「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

台北 ; 仏教慈済総合医院台北分院で台湾素食を体験する

台北で、病院に行ってきた。

e0152073_5552748.jpg

広大な敷地に建つ、威圧感のある外観の大病院だった。

院名は、「仏教慈済総合医院台北分院」。

MRT大坪林駅から車ですぐ。徒歩だと、ちょっとかかる。

e0152073_5554749.jpg

とにかく院内は広くてゴージャス。

しかし、別に台湾で病気になったわけでも、人の見舞いに来たわけでもない。

台湾で仏教&病院(=健康)といえば素食(ベジタリアン)。

そう、この仏教慈済総合医院台北分院に来たのは、台湾素食探求のため。

やっぱり目的は、食べること。

ここを知ったのは、このブログの記事を見て。2007年の情報だが、今は(2013年)どうなっているのだろうか。

e0152073_5553081.jpg

病院の地下は「大愛美食坊」なる、素食フロアとなっている。

e0152073_5555296.jpg

めいめいに自分の好きな料理をとるブッフェ方式の食堂は「明德素食園」という、素食のチェーン店。

e0152073_5553690.jpg

料理はこんな。

e0152073_5555517.jpg

さっそくトレイを手に、料理を取りにいく。

e0152073_5554049.jpg

昼時をちょっと過ぎていたけれど、まだまだみんな食欲旺盛。

e0152073_556023.jpg

料理を取り終えたら、会計所に。料金は、とった料理の重さをはかって重量で算出する。

e0152073_5554416.jpg

料理の会計を済ませてから、無料のごはんとスープもいただく。ごはんは、白ごはんと五穀米ご飯のようなのと選べる。

白身魚の豆豉炒めのような素(ベジ)のモドキ料理や、豚マメ(腎臓)のモドキのようなのもある。

e0152073_556432.jpg

ダイニングは広いんだけど、あくまで質素。みな気ままに素食のランチを楽しんでいる。

同フロアにはブッフェ以外にもフードコートや、ちょっとしたショップなどもある。

e0152073_5554862.jpg

スイーツ店も、もちろん素食。

e0152073_5561072.jpg

ジューススタンドで、とにかく健康に良さそうな「五行總合養生滋潤蔬果汁」なるものを頼んだら、

e0152073_5555889.jpg

こういうのだった。

果物にきな粉のような穀類っぽいものがミックスされた健康ジュースだ。

e0152073_5561928.jpg

フードコートには日本料理店などもあったが、目をひいたのはイタリアン。

e0152073_556514.jpg

素のピザを注文。

もどきエビともどきイカがのっている、ベジタリアン・シーフード・ピッツァ(笑)。

ネタ収集のつもりで、ほとんど期待はしてなかったが、薄い生地がクリスピーで意外にわるくない。

e0152073_5562617.jpg

ほかにもニューエイジミュージック系を扱っているCDショップがあったり、オーガニックな太子堂のような駄菓子屋があったり、けっこう楽しめる。

さらに別フロアには、

e0152073_67754.jpg

ちょっとオシャレっぽい仏教系書店&カフェの「靜思書軒」もある。

e0152073_674519.jpg

ショップは、オーガニック食材も充実。

e0152073_68784.jpg

石鹸などの雑貨もある。

e0152073_682238.jpg

素食のレシピ本と、素食のインスタントラーメン(!)。

ほかにも、お湯を注ぐだけで食べられる素食のインスタント混ぜごはんのようなのとか、乾麺や、お茶の類なども、ちょっと物珍しい感じで、いろいろ購入してみた。

家に帰ってインスタント食品を食べてみたが、味もよかったし、何だか体に負担がない感じ。日本でも売って欲しいなあ。

お店にいた日本語のしゃべれる女性スタッフは、ここにある商品の一部を作った(開発した?)のだと胸を張っていた。

日本人のお客さんは始めてですよ!と驚いていたので、日本人のブログでここを知りましたよ、と教えると、ふたたび驚いていた。

女性スタッフによれば、病院内にはスターバックスも営業していて、世界で唯一の素(ベジタリアン)のスタバだという。

e0152073_684690.jpg

本当にあった、スタバ。

入ってスタッフに聞けば、お菓子などで卵や牛乳を使っている商品もあるけれど、言ってくれればもっと厳格な素にも対応します、とのことだった。

さて、ここ「仏教慈済総合医院台北分院」。病院に入院している人ばかりじゃなく、家族連れがいたり、我々のように外部から食事だけしに来ている人も少なくない感じがした。

お昼を食べてさっと立ち去る予定が、妙に居心地がよくて数時間もまったり過ごしてしまった。

<2013年9月>

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2014-01-30 11:56 | 台湾 | Comments(12)

しまたい食堂の新年会

「しまたい食堂」の面々と、お客さんとで新年会をやったときの模様を。

e0152073_1261544.jpg

パイデザの平塚さんによる、ロゴとシンボルイラスト。

上島諸島を中心に、両サイドにタイと台湾があって、それぞれ橋でつながっている夢の絵地図。

e0152073_1271795.jpg

会場は人形町の「三日月座」。

メインは、やっぱり下関崇子さんのタイ料理。

e0152073_1281156.jpg

下関さんがトムヤムクンを仕込んでいる隣で、(よ)はトゥアグアンを練る(豆とココナッツミルクで作る芋羊羹のようなタイのお菓子。豆を上島諸島のサツマイモに置き換えて)。

皿に盛り付けた写真を撮り忘れてしまい、一部、お鍋の写真で失礼します。

e0152073_1283657.jpg

上島諸島のレモンを使ったトムヤムクン、完成。

お正月なので、けっこう贅沢にエビを使い、ダシがしっかり出ていて美味。

e0152073_1285056.jpg

上島のひじき入り鶏のガパオ炒め。

前回はラープとひじきだったが、今回はガパオ。たとえば春雨のラープやイカのガパオなど、両料理にはいろんな種類がある。おそらく味付けが万能で、どんな食材にも合うのだと思う、と下関さん。

e0152073_1312171.jpg

にんにくとナンプラーのハンバーグ。

タイの惣菜屋台でもトッピングに常備されていることが多いとか。下関さんが大好きで、スタッフのまかない用も兼ねて、用意してくれた一品。

e0152073_1313328.jpg

イカのゲーンキョウワーン。

タイではイカだけではなく、イカのなかに豚ひき肉を詰めてゲーンキョウワーンに入れることが多いそうだ。

e0152073_1314652.jpg

トムチュー雑煮。

お正月なので、トムチュー(豚肉だんごや春雨の入ったタイのクリアスープ)にお餅を入れてみた(お餅が他の具で見えないけど・・・)。

これが大ヒットで、お代わりして三杯食べたお客さんがいたほど。

もし日本人が何も知らないで食べたら、きっとタイ料理の感覚はしないだろう。それほど餅が合っている。ナンプラーの風味はあるけれど、秋田(しょっつる)とか石川(いしり)とかの、ローカルなエリアにこういう雑煮が存在する、と言われたら信じてしまいそう。

上にトッピングされたパクチーをみつばなどに変えたら、もうかなり普通に雑煮っぽくなるはず。

タイ料理と日本料理を組み合わせて、見かたによってどっちにも思えるような、かつ普通においしいと思える料理を作ってしまうのが下関さんだ。これを(よ)は「だまし絵」のような料理、と密かに呼んで愛好しているのだった。

e0152073_1324699.jpg

(よ)が練っていたトゥアグアンは、こんな美しい型ぬきで正月らしいお菓子に。

e0152073_1325512.jpg

こちらは、ブログ仲間でもあるスタッフZさんが用意してくれた、台湾風のたけのこサラダ。

e0152073_1394817.jpg

添えられたマヨネーズは、これ。

台湾製で酸味が少なく、かなり甘い。「マヨネーズ」とは書いておらず「法式沙拉」(フランス式サラダ)と書いてある。これ、台北ではデパートの食品売場には売ってなくて(輸入品しかない)、ローカルな店で入手したんだそう。

(よ)は台北の海鮮居酒屋で同じものを食べたことがあるけれど、やっぱりマヨネーズが甘くてたけのこが冷やしてあって、ただそれだけなんだが、なんか好きだ。意外な組み合わせだけど、不思議と味にインパクトがある。台湾では、そういう種の料理によく出会う。

e0152073_1335244.jpg

Zさんは台湾のお菓子もいっぱい持ってきていて、みんなに配ってくれた。ありがとう!

e0152073_15242034.jpg

こちらもZさんの台湾スナック。カリカリの椎茸チップと、お肉のパリパリ。

e0152073_134670.jpg

(ゆ)による酔鶏 しまのみかん風味。

現場にパクチーが大量にあったので、ついついモサモサかけてしまっているけど・・・。

今回いろいろ手伝ってくれた台湾出身の方によれば、自宅でお母さんが酔鶏を仕込んでいた思い出があるそうな。かなり普通に家庭で食べるみたい。

e0152073_1364430.jpg

台湾ふう、しまのレモンシロップの豆花。

こちらは今回から参加してくれた、台湾の本も手がけたことのある編集者・りえさんの作。豆花は豆乳をゼラチンでゆるくかため、白きくらげ、りんご、キウイ、クコの実、レモンスライスをトッピングして、レモンをはちみつに漬けたシロップをかけて完成。

e0152073_1361774.jpg

「しまの食堂」の直さんは、定番・ひじきのケークサレを用意してくれた。

e0152073_15301786.jpg

おなじく直さんの、しまのみかんのクラフティ。

「しまの食堂」では、自然農で育った上島諸島の野菜のナチュラルな美味しさを伝えるお料理なども手がけている直さん。

次回は、直さんと下関さんのコラボがもっと密になったら面白いかも。

ともあれ、直さんがいなければ、こんな楽しい会は開けない。今回も感謝。

さて、(よ)は前回の「しまたい食堂」で残ったメコンウイスキーで、上島のレモンのパクチーモヒートを提供。

レシピは、メコンウイスキー、パクチー、パクチーシロップ、レモン、塩ひとつまみ、ソーダ、ビターズ、氷・・・・・・って、それ、ほとんどモヒートと材料かぶってないじゃん!と指摘され、たしかに。パクチーモヒートを名のるなら、少なくともベースはラム。しかも、レモンじゃなくてライムだよね(笑)。

とか言ってたら、レモングラスやバイマックルーや唐辛子使って、今度トムヤムカクテルみたいなのを作ったら面白いんじゃない?と下関さん。うん、いいかも! そういえば、ナームにはタイウイスキーベースの「Siamjito」ってカクテルがあったなあ。あれに近いかも。

そんなこんなで新年会は無事終了。

写真家やデザイナーさん、食関連のライターの方たちや、インディカ米を日本で栽培しているお米の生産者の方とか、いろいろな方にご来場いただき、興味深いお話もたくさん聞くことができました。

ありがとうございました。

今年もよろしくお願いいたします。

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2014-01-17 15:39 | 東京 | Comments(4)

江古田maimaiとhemで真昼間から忘年会を開催

暮れに、大好きなご近所のmaimaiで昼間から忘年会を開催することにした。

e0152073_101082.jpg

お酒がすすみそうな感じの、ベトナムおつまみコースを組んでもらう。

e0152073_123476.jpg

当日のメニュー表。

e0152073_125633.jpg

プレゼンが超かわいい生春巻き。

e0152073_134556.jpg

hemのほうにいるベトナム人スタッフの方の作だという五目蒸したまご、チャーチュン。

e0152073_15188.jpg

帆立貝のクリームチーズ&ネギ油。

クリームチーズ、合う。

お酒、すすむ。

楊枝が刺さってフィンガーフード、というか、スペインのピンチョスみたい。

e0152073_19203.jpg

豚肉レモングラスつくね串。

これも味はもちろん、プレゼンがステキだ。

e0152073_15142100.jpg

トマトのファルシ、バゲット添え。

e0152073_154792.jpg

細いバゲットにレバーパテだけをはさんだ、ハイフォン風バインミー。

絶妙すぎる。

こういうおつまみと333やビアラオダークやダラットワインやネップモイでかなり酩酊。

あえた春雨のミエンチョンと、えびせんに乗ったキャベツサラダと、ラオスソーセージは酔っ払って撮り忘れてしまった。

お手洗いのかえりに、足立さんと立ち話。足立さんはスペインの経験もあって、やっぱりベトナムにプラスしてスパニッシュバル的息吹なども混ざってるのだと思う。

ベトナム料理としてけっこうマニアックで現地を感じさせる味、なのに、誰が食べても美味しくて、かつプレゼンもカワイイ。そんなつまみで、昼間からじゃんじゃんお酒が飲めるって、なんてステキなんだろう。

これで盛り上がらないわけがない。

ぜんぜんまだイケるぞ、ということで、一同、並びのhemにゾロゾロ移動。

e0152073_1543863.jpg

アジアン・リノベ古民家から、ベトナミーズ・チープ・キュートをハイパー解釈したコンテナ屋台へ。

この空間移動によって、さらに興奮するメンバーたちは、手当たり次第にご飯ものと麺をオーダー。

e0152073_1554582.jpg

ブン・カリー。

e0152073_1555953.jpg

コム・ディア。

なんだかんだ言って、こののっけごはんが一番好きかもしれない。

e0152073_156913.jpg

フォー・ガー。

e0152073_1562693.jpg

ラオス北部のカオソイ。

いわゆるタイのチェンマイとかでいう「カオソイ」とは全然違う麺料理。

e0152073_1564174.jpg

おかゆ。

e0152073_1565417.jpg

アボカドアイスのウエハースサンド。

e0152073_157412.jpg

バナナケーキ。

e0152073_1571165.jpg

ベトナム風白玉だんご。しょうが風味だったかな。

さらにヨーグルトコーヒーとか、カフェスアダーとか、頼んだはずだけど、あとからデジカメ確認したら撮影していなかった。

こんだけmaimaiとhemを堪能しつくしたのは初めて。

大人数で長居してしまい、スイマセンでした。

とはいえハシゴ、おすすめです。

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2014-01-08 02:03 | 東京のベトナム | Comments(4)


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『味の形 迫川尚子インタビュー』発売中。姉妹ブログ【ワダ翻訳工房】もどーぞ。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のコメント

食べ物も器もすべて異次元..
by arak_okano at 08:12
残暑お見舞い申し上げます..
by arak_okano at 15:47
商業化されたブランド的レ..
by brd at 07:50
ちなみに狸田、商業的に「..
by tanukidaponta at 23:06
>さて、ビールの、酒の、..
by tanukidaponta at 23:01
こんにちは。 とい..
by brd at 23:20
自由か自由じゃないかとい..
by tanukidaponta at 21:26
おはようございます、アラ..
by arak_okano at 06:20
アラック、こんなに高級で..
by arak_okano at 21:11
料理もビールも高級高級品..
by arak_okano at 21:32

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧