<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ポートランドからやって来た the Side Yard のブランチ in 鎌倉

アメリカ・オレゴン州ポートランドの農園「The Side Yard」の主宰者であり、シェフでもあるステイシー・ギビンズさんが来日して、鎌倉と京都で会食イベント「SEED TO BITES」を開催。鎌倉・長谷にある赤い屋根の古民家「蕾の家」でのブランチ会に行ってきた。

e0152073_1451690.jpg

蕾の家の人が「昨日作ったばっかり」だと教えてくれた手作り長テーブルに参加者は肩を寄せ合い座る。

メニューはThe Side Yardの仲間である「cumbersome multiples」の制作。レトロな活版活字を使ってる。

e0152073_1451925.jpg

地元オレゴン州のクラフト・ジン「UNION GIN」と苺、生姜、シャンパンのカクテル。午前中から、けっこうヘビーなドリンク。「濃い人は割りますよ~」と言って、シャンパンを注いでくれる(笑)。

e0152073_1452162.jpg

一皿目は甘いクレープ。ピスタチオと何の花だろう、花弁が散らしてある。

e0152073_1452574.jpg

苺が入ってる。

e0152073_1452355.jpg

苺のカクテルに苺のクレープという、かわいらしい組み合わせ。

e0152073_1452862.jpg

続いて、手製のクランペットを土台に、ふきのとうのピクルス、エリンギ、小松菜、トップには落ちないようにそーっとポーチドエッグをのっけてオランデーズソースをかけた「ファーム・ベネディクト」。

野菜や卵などの素材は日本のローカルなものを使っている。ただ、大雪の影響で近所のものが届かず、小松菜などは石川県から取り寄せたそうだ。

e0152073_1451899.jpg

パンにはポートランドのベリーのジャム。

e0152073_1453111.jpg

じゃがいも、リンゴ、芽キャベツなどを炒め合わせたところにポートランド産の山羊チーズを散らしてある。

e0152073_1453287.jpg

このチリソースをかけて食べる美味しいのだとか。やってみると、たしかにチーズの風味とあいまって、なんだかアメリカっぽい味になった気がする。

辛いけどタバスコみたいなのとも違う、いろんな味わいが入ったチリソースだった。

e0152073_1453480.jpg

ポートランドのクラフトビール「COMMONS BREWERY」もみんなでテイスティング。

ダークエールなんだけど、ハイビスカス、ラベンダー、カモミールも入った、かわいらしい味わい。

e0152073_1451129.jpg

庭ではマーケットも。カクテルに使われていたジンを買ってみた。

e0152073_1451363.jpg

今回のメニューを作ったプリンター、cumbersome multiplesのカードなども。

e0152073_1451498.jpg

こちらは日本の地場の食材たち。有精卵を買って帰ることに。

ステーシーは「ぜひポートランドに来てください!」と言っていた。Side Yardの農園ボランティアに来てくれたら食事の提供と、宿の世話などもしてくれるらしい。

Side Yardのことが紹介された雑誌「HUGE」の記事を読むと、こういうのもワーク・トレードというか、金銭を介在させない物々交換の試みなんだと書いてあった。社会や経済や政治の状況が良くも悪くも日本より進んでいていろんな体験を経てきているアメリカだからこそ、ステーシーのフレンドリーな態度も、ある種の説得力がある気がする。

庭ではSide Yardへのドネーションを募っていて、ご飯のおひつのようなのが募金箱になっていたけれど、放っておいたらビルが建ってしまう土地を何とか買い上げて畑にしたい、その資金も集めているそうだ。

ポートランドというと、日本ではとかくファッション的な文脈で消費してしまう態度も感じられるけれど、リアルな部分がもっと紹介されるといいと思う。

主催の関係でアート関係の参加者もいて、食のイベントといっても、いつも(よ)が参加するようなムードの会とは一味違ってかなり新鮮だった。

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2014-02-28 01:58 | Comments(4)

忙しいときも、おうちで世界旅行 ~じゃがいもチヂミの作り方~

ごぶさたしてます。

(ゆ)です。

10月ぐらいから本業がものすごく忙しくなってはや5ヵ月・・・。土日もない生活が続いているけど、まもなく余裕が出てくる予定。そうしたらまず温泉にでも行って、爆睡するのが目下の目標(笑)。

忙しいときほど、体調を崩さないよう自炊はしたいもの。

そういうときは、手間をかけないことが美味しさにつながるような性質の料理が合理的だと思い至り、最近はそういうのばかりになってるんだけど、気がつくと同じものをぐるぐるローテーションしがちで飽きてくる。そこで手間いらずレシピのレパートリーを増やそうと、コレクション中。

備忘録もかねて、ここにレシピをためていこうと思う。

題して「忙しいときも、おうちで世界旅行」コーナー(笑)。

よいレシピをご存知のかたは教えて下さいね!

さてその第一弾は・・・

「じゃがいもチヂミ」

e0152073_21484871.jpg

1. じゃがいも(1人につき大1個位)の皮をむいてすりおろす。

2. 塩少々を混ぜる。

3. フライパンにごま油を引き、2のタネを落とす。

4. 外をカリカリに焼くのがおすすめ。

5. 醤油とお酢を1:1の割合でまぜ、ニンニクを好きな量すりおろし、唐辛子の輪切りやチリパウダーか、なければ七味唐辛子を少々ふりかけて作ったタレでいただく。

外はカリッ、中はもちもちの食感がお気に入り。
ニラ、ネギ、ズッキーニまたは海鮮などを加えた豪華版もおいしい。

以前はつなぎにカタクリ粉を加えていたが、新大久保の某人気韓国料理店でチヂミを食べていたときに、そこの親父さんが、うちはつなぎなんて一切入れないよ! とおっしゃっていた。

その通りにしてみたらおいしく出来たので、以来このレシピを愛用している。

(ゆ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2014-02-15 22:06 | おうちで世界旅行(レシピ) | Comments(12)


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『味の形 迫川尚子インタビュー』発売中。姉妹ブログ【ワダ翻訳工房】もどーぞ。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のコメント

食べ物も器もすべて異次元..
by arak_okano at 08:12
残暑お見舞い申し上げます..
by arak_okano at 15:47
商業化されたブランド的レ..
by brd at 07:50
ちなみに狸田、商業的に「..
by tanukidaponta at 23:06
>さて、ビールの、酒の、..
by tanukidaponta at 23:01
こんにちは。 とい..
by brd at 23:20
自由か自由じゃないかとい..
by tanukidaponta at 21:26
おはようございます、アラ..
by arak_okano at 06:20
アラック、こんなに高級で..
by arak_okano at 21:11
料理もビールも高級高級品..
by arak_okano at 21:32

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧