タグ:カフェ ( 13 ) タグの人気記事

台中 : 観光名所化している「宮原眼科」のカフェ「醉月樓沙龍」でアフタヌーンティー

台北・永康街「長順名茶」のスタッフZさんが強烈にオススメする台中の「宮原眼科」。

その二階にある「醉月樓沙龍餐廳」でアフタヌーンティーしてきた。

e0152073_2474914.jpg

豪勢なお茶請け盛り合わせ。

手前から時計回りにイカ団子、チーズ入り麻芛棒、レンコンしそ海老はさみ揚げ、焼きアスパラガス、甘く煮た龍眼と蓮の実、大根餅、そして真ん中がすごくクリスピーな鶏唐揚げ。

どれも味がよく、メニューには素材の素性を説明するような記述もあり(中文なので詳しくはわからなかった)、けっこう真面目に作っている感じがする。

e0152073_248643.jpg

つけだれ四種類。

ハニーマスタード、チリソース、醤油だれ、香りのよいオレンジソース。

それぞれに不思議な漢字が添えられた専用の器に入ってくるのが楽しい。

e0152073_2482262.jpg

お茶は「宮原紅茶」を。

メニューには台湾アッサム紅茶(日本統治時代にインドから導入されたとか)と東方美人のブレンドのようなことが書いてある。

真剣に持ち手を握らないと落としてしまいそうなくらい重量のある、つまり、かなり保温のよさそうな金属製のポットでサーブされる。

e0152073_2484153.jpg

さらに、巨大なアイスのサンデーも頼んでみた。

コーンの下に、さらにマンゴーとクリームが隠されていたりする、お茶目な構造。

e0152073_2485685.jpg

中秋節の季節柄、サービスでふるまわれた月餅。

ほかのランチ客のテーブルには、なんだか似つかわしくないほどヌーベルな盛り付けの低温調理サーモンに玄米のリゾット、みたいな皿が出ていたりもする。

スタッフは機敏で過不足ないサービス。日本語のできる男性の胸には日の丸のバッヂがついていて、こちらのテーブル専任になってくれた。

さて。

説明が逆になっちゃうけど、いったいここがどういう店なのかというと、「宮原眼科」は、もちろん病院ではない。

e0152073_2494096.jpg

「宮原眼科」は、台湾名物パイナップルケーキで名を馳せる台中の菓子ブランド「日出」が昨年2012年にオープンした新店舗。

いまや台中の、いや、台湾全土においても屈指の観光名所になってしまった(言い過ぎ?)。

アフタヌーンティーした「醉月樓沙龍餐廳」は、そこの二階にあるカフェレストラン。

e0152073_250772.jpg

こちらが一階のショップ。

ほんと、店というより観光地。みんな店内で記念撮影大会をやっている。

e0152073_2502314.jpg

日本のケチな店と違って、バシャバシャ撮っても一切とがめられないのが台湾らしくて気持ちが良い。

「宮原眼科」そして「日出」のなにが、どう凄いのかは、Zさんの愛あふれる熱いリポート(これや、これこれなど。さらにこれ)を御参照いただければ、もう十二分に理解できるのだけれど、いちおうなぜ「眼科」か、ということだけ説明しておいた方がいいかもしれない。

もともとここでは、日本人医師であり地元の名士でもあった宮原武熊が1927年に開業した「宮原眼科」が門を構えていた。戦後は「台中市衛生院」として使われ、さらにさまざま転用され、最終的には廃墟となっていたところを日出が、菓子店/カフェ・レストランとして復活させたという。

e0152073_251444.jpg

気が利いていると思うのは、「宮原眼科」の歴史を店舗のブランディングに採り入れ、隙のないオシャレ感を演出していること。

e0152073_252015.jpg

内装にはシノワなムードと昭和な意匠がちりばめられ、従業員の制服などは衛生院っぽい雰囲気も感じられるようなデザインだったりする。

e0152073_2523938.jpg

三階には宮原武熊さんの紹介や、「宮原眼科」にまつわるディプレイなどもある。

さらに四階は一般客にクローズドのスペースになっているのだが、きっとここには素敵コンセプトの高級レストランを開こうとしてるのではなかろうか。きっとそうに違いない。そうだと楽しい。

さて、Zさんはじめ、いろんな人がすでにリポートしているから、わざわざここで触れる必要はないのかもしれないけれど、日出は菓子のパッケージがすごくいい。

e0152073_253445.jpg

レトロとモダン、中華と洋をたくみに案配したデザイン。

e0152073_2531478.jpg

どれも魅力的。

e0152073_2532324.jpg

書籍をイメージしたデザインが散見される。書棚をイメージさせるディスプレイも。

地元客に負けじと、いろいろ買って帰ったのだが、ちょうど中秋節シーズンだったので月餅も。

e0152073_2542441.jpg

箱を開けると、小さい月餅が、こういう風に収まっている。

e0152073_2545130.jpg

塩卵と蓮餡の二種類。

味もいいけど、やっぱりデザインが秀逸。

e0152073_2551564.jpg

こちらは一定額購入した客にプレゼントされる非売品。やっぱり、本を意識したデザインだ。

e0152073_2554323.jpg

シールとかのディテールも徹底。

e0152073_256489.jpg

開けると上段にお茶、下段にお菓子。ステキだ。

スタッフZさんによれば、日出は台北には店を出さない、と宣言しているらしい。

その辺のスタンスも独特。

そうそう。

e0152073_2562427.jpg

Zさんに激しくオススメされた烏龍茶のアイスは、外に面したアイススタンドの行列が長すぎて、諦めてしまった・・・。たしか、カフェでは頼めなかったはず。

日出は他店舗も、それぞれコンセプトの違う店内デザインや制服でまとめらているそうで、ぜひ全店舗制覇してください!とスタッフZさん。

また台中行かなきゃ。

<2013年9月>

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2013-10-09 03:14 | 台湾 | Comments(11)

小竹向原 : Iターン系ワイン、Uターン系ワインって? 「まちのパーラー」

また練馬区の話題です。

ランチには何度か来ている評判のカフェ「まちのパーラー」のディナータイムにはじめて訪問。

e0152073_90332.jpg

「パーラー江古田」のほうにパンを買いに行くといつもいる男性は、こっちの夜のワイン担当だそうで、ていねいにグラスワインの説明をしてくれる。

右から、

CASE RIVA DEL CILIEGIO PINOT NERO 2006

Sassella Vigna Regina RISERVA 2001 VALTELLINA SUPERIORE

Forterenza ROSSO DI MONTALCINO 2009

OCCHIPINTI IL FRAPPATO SICILIA 2010

ぜんぶイタリアの自然派。

面白かったのが、右から三つめのフォンテレンツァと四つめのオッキピンティの説明。

なんでも、フォンテレンツァは「Iターン系ワイン」、そしてオッキピンティは「Uターン系ワイン」、なんだとか(笑)。

その心は・・・。

フォンテレンツァは、作り手であるミラノ出身のマルゲリータ&フランチェスカ・パドヴァーニ姉妹がトスカーナのモンタルチーノに開いたワイナリーで造っているワイン。そしてオッキピンティは、イタリアワイン界のアイドル的存在でシチリア出身のアリアンナ・オッキピンティさんがミラノで醸造を学んで、そして故郷のシチリアに戻って造っているワイン、なんだそうな。

なるほどー。

ともに女性というのも、面白い。

メインの豚肉のコンフィに合わせるワインなので、どれが良さそうかたずねたら、ひとつめのカゼ リーヴァ・デル・チリエージョか、Iターンのフォンテレンツァとの回答。

うーん、Uターンもかなり気になり悩んだが、ひとつめとIターンを注文。

カゼ リーヴァ・デル・チリエージョは、口の中でふくよかな旨みがぶわーと広がる優しくて力強い味わいだった。そして、フォンテレンツァも果実っぽい旨みが美味しく、もっとすきっとスマートな印象。

どちらも豚肉にコンフィのお供に、なかなかよかった。

e0152073_901227.jpg

しかし、でかい。豚肉。

どこの部位か聞き忘れたけれど、すね肉かな。ぶっとい骨のまわりのお肉が赤々としっかりして旨みバッチリ。骨のまわりのゼラチン質の部分がカリカリとフライされている感じが、またいい。とにかく、容赦ない食べ応えでガッツリ満足感。

順番が逆だけど、「肉屋盛り」と名づけられたシャルキュトリ盛り合わせもいい。

e0152073_9046.jpg

壮観ナリ。

これもかなりのクオリティ。

e0152073_9065.jpg

もちろんはずせない、パン。

となりで、男の子がひとりスマホいじりながら食事していた。テーブルにはグラスワインとシャルキュトリとパン。若いのに、通な。

e0152073_90102.jpg

パルミジャーノたっぷりでいろんな野菜が組み合わせてあるリッチなサラダや、

e0152073_90880.jpg

エビとジャガイモのピスタチオソースなど工夫のある料理も美味しかった。

ファンには知られたことかもしれないが、まちのパーラーは「まちの保育園」なる保育園に併設された飲食店で、イタリアのレッジョエミリア市の教育思想を参考にしているんだとか。飲食店が併設されているのも、それに関係しているっぽい。イタリアワインは・・・関係あるのかな?

あと、保育園の経営者に乙武洋匡さんの名前を発見して、へー、と。そういえば乙武さんも、イタリアンレストランつながりの話題が最近あったような・・・。

【2013年5月】

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2013-06-13 09:06 | 東京 | Comments(4)

サンフランシスコ : boulettes larder ブーレッツ・ラーダーのランチタイム

サンフランシスコ、フェリー・ビルディング内にあるカフェ、boulettes larder ブーレッツ・ラーダーで軽めのランチ。

e0152073_115887.jpg

かっこいいオープンキッチン。

ビジネス客がひきはじめ、主婦っぽい雰囲気の女性客が目立ちはじめた感じの13時ごろ。

e0152073_115695.jpg

メニューに桜のイラスト。

e0152073_1151069.jpg

ヴェジタリアン・ファームハウス、と名づけられた一皿。

グリーン&ホワイトアスパラ、酸っぱいネーブルオレンジのソース。

e0152073_1151216.jpg

ポーク・ブーレッツ。

boulettesはフランス語でミートボールのこと。

モツァレラとハーブの練りこまれたミートボールにトマトソース。ミートボールのしたにはほうれん草がしいてある。

ともにシンプルな料理だけど、素材の味わいが豊か。野菜は濃い味。肉は軽やか。たぶん塩などの基本的な調味料から選んでいるのだと思う。食べたあと身体が軽いような爽やかさ。

今回、西海岸のオーガニックな食材の自然の力強い美味しさにちょっと驚いたけど、特にそのよさを味わえたのがこのお店だったと思う。

e0152073_115423.jpg

ショーケースの隣の花のしたに、日本ふうな籠が。

日本の調味料もいろいろ使っているそうだ。

店内ではテイクアウトの惣菜も販売中だが、このあとバークレーに行く予定だったので断念。クッキーにしてみた。

e0152073_1151452.jpg

こちらも、オーガニックな美味しさ。

ここフェリー・ビルディング・マーケットプレイスは、木曜と土曜にファーマーズマーケットが開催されることで有名だが、ほかにもオーガニックな食品を取り扱う様々な店舗や施設がある。

e0152073_115290.jpg

このキノコ屋が気になった。

舞茸とか椎茸など、日本のキノコが。

e0152073_1141922.jpg

こちらは有名コーヒーチェーンの、Blue Bottle Coffee.

<2013年5月>

(ゆ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2013-05-21 23:10 | アメリカ | Comments(6)

ハノイ その7 : おしゃれカフェでカフェめしチャーカー “La Place”

その6の続き。

ハノイ大教会。

e0152073_13362486.jpg

大教会に真正面から向かった状態で、そのまま右に向くと、

e0152073_13381837.jpg

La Placeなるおしゃれカフェが。

e0152073_13405176.jpg

ハノイ名物、「チャーカー」のカフェめしバージョン。

e0152073_13432580.jpg

ミントのはいったスムージーのカクテル。

e0152073_1344084.jpg

こっちもたしか、マンゴースムージーカクテルみたいなもの。

店内はなかなかおしゃれ。

窓際の席では、モデルのような、かなりハイレベルにファッショナブルなベトナム人の若者がiPhoneで友だちと会話しながら、Mac Book AirでFace Bookとtwitterをチェック、的な光景に出くわし、珍しいので写真を撮らせてもらおうと思ったけれど、それもなんか悪いのでやめました。

店内、ちょっと混んでいたので、内装のコジャレっぷりが撮影できず残念。

壁にはこういうたぐいの

e0152073_13454914.jpg

革命系アートがかかっていたりして。

※上の写真は参考資料。別の店の写真です。

あと面白いのは、

e0152073_13531739.jpg

テーブルクロスに、こういう、ざら紙というか、わら半紙のようなものがしいてあり、はじっこにお店の採点欄のようなコーナーがあったりする。

テーブルにはクレヨンが置いてあるので、それで書けばいいのだが、採点欄とかは別にカンケーなしに、テーブルクロス全体に勝手な落書きなども可能。

e0152073_13562745.jpg

かわいいコックさんの書き順が、どうも、思い出せない。

e0152073_1357598.jpg

お絵かきしりとり、なども可。

禁煙だけど、2階のダイニングを出てちょっと上がったところに、タバコの吸えるスペースもある。

e0152073_1441926.jpg

こんな感じ。

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2012-07-31 22:00 | ベトナム | Comments(2)

鎌倉、人、珈琲、音楽。 café vivement dimanche

湘南新宿ラインで鎌倉へ。

e0152073_7285979.jpg

鎌倉、人、珈琲、音楽。

e0152073_7304193.jpg

パフェの頂上。

つづく。


(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2012-03-08 07:35 | 神奈川 | Comments(0)

新宿 : 9.11のヴァイスヴルスト 『ベルク』

新宿の脱原発デモに参加した。

e0152073_2312422.jpg


新宿アルタ前。

いとうせいこうさんのポエトリーリーディングが素晴らしかった。

デモ隊の諸君。

君たちは路上の花だ。

建設的な花だ。

人道的な花だ。

廃炉せよ。

廃炉のあとを花でうめよ。

自分でしかけた暗示のトリックに自分自身がはまったら終わりだ。

暗示の外に出よ。

あまり正確な言葉は覚えていないけど、こんな感じ。

熱いアジテーションに場が沸いた。

柄谷行人さんのスピーチを聞き逃したのは、痛恨だった。

アルタ前解散後は、

e0152073_23125340.jpg


そこから徒歩30秒の『ベルク』で、仲間たちと一杯。

月見のすすきに、NO NUKES。

いかにもベルクらしい。

e0152073_2311451.jpg


赤ワインに、

e0152073_2311328.jpg


定番の豆のピクルス。

そして、どうしても食べたくなるのが、

e0152073_23105484.jpg


かたい皮をむきながら食べるドイツの白ソーセージ、ヴァイスヴルスト。

e0152073_2311174.jpg


ここは本当に肉系のものが美味しくて、ハム類や、レバーペースト、ポークアスピックとかが最高。

レバーペーストは、たまにテイクアウトして自宅で楽しんでいるほど。

添加物も保存料も使用せず名だたる職人が真面目に作る、こういうものが安い。

逆にいえば、原価がけっこう高いそうだ。

それでも大丈夫な秘密は、連日1000人を超えるウルトラ高回転率。

e0152073_231499.jpg


カレーも食べちゃおう。

知らない人に、どういう店か説明するのが難しい。

とにかくいつも混んでいる(今日もならんだ)。

コーヒーが美味しい喫茶店としても使えるが、ワインもビールも、日本酒の銘酒もそろってる。立ち飲みのバールのようでもある。

店名から連想するとおり、ソーセージなどドイツ的なつまみが美味いが、カレーも食べられるし、おにぎりも置いている。

プリンも美味しいし、デザート系もそろってる。

誰もが認めるクオリティのもろもろを、あの狭いカオスの中で味わう感覚、他にないよな~。

店内で写真展をやっていたりする。

そうそう、今日はオーガニックな生卵を売ってたので、買ってみた。

家主からの立ち退きプレッシャーは、客の書名1万6千で跳ね返したそうだ。

これからも居座ってください。

なくなると毎日の生活が困ります。

そのくらい、お客に近い店。

そもそも駅構内の飲食店って、そこそこ使えるけれど、どこでも一緒のチェーン店ばかり、というのが当たり前のような気がする。

そんなことが当たり前なんて、まったくつまらない。

誰かの事情で、どんどん生活がつまらなくなるのは、ゴメンだ。

つまらなくても、それで当たり前と、誰かに思い込まされている。

あるいは、自分で勝手に思い込んでいる。

暗示の外に出よ。

そう。「いまどき気骨のある」という言葉がぴったりの飲食店が、その思い込みから目を覚まさせてくれる。

それが、このベルクだ。

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2011-09-12 00:21 | 東京 | Comments(0)

富山 : 回船問屋街の銘酒とカフェ 「満寿泉」「アナザホリデー」

もう9月だし、盆の北陸行きの話もこれにて最終回。

e0152073_1291190.jpg


富山市の某住宅街を歩いていると、水田。

夏の青々とした稲穂から、ふわりと独特のかおりがただようのは、いいものだ。

ここから、富山市の路面電車「ポートラム」に乗って岩瀬へ。

e0152073_139466.jpg


回船問屋の歴史をもつ、岩瀬の街並み。

このあたりで注目すべきは、

e0152073_141357.jpg


富山の銘酒「満寿泉」

満寿泉のお酒が買えるのが、すぐ近所の「酒商 田尻本店」

e0152073_147204.jpg


風格抜群の歴史ある土蔵をそのまま活かした店内。

e0152073_1501585.jpg


温度管理された素晴らしいセラーがあって、メインの満寿泉に、勝駒などそのほか富山銘酒、さらに他県のお酒もチラホラ、ワインもいいのがある。

ここの土蔵の、さらに奥がフレンチレストラン「カーヴ・ユノキ」

この日は残念、貸切で食事することはできなかったけど、次回は必ず。

ここ、フレンチと満寿泉のマリアージュを楽しめたりするのだろうか?

きっと、楽しめるはず(要確認)。

なぜなら、満寿泉さんは、けっこう海外料理とのコラボレーションに積極的な気がするから。

※下リンク参照

『料理通信』ブログ
TRIPPA通信
「SAKEとフレンチの饗宴」


それに、お酒のラインナップ自体が、クリエイティブ。

もちろん純米大吟醸とか、プロパーな日本酒のラインも充実しているのだけれど、注目したいのは、たとえば、

e0152073_2182431.jpg


MASUIZUMI SPECIAL.

なんとなんと、満寿泉が誇る純米大吟醸をブルゴーニュのオーク樽で熟成させてしまった、珍品かつ逸品。

ワイン的なテイストに寄せるためか、お酒じたいを普通より酸が強くなるように仕込んであるとか。

飲んだ感じは、本当にスモーキーな樽っぽい日本酒。ワインと日本酒の中間、という感じ。

個人的には、しっかり味付けした貝の料理とかとすごいあう気がする。

あと、これ。

e0152073_227133.jpg


貴醸酒。

お酒はふつう、お米とお水で仕込むが、お米をお酒で仕込んだお酒が、貴醸酒。

「貴」の字は、貴腐ワインの「貴」の字とも通ずるのだろうか、お酒でお酒を仕込むと糖度が高くなる。すると、香り高くも甘~い、日本酒のデザートワインになる。

これも、ここにくるとついつい買ってしまうアイテムのひとつ。

さて、さらに近所をブラついていたら、こんな店に偶然出くわした。

e0152073_2382067.jpg


「アナザホリデー」

紅茶のお店だけど、

e0152073_2403183.jpg


東京でいえば下北沢や中央線にありそうな、オーガニックでレトロでかわいいカフェのような店内。

e0152073_2415527.jpg


頼んだのは、冷たいバタバタ茶と、スリランカのウヴァティー、だったかな。

e0152073_2441617.jpg


ポットや、

e0152073_2442837.jpg


カップには、ロゴ入り。

e0152073_2484747.jpg


本がけっこう置いてあって、読みたいのに結局読んだことがなかった「もやしもん」を、ついつい読みふけってしまったのだった。

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2011-09-08 02:56 | 富山 | Comments(6)

味のある喫茶店シリーズ : 『珈琲館 紅鹿舎』

有楽町や銀座界隈にいくと(とくに夜)つい立ち寄ってしまう喫茶店がある。

夜おそくまであいてて、有楽町駅に近くて便利、というのもあるが。

内装はごちゃごちゃと古くて(レトロともいう・・?)、銀座まで来てなんでここに? と毎回自分に問う、をくりかえしている。

まず、メニューがやたらに多い。

たとえばコーヒーにしても、数十種類に派生したメニューがある。

なんか台湾とか中国などのお店の、細かいバージョンをつくりだしてメニューの種類をやたらに増やすというノリにちょっと似ている。

ピザトースト発祥のお店とかいわれているようだけど、新しいことに挑戦しようというチャレンジ精神も感じられる。(値段ははるけど、「悪魔の炎」っていう名のコーヒーはなんだか大変らしい・・・)

今回もちょっと実験的な(?)、こんなのがあったのでつい頼んでしまった。

e0152073_134401.jpg


パイの上にドカ盛りクリーム。さらに、生イチゴがメガ・トッピング。意外においしい。

e0152073_1345626.jpg


こちらは友人が頼んだパンケーキ。

e0152073_1351015.jpg


アイス・ウィンナー・コーヒー。

なんだかキッチュな店だなと思っているところに、いつも正装した中年や青年のギャルソンが「いらっしゃいませ」と礼儀正しく現われて、優雅にサイフォンのコーヒーをつぎ、さわやかに去っていったりするのが、さらに不思議感を高める。

ちなみに味は悪くない。

今では珍しいサイフォン式コーヒーもけっこうおいしい。

値段も手頃だし、ようはまじめな、できた喫茶店なのに違いない。

(ゆ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2011-06-25 01:41 | 東京 | Comments(0)

バンコク : レトロなタイ式喫茶店 『プラナコーン』

バンコクの旅、その15。

e0152073_22533690.jpg


グリーンと風鈴が、涼やか。

老舗アヒルスープ屋さん『ペットウアン』とおなじ通りにある、これまた老舗の喫茶店『プラナコーン』。

丸い看板には

プラナコーン
ノムソット(フレッシュミルク) / カフェー
2499


と書いてある。

e0152073_2254046.jpg


意外にモダンなおかみさん。

注文は、カフェイェーン(アイスコーヒー)と、チャイイェーン(アイスティー)。

ちゃんとエスプレッソマシーンも置いてあるんだけど、せっかくなのでエスプレッソでなく、布フィルターで淹れるタイ式コーヒーをリクエスト。

e0152073_22541360.jpg


アンティークな感じでまとまった店内は、居心地バツグン。

創業54年とか。

e0152073_22542947.jpg


手前がチャイイェーン。

向うがカフェイェーン。

e0152073_22543947.jpg


退色しかかった、古そうなタイ映画のポスター。

e0152073_22545496.jpg


またまた下町ぶらり。

e0152073_22545890.jpg


味のある壁。

e0152073_22545166.jpg


猫の親子。

e0152073_2254489.jpg


細っこい路地をゆく。

つづく。

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2011-06-21 23:10 | タイ | Comments(0)

バンコク : サラデーン通りのエスプレッソバール屋台

タイの旅、その2。

ホテルのあるサラデーン通りの入り口あたりで、どうも気になったのが、これ。

e0152073_212921.jpg


美容室の軒先に、コーヒーマシンやスムージー用のミキサーなど、すべてをそろえて屋外で営業しているコーヒー屋。

移動できないので「屋台」と呼んでいいかはちょっと微妙だけど、バリスタの仕事場が全部ストリートに露出しているわけで、なんか不思議。

バンコクにもスターバックスをはじめとするチェーン店が多数進出してコーヒー文化が浸透したけれど、さすがタイ、なんでも屋台になってしまう。

暑いので、エスプレッソ・バナナ・スムージーを注文してみた。

e0152073_212796.jpg


エスプレッソを抽出して、バナナをむいて輪切りにし、ミルクとあわせて、ミキサーを回して…などの工程がバリスタの背後から見物できて楽しい。

e0152073_212236.jpg


なかなか美味しかった。

店名は、カップに貼られたシールを見るかぎり、「Cafe Anan」というのかな。

つづく。

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2011-05-12 02:39 | タイ | Comments(0)


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『味の形 迫川尚子インタビュー』発売中。姉妹ブログ【ワダ翻訳工房】もどーぞ。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のコメント

食べ物も器もすべて異次元..
by arak_okano at 08:12
残暑お見舞い申し上げます..
by arak_okano at 15:47
商業化されたブランド的レ..
by brd at 07:50
ちなみに狸田、商業的に「..
by tanukidaponta at 23:06
>さて、ビールの、酒の、..
by tanukidaponta at 23:01
こんにちは。 とい..
by brd at 23:20
自由か自由じゃないかとい..
by tanukidaponta at 21:26
おはようございます、アラ..
by arak_okano at 06:20
アラック、こんなに高級で..
by arak_okano at 21:11
料理もビールも高級高級品..
by arak_okano at 21:32

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧