しているそうです。

もう一点、写真を見るとわかると思いますが、コペンハーゲンの港湾地区っぽい場所の一角にあります。

場所の具体的な説明をするには、ちょっと記憶が薄れてしまったのですが、中心部からバスで結構走った覚えがあります。

帰りはレストランのすぐそばに、なんと水上バスのバス停を発見!そこを利用しました。その水上バスのバス停が、なんだかモダンアートっぽいデザインでかっこいいんですよ。時間があれば、水上バスを利用するのはオススメかも。

いちおう1年以上前の体験なので、これから行く方はもろもろ調べてみてください。

e0152073_18514228.jpg


e0152073_18521866.jpg


e0152073_18523970.jpg


e0152073_18592112.jpg


e0152073_18525776.jpg


e0152073_18563279.jpg


e0152073_18535992.jpg


e0152073_1854583.jpg


e0152073_18541357.jpg


e0152073_18542015.jpg


e0152073_18543078.jpg


e0152073_18543772.jpg


e0152073_18544659.jpg


e0152073_1855287.jpg


e0152073_18551362.jpg


e0152073_18595785.jpg


e0152073_1902964.jpg


e0152073_1904547.jpg


e0152073_1911681.jpg


e0152073_191281.jpg


e0152073_1914124.jpg


e0152073_1915746.jpg


e0152073_1921377.jpg


e0152073_1922886.jpg


e0152073_1924229.jpg


e0152073_1925426.jpg


e0152073_193976.jpg


e0152073_1932635.jpg


<2015年9月>
[PR]
by brd | 2016-10-23 19:05 | デンマーク | Comments(2)

コペンハーゲンKødbyen(肉の町)のレストランホッピング

あけましておめでとうございます。

このところ各種告知めいた記事ばかりが続いたので、新年一本目は初心に戻ろうということで、純粋な食べ歩きリポートを。

e0152073_14541476.jpg

コペンハーゲンのブルーパブWARPIGSのリポートでも触れた、元食肉市場のKødbyen(肉の町)エリアはヒップな感じというか、最近っぽい雰囲気が漂っており、良さそうな飲食店も多いんだけれど、旅行中にじっくり一軒一軒試す時間はない。そこで、いくつかの店をハシゴすることで夕飯を完遂するレストランホッピングを企てた。

時期は2015年の9月。

さて。まずは一軒目。

e0152073_14555418.jpg

WARPIGSに再び。

e0152073_14564167.jpg

アペリテフのつもりで、22タップの中からセッションIPAをチョイス。

e0152073_14572711.jpg

これがめっちゃウマ。

ホッピーでフルーティでドリンカブル。爽やか。冴えてる。頭の芯までシャッキーンとする清々しさ。ホップを強調したビールの理想形のような味わいで、最初からアガる一杯。

e0152073_14574424.jpg

嬉しくなってWARPIGSのTシャツまで買ってしまった。

フランクな店のスタッフが「東京に住んでいたこともあるよ」と話しかけてくれた。

二軒目。

e0152073_1458161.jpg

イタリアンのmother

ここはサワードウ・ピッツァが看板らしいのだが、それを食べるとお腹がいっぱいになってしまいそうなので、ワインと、

e0152073_1459010.jpg

モツァレラを。

e0152073_14591151.jpg

このモツァレラが地元のオーガニックなミルクで作った自家製なんだとか。さすが。クリーミーで美味い。

食べてもいないのに撮影させてもらったピッツァの窯はこんな感じ。

e0152073_14593656.jpg

三軒目。

e0152073_14595771.jpg

魚料理で有名な、FISKEBAR

KØDBYENS FISKEBARで「肉の町の魚のバー」ということかな? ちょっと矛盾な感じ。それもまたここっぽい。

e0152073_150222.jpg

こんなカワイイ感じでパンとバターが出てくる。

e0152073_1503433.jpg

生牡蠣は、味わいのキャラクターの違う4種の産地から選べる。どこのを選んだか・・・忘れてしまった。が、美味かった。

そして、鯖の料理を頼んだら、これが結構凝っている。

e0152073_1504885.jpg

魚にはラルドがかぶせてあって、ソースはアイヨリとアンチョビ。グリーントマト。パリパリはヨーグルト、とか言ってたかな?

ダイニングの中心にカウンターのバーがあって、囲むようにテーブル席がある。バーで軽くつまんで飲むこともできるけど、料理がけっこう美味しくて、ちゃんとしている。

ガストロノミー系レストランの一皿のようなクオリティで、もしかしたらここはコースでしっかり食べたほうが良かったのでは・・・と後ろ髪をひかれながら、しかし、初心貫徹、次の店へ!

e0152073_1514114.jpg

KUL。ここもモダンな料理で評判のレストランなんだけど、一皿二皿で済ませるにはちょい敷居高そうで、勇気が出ず、パス。

さて、四軒目。

e0152073_154366.jpg

NOSE2TAILへ。

e0152073_1545261.jpg

店名はNose to Tail(ノーズ トゥ テイル)ってことで、鼻先から尻尾の先まで残さず捨てず全部食べ尽くすという意味。肉料理のお店。

店内、地下室感満点。

かつてパテの工場だったとか。当時の雰囲気を残すような内装にしてある。

e0152073_1552087.jpg

EAT MORE BACON AND HAVE MORE SEXとか書いてあった(笑)。

e0152073_1553452.jpg

なかなか美味しいシャルキュトリ盛り合わせ。豚、牛、鴨のハムやレバパテなど並べたまな板にナイフをぶっ刺して出てくるプレゼンがイイでしょ?

ラム肉の入ったサラダも食べて、かなり満腹に。

五軒目。

e0152073_1555836.jpg

MAGASASA

・・・と思ったのに、ここ、ラストオーダー後だった。

くー、残念。

わりと閉まるの早いんだ(22:00くらい?)。

DIM SUMとあるように中華のお店で、さっき店前を通りかかったとき中国系と思しき麺点師が手延べで製麺している様子が外から見えていたので、おお、シメは絶対に麺!って決めてたのに~。

ウェブサイトを見ると、面白げなカクテルもあり。

ここの店、北欧関係の著書がいっぱいある森百合子さんのガイドブックでミッケラーのミッケル・ボルグがリコメンドしてた。要チェック。誰か利用した人がいたら、どうだったか教えてください。

別の日の夜だけど、Kødbyenはこんな感じでライブのイベントをやってたりもする。

e0152073_1565341.jpg

ちょうどテクノのDJがバッキバキなプレイをしていて、Kødbyenを出てかなり離れても音が聴こえるくらいの音量でやっていた。スゴイなー。

ミッケラーのビールカーも出動して観客たちにビール販売。盛り上がってた。

あと、Kødbyenにはincoなる超巨大食品スーパーがある。

e0152073_1572566.jpg

ここも非常に面白い。

e0152073_1581122.jpg

中に入るとこんな感じで、どこまで行っても食品、食品、食品・・・。

e0152073_1582655.jpg

ビールもクラフト系から大手のまでけっこう揃ってる。

e0152073_158517.jpg

こちらは加工肉関係。

e0152073_21552623.jpg

チーズも種類豊富。

e0152073_1592352.jpg

アジア食材のコーナーにはタイのガピから日本の搾り柚子のボトルまで。

もう、いろいろ買う気満点で広大な店内を巡ってたんだけど(しかも市中よりずいぶん安い!)、どうやら業者向けの店らしくて日本人観光客には売ってもらえなかった・・・。

ここ、旅行者でも買える方法、ないのでしょうか。

以上、コペンハーゲンKødbyenリポートでした。

今年もよろしくお願いします!

(よ)
[PR]
by brd | 2016-01-01 15:17 | デンマーク | Comments(10)

Kødbyen(肉の町)にあるブルーパブ、WARPIGS

コペンハーゲンのブルーパブ、WARPIGSに行ってきた。

e0152073_1591513.jpg

なんでWARPIGSなんて店名なんだろうと思ってググると、その言葉の意味するところはwikiとかに書いてある。ブラックサバスにもWARPIGSという曲があるらしい。

e0152073_1593090.jpg

じつは、このWARPIGSはKødbyen(肉の町)という広大な食肉市場跡にあって、店名はそれにちなんでいるものと思われる。

e0152073_15123571.jpg

Kødbyenにはイイ感じのバーやレストラン、クラブがけっこうあり、コペンハーゲン滞在中の週末の夜に行ったら広大な敷地を利用した野外ライブをやってて、テクノで大勢の若者たちがガンガン踊っていたり、ちょっとヒップな感じが漂う面白いエリアなのだ。

e0152073_15135816.jpg

WARPIGSは、地元デンマークのクラフトビール・カルチャーを牽引するファントムブルワリーMikkellerと、アメリカのビアギークにもの凄い高評価を受けているアメリカ・インディアナ州の3 Floyds Brewingがコラボしたブルーパブ。

つまり、絶対ダサいはずのない、そうとう濃い店。

e0152073_1515948.jpg

オクトーバーフェスト・イベントのポスターもカッコイイ。

e0152073_15153241.jpg

昼過ぎに着たから広い店内はガラガラだけど、夜は相当混む。

e0152073_15172437.jpg

やっぱり、なんとなく肉屋っぽいしつらえにしている。

テキサス・スモーブローという、かなり気になるアメリカンデニッシュなメニュー名もあったけど、結局頼まなかったなあ。どんなスモーブローなのか。頼めばよかった。

e0152073_15174130.jpg

とりえず、ポークショルダー+スペアリブ+コールスロー+ノンアルコールのソーダ飲み放題というランチセットを頼んでみた。

e0152073_15175110.jpg

こんな感じ。

e0152073_1518320.jpg

ソーダは、このマシンで注ぎ放題。

しかし・・・、

e0152073_15182438.jpg

まさか、ここまで来て、ビール飲まないで帰るわけにいかぬ。

などとと言いつつ、バーへ。

e0152073_1519429.jpg

タップハンドルが骨。

ミッケラーのアイデンティティにもなってる、キース・ショアのイラストのネオンサインもかわいい。

e0152073_15203041.jpg

まず、フルーツランビックみたいなサワービール。

うーん、綺麗な酸味がツ~ンと立っていて実に美味なり。

e0152073_15205992.jpg

次に、18th Street HunterのWARPIGSヴァージョンだという、インペリアルスタウト。

コーヒー風味がクリーミーで濃厚。

e0152073_1521269.jpg

別室の醸造施設を、チラ見。

e0152073_15213752.jpg

見学ツアーもあるみたい。

次の記事では、WARPIGSのあるKødbyenで、レストラン・ホッピング(要はハシゴですな)をやった様子を紹介予定。

<2015年9月>

(よ)
[PR]
by brd | 2015-11-15 15:32 | デンマーク | Comments(0)

『料理通信』WEB版 「北欧の食・最新事情」 全4回

(ゆ)です。

e0152073_2250788.jpg

『料理通信』2014年12月号
「小さくて強い店」は、どう作る?


食のプロ向けのようでいて、食べる側が読んでも面白くてためになる恒例の特集。

東京も、ロンドンも、パリも、飲食店の新しい動きは東側で起きている!? そんな切り口にナルホドと納得。東京の東といえば同誌バックナンバー掲載「貧乏人のスパゲティ」のレシピが大反響だったという亀戸「メゼババ」にはまだ行けてません。はやく行きたい。浅草橋のワインバー「フジマル」は、つい先日訪問してとても満足しました! いつも食べ歩きの参考にさせていただいております。

そして、わたしが翻訳を担当した『料理通信』ウェブサイトの記事、「北欧の食・最新事情」も全4回の記事がすべてアップされましたので、ここでご紹介させていただきます。ぜひ読んでみてください!

Vol.1
4回目を迎えたMADフード・シンポジウム


哲学、文化、歴史、社会運動、サブカルチャーなどとも連動しながら、食についてラジカルに議論するコペンハーゲンのシンポジウム「MAD」のリポートです。

主宰は、言わずと知れた「ノーマ」のレネ・レゼッピさん。さら共同キュレーターとして、サンパウロ「D.O.M」のアレックス・アタラさん。

2014年のテーマは「WHAT IS COOKING?」でした。

登壇者は、北海道の蕎麦店「楽一」の頼立さん、ライターのジュリアン・バギーニさん、歴史学のポール・フリードマン教授、建築キュレーターのパオラ・アントネッリさん、さらにアラン・サンドランスさんやオリヴィエ・ロランジェさんといった有名シェフ。

なかでも注目すべきは、フード・アクティヴィストのイザベル・ソアレスさんや、裁判官のジェイミー・サントスさん、“ゲリラ・ガーデナー”のロン・フィンリーさんなどの社会運動的な食へのアプローチ。皿の上だけにとどまらず社会を牽引していく食の在り方が提示されています。

ところで、われら【美味しい世界旅行】としては、昨年2013年のMADの参加者がとても興味深いことになっていたのに、いまさら気づきました。

まずゲストキュレーターが、記事「カオパット・アメリカンとスパゲティ・ナポリタン」で採りあげた雑誌『LUCKY PEACH』の編集者Chris YingさんとPeter Meehanさん、加えてMOMOFUKUの創業者であるDavid Changさんの3人。

そして、辻信一さんが作ったドキュメンタリーの上映会に先日行ったばかりの、インドの環境活動家ヴァンダナ・シヴァさん。さらに、記事「東京アートブックフェア2014で注目した食やアジアに関することなど」で紹介したZINE『WILD FERMENTATION』の著者Sandor Katzさんも参加。

これは今後、要チェックだなと思いました。


Vol.2
新・北欧(ニュー・ノルディック)の料理とは?


ここでもキーパーソンは「ノーマ」のレネ・レゼッピさん。

新しい北欧料理を打ち立てたことにより、北欧の食にまつわる文化的、経済的な状況を好転させ、さらには北欧ならではの食のローカリズムが育っているようです。

デンマーク人シェフで食ライターでもあるメッテ・ヘルベックさんによる、ニュー・ノルディック・キュイジーヌのレシピつき。


Vol.3
ミッケラーとデンマークのクラフトビール革命


ミッケラーのビールは、わたしもバンコクの「SRA BUA」(デンマーク「KIIN KIIN」の支店)で味わってきたのですが、レシピだけ考案し醸造は別のブルワーに発注するという「ファントム・ブルワリー」のスタイルを、創造的に発展させているのだと思われます。

アメリカ初で全世界的な流れとなっているクラフトビールの隆盛、デンマークの場合をリポート。


Vol.4
コペンハーゲンのニューウェーブ・レストラン


フランスにおける「ビストロノミー」のように「ノーマ」など高級店出身のシェフたちがカジュアルな「北欧ビストロ」を続々オープン。新潮流となっているようです。

また、この記事でフォーカスされている「アマス」は現在のアメリカのテイストも採り入れたヒップな一軒。写真でしか見ていませんが、すっきりモダンな店内の壁一面に突然ストリートグラフィティのようなイラストが描かれていたりする斬新さが目を引きます。



4つの記事を通して感じるのは、やはり北欧の食の革命の震源地は「ノーマ」なのだな、ということ。

「エルブジ」に象徴されるスペインのガストロノミーや、アメリカの新動向、さらには南米、アジア、世界の流れも貪欲に取り入れながら、料理だけでなく食文化そのものを更新していこうとする北欧の食に目が離せません。

来年の「ノーマ」の東京版、私自身は行けないのが悲しいですが(行きたい!)、いったいどのような展開になるのか興味津々です!

(ゆ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2014-11-24 01:04 | 本や映画 | Comments(0)


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『味の形 迫川尚子インタビュー』発売中。姉妹ブログ【ワダ翻訳工房】もどーぞ。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のコメント

食べ物も器もすべて異次元..
by arak_okano at 08:12
残暑お見舞い申し上げます..
by arak_okano at 15:47
商業化されたブランド的レ..
by brd at 07:50
ちなみに狸田、商業的に「..
by tanukidaponta at 23:06
>さて、ビールの、酒の、..
by tanukidaponta at 23:01
こんにちは。 とい..
by brd at 23:20
自由か自由じゃないかとい..
by tanukidaponta at 21:26
おはようございます、アラ..
by arak_okano at 06:20
アラック、こんなに高級で..
by arak_okano at 21:11
料理もビールも高級高級品..
by arak_okano at 21:32

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧