「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:秋田( 6 )

『料理通信』秋田発見ツアー その5 : 横手発酵物語「羽場こうじ店」「天の戸 浅舞酒造」

『料理通信』秋田発見ツアー、前回のつづき。最終回。

「旨めもの研究会」イチオシの大曲納豆汁を堪能した一行は、一路、横手市へ。

e0152073_21411078.jpg

中華そば「マルタマ」で、ご当地B級グルメ。

やったら広々した店内で、本日2回目となるランチを。

e0152073_2140597.jpg

あっさり透きとおった魚介スープに、太さが不均等な感じの細ちぢれ麺。具はシンプル。麩が入ってる。

納豆汁とご飯のあとでも、わりとスルスルっといけてしまった。食後感はラーメンというより、かけそばみたいな和のイメージ。たしかに、ラーメンというより「中華そば」と呼ぶのがふさわしい。

横手市十文字町は中華そばの街で、こういう類の中華そばを出すところがほかにも何軒かあるらしい。横手といえば、B-1グランプリでも優勝した「横手やきそば」が知られているけれど、これもなかなか。そのほか秋田のB級グルメといえば、二種類のカレーをあいがけするカレーライス「神代カレー」も食べたかった。ま、これは次の機会に。

「マルタマ」は中華そば以外にもいろんなメニューがあって、「焼肉中華」「ギョーザ中華」「たぬき中華」などが気になる。「中国ラーメン」は「中華そば」とどう違うのか、なんて言ってるうちに、またまた移動の時間がやって来た。

次なる目的地は、おなじ横手市にある「羽場こうじ店」

e0152073_2141598.jpg

麹と、麹をたっぷり使った味噌をつくる老舗だ。

e0152073_2140573.jpg

仕込んだばかりの味噌を見せてもらった。

味噌作りでは、大豆1:麹1の比率が普通だそうだが、ここでは大豆1:麹3。もっと麹が多い場合もある。三重麹味噌と言って、麹の風味が豊かになり、甘くまろやか。

その麹。

e0152073_21411062.jpg

できたばかりのを、麹室から出して見せてくれた。

e0152073_2141263.jpg

綿のように真っ白でほわほわの菌糸がおおいつくした麹は、なんだかとても愛おしく、どこか神秘めいてもいて、一同「おぉ・・・」という感じ。しばし無言で見とれる。

ちょっと、つまませてもらった

e0152073_2141245.jpg

口に入れてかみしめると、もろもろっと米がくずれ、独特の甘味が口内に広がる。これだけで、すでに美味しい。

よい麹は、菌糸が米の中までしっかり入り込み、米自体が縮んでいくそうだ。

e0152073_21405318.jpg

米に麹菌をうえつける粉状の種麹も見せてもらった。何種類もの種麹があり「これを間違うと、大変なことになるんですよ」とのこと。酒造用、味噌用など用途によってそれぞれ菌の種類が違うわけだ。

麹蔵からショップへ移動。もろもろのテイスティングタイム。

e0152073_2141592.jpg

甘酒は、さすが麹の香りが活きていて、よくあるベタっと甘い甘酒とは違う感じ。

「喜助みそ」三種、味くらべ。

e0152073_2141092.jpg

もちろん自慢の味噌で作った、

e0152073_2141494.jpg

お味噌汁も。

e0152073_2141983.jpg

さらに、リンゴの塩麹煮、大根のなた漬け、茄子の三五八漬け(写ってないけれど)、みそ漬けなど、もう麹三昧、味噌三昧。

e0152073_21594395.jpg

塩麹でつけた野菜の刻み漬け。

これだけ堂々たる発酵由来のおかずたちを目前にして、なにか足りないものが・・・。そう、やっぱり美味しいあきたこまちのご飯でしょう!

というわけで、気をきかせてくれた羽場こうじ店さん、しっかりご飯を炊いて用意してくれていた。

が・・・、納豆汁+ご飯→中華そば、のコースで相当にお腹いっぱい状態のツアー一同。

いや、自分はここでご飯、ぜんぜん大丈夫なんだけどなあ。みんな、ダメ?

どうしようかと悩んでいたら、昨日から同行してくれている羽後交通のバスガイドさんが夕食用のおにぎりにしてくれることに。なんて優しいこと!なんて気のきくこと!

あとは時間ギリギリまでショッピングタイムとなった。

そのまま料理に使ってもいいし、塩麹にしてもいいし、甘酒にしてもいい「羽場のこうじ」はもちろん、「喜助みそ」は絶対に買っていこう。

そして、隠れた名品が「たまり」。味噌造りの副産物だと思うが、なかなか出ないものらしい。ラベルも貼ってない瓶で並んでいたのを見つけ、これもすかさずゲット。自宅で試してみたら、これがまあとろんと濃厚で、ばつぐんに美味い! 醤油の代わりとして、おひたしや冷奴など、なにに使っても絶品だった。

e0152073_2141158.jpg

バスを見送ってくれた羽場こうじ店のみなさん。

さて次は、横手発酵物語、後編。

本ツアー最終見学ポイント、

e0152073_2204967.jpg

「天の戸」の浅舞酒造へ。

e0152073_2215678.jpg

なんとなく高島忠夫似、森谷杜氏。

この杜氏の話が、もう抜群におもしろくて、含蓄深くて、チャーミングで、まさに本ツアーのクライマックスにふさわしい。

e0152073_2141945.jpg

部屋のライトを落としてスクリーンに映像を投影しながらのレクチャー。ツアー終盤、そろそろぐったりしているはずの一行にも目の輝きがもどり、ぐいぐいと引き込まれていく。

e0152073_2225038.jpg

農薬を減らした結果、酒米の田んぼには虫が増えた。

虫が稲に巣をはっている。ふつう、こんなふうには目視できないけれど、天候の妙で巣に水滴がつき、反射する光をとらえた瞬間。

いかにも、米づくり、そして酒づくりのワンシーンといった美しい風景。

写真は杜氏本人の撮影。上手だ。

天の戸の酒は、蔵から半径5キロ以内の田んぼで収穫された酒米を使用している。まさに日本酒テロワール。

その大きな意味は、水。

酒米を育んだ水と、酒の仕込み水が、同じ水源であるということ。

で、その半径5キロをビジュアルでイメージするため、気球に乗って酒蔵の上空から地表を撮影。

e0152073_2232360.jpg

そして、半径5キロの円を描いて、こうしてみんなに見せる。

なんだか、お茶目(笑)。

と同時に、アーティスティック。

美味しい酒を造る杜氏、というだけにとどまらない独特路線の才能を感じ、一発でファンになった。

e0152073_2235280.jpg

さしすせそ(=砂糖・塩・酢・醤油・味噌)を、カッコ(=酒粕と麹)でくくる。

かっこさしすせそ。

つまり、酒造りに欠かせない麹と、酒造りと切っても切れない酒粕は、砂糖、塩、酢、醤油、味噌の5大調味料につぐ、第6、第7の調味料である、と。

話はすこし脱線するが、秋田弁で母さんのことを「あば」という。

そして「あば」よりもうすこしレベルの高い奥さん、というか、行事のときに晴れの日の料理を代表して作るような女性のことを「じゃっちゃ」というのだそう。

その「じゃっちゃ」の味つけを覚えた一般の母さんたちが、同じを味を各家庭に広めていくという習慣が、かつてあったそうで、そのときから麹で作った甘酒で甘味をつけたり、酒粕をかくし味にしたり、という手法があったそうな。

秋田はもともとは味醂文化ではないそうだ。

そこで、麹と酒粕が秋田の味を作ったのじゃないか、と。

うーん面白い、かっこさしすせそ。

e0152073_2245686.jpg

酒造りを左右する大事な水を味わう。

もちろん美味しい。

そして、この水場自体が、神聖な場所であるかのように神々しいオーラを放っているではないか。

新幹線の時間が恨めしい。急ぎ足のレクチャーを聞きながら、天の戸のお酒を試す。

e0152073_2254757.jpg

黒麹で仕込んだ「KURO」は一口ふくんだだけで、おっ?となる美味が広がる。酸が強調された今まで体験したことのない酒の味。

e0152073_2261526.jpg

山芋の酒粕漬け。

e0152073_2264263.jpg

チーズのような豆腐の酒粕漬け。

あぁ~もっとゆっくり飲んで、つまんでいたい。

でも、もう時間がないらしい。

新幹線に間に合わないと、まずい。

あたふたと、お酒を2本、そして酒粕、ではなく「酒香寿」をゲット。

この「酒香寿」がまたほんとに美味しくて、自宅でわさび漬けにしてみたら、かなり良かった。

e0152073_227441.jpg

おみやげにもらった酒まんじゅうは、こまち38号にゆられつつ、ほんとんど食べてしまった。

バスガイドさんが握ってくれたおにぎりも、美味しくいただいた。

そうそう。

バスガイドさんといえば、天の戸から大曲駅までの車中でやったジャンケン大会の賞品として、自宅で実ったという渋柿をくださった。やわらかく熟すまで放っておいたあとに冷凍したら柿シャーベットとして美味しく食べられるというアドバイス。そのとおりに実行したら、本当にとろみのある濃厚な氷菓となって美味!

とにかく2日間でまわれる場所をすべて網羅しようと目論んだ、良い意味で欲深き秋田発見ツアーも、これでおしまい。

ふだん似たようなせわしない旅をしていたりするので、個人的にはまったく問題なく、むしろ良いペースだったのだが、みなさんはどうだったのだろう。

美味しいものをいただきながらも、森谷杜氏をはじめ、やっぱり人だな~と。ツアー一同を手厚くもてなしてくれた秋田の人たち、そして秋田県庁の方や、ツアー会社の方、そしてもちろん、料理通信のスタッフ、個性的な参加者のみなさん。とにかく人の魅力にあふれた旅だった。

個人的なことを言えば、2012年11月は、どういうめぐり合わせか、申し合せたような秋田月間だった。

本ツアーの翌週には、日本各県の食材でタイ料理を作るイベント「ヤム!ヤム!ソウルスープキッチン」が、なんと秋田特集。毎回、主催者が該当地域を取材して出会った生産者の食材をイベントで使用するが、地域的に男鹿から県北メインの食材チョイスで、偶然とはいえ、『料理通信』のツアーとは見事にかぶっていない。これもある意味、面白いなあと感じたり。

いずれ自分の足でも旅してみたい、秋田。

いま雪下ろしが大変そうですね。

みなさん、新年も元気でやってますか。

またお会いしましょう!

<2012年11月>

おわり。

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2013-01-07 22:27 | 秋田 | Comments(0)

『料理通信』秋田発見ツアー その4 : 角館のイタヤ細工づくり・大曲納豆汁と豆腐かまぼこ

『料理通信』秋田発見ツアー、前回のつづき。

「たざわこ芸術村 温泉ゆぽぽ」に一泊。ブッフェの朝食をとってチェックアウトし、観光バスで角館へ。

e0152073_313853.jpg

あいにくの天気だったが、さすがみちのくの小京都。ふとした街角にも趣きあり。

一行が向かったのは「仙北市立角館樺細工伝承館」

ここで秋田の伝統工芸、イタヤ細工の体験学習に挑戦する。

e0152073_3182637.jpg

秋田弁のお父さんとお母さんによる実にフリースタイルな指導のもと、イタヤカエデの若木を割いた薄板を編んでいく。手芸や工作のたぐいに縁遠いこともあってか、日ごろ未使用の脳部位がなかなか起動せず。

こういう作業を大勢でやると、おのずと上手下手や、才能のあるなしが露わになってしまい、すこし緊張。この感じ、小学校時代の図工の時間っぽい。懐かしい楽しさ。思えば会場も学校の教室のようで、気がつけばもうみんな夢中。

薄板は乾くと折り曲げづらくなるので、適宜水につけたりしながら編み進んでいく。

e0152073_3131239.jpg

イタヤ馬の完成!

黄色い梱包用ロープでも、おさらい。見返りイタヤ馬にしてみた。

完成した瞬間のつぶやき

できた!の感激。タイムスタンプを見たら9時前。朝からみんなでこんな作業に没頭しているのも、結構レアな体験。やっぱり子ども時代を思い出す感覚。

一同を沸かせたのは、アメリカ人女性のツアーメンバーが作ったデザイナーズ・イタヤ馬。

e0152073_3133541.jpg

長い耳がカールし、尻尾が三本に枝分かれし、脚も長い。秋田 meets USA。というか、北欧の民芸のような(単なるイメージ)、非アジアの息吹にみな感心。

これに触発され、オリジナルに挑戦しはじめる者多数。薄板を半分の幅に裂き、ミニサイズのイタヤ馬を作ったりと、発展系スタイルがいくつも出来上がった。

おのおの自作のイタヤ馬を手に、お次は角館武家屋敷見物。

e0152073_313114.jpg

雨だし、寒いし、チラ見で。

上の写真は松本家。バスガイドさんによれば、映画「たそがれ清兵衛」ロケに使われたんだそうな。

さらにその足で、「地酒処 君ちゃん」へ。

e0152073_3132536.jpg

試飲用のボトルが表にずらり。がっこをつまみに、何種類も地酒をためす。店内にはテーブルのある一角が用意されていて、熱い茶をすすりながら、またまたがっこをぽりぽり。まったり落ち着いてしまっている一団も。

地元酒蔵「秀よし」製の君ちゃんオリジナル「角館四季 冬 原酒」を一本と、「君ちゃん家のいぶりがっこ」をゲット。

さて先を急ぐべし。バスは花火で知られる大曲を目指す。

道中、休憩がてら寄った道の駅「なかせん」で気になったのが、

e0152073_313325.jpg

これ。

秋田名物いぶりがっこの、漬ける前。つまり燻製&干した状態の大根。

ツアーメンバーの蕎麦職人さんが買ったのを二本ほどわけてもらうことに。自己流で、味噌だまりに漬けたり塩麹に漬けたりしてみたが、これがけっこうイケた。蕎麦職人さんはそばつゆのかえしに漬けてみたそうだ。そっちも美味そう。

そのほか、ここでは天然の山わさび、根っこも美味しそうな芹、辛味大根、りんご、枝つきの生唐辛子、そして秋田出身のツアーメンバーのお母さんが作ったという「ピーマン味噌」などなど一挙入手。

バスにもどったら、燻製大根の香りが車内に充満(笑)。

いぶりがっこ、昔は家庭の囲炉裏の上に干していたそうだ。きっと室内に干していたら偶然燻製になってしまい、漬けてみたら美味しかった、というのが起源なんだろう。なんてことを芳しい大根の香りを嗅ぎながら考えていると、ほどなくたどり着いたのは、大曲銘菓の店「つじや」

e0152073_3132866.jpg

ここの看板は豆腐かまぼこに、豆腐カステラ。

e0152073_313984.jpg

伊達巻のようにロール状のが、豆腐かまぼこ。豆腐と白身の魚肉を甘く蒸しあげた郷土菓子で、味も伊達巻っぽい。

右上の四角いのが豆腐カステラ。豆腐かまぼこのタネに卵を加えて焼き上げたもので、ともにお菓子のような、おかずのような、懐かしいような、はじめての味。地元では、おせち料理やお茶うけとしての位置づけみたいだ。

e0152073_313410.jpg

試食に出してもらったのをつまむ。手前の豆腐カステラ、いちばん向うの豆腐かまぼこ。その間にあるのが、これまた「つじや」の看板、三杯もち。

e0152073_313564.jpg

三杯もちは、もちもち食感の羊羹のような菓子で、これまた親しみがわくと同時に新鮮な食味。「つじや」のは、他製品より小豆餡の比率が高いのだそう。『料理通信』のスタッフが「きな粉をつけて食べると美味しい」と言っていたので、帰宅後にためしたところ確かにベストマッチだった。

e0152073_313414.jpg

一同「つじや」のお母さんの熱心な解説に耳をかたむける。

と、ふと気になるのは、うしろにある「大曲昭和四十三年会」の看板。

こ、これは・・・。

大曲に引っ越せば自分にも入会資格があるかも、と思っていたら、お母さんの息子さんで「つじや」の社長が大曲昭和四十三年会所属。さらに社長は地元で「旨めもの研究会」なるグループを組織し、大曲納豆汁を秋田郷土食として普及せんと、B級ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」にエントリーするなど、多方面で精力的な活動を展開する地元名士なのだった。

うーむ、しかし残念。

当日、社長は所用で東京。入れ違いだった。

『料理通信』スタッフによると、前回取材で訪れたさいは「つじや」の話より納豆汁の話のほうが長かったそうで(笑)、これは食べなきゃ帰れないと、急きょ大曲納豆汁を味わいに行ったそうだ。

というわけで、本ツアーも同じコースをなぞるのである。

e0152073_31366.jpg

すぐ近所の日本料理店「花よし」に用意されていた、大曲納豆汁。

お供は愛しのいぶりがっこ。

e0152073_3131158.jpg

お店の方たちの話を聞きながら、熱いうちに。

「旨めもの研究会」のウェブサイトに行けば大曲納豆汁のすべてが記してあるけれど、いちおう簡単に説明しておこう。

ざっくり言えば、すりつぶした納豆入りの味噌汁のようなもので、具は山菜になめこなど茸類、豆腐に里芋、あとはにんじんなど根菜が具となる。肉は入らない。納豆と味噌のダブルの旨み、そして納豆の粘りによる汁のとろみがじんわりとクセになる感じ。納豆をすりつぶすさいは、すりこぎを使うと粒が逃げるので、大根ですりおろすのだそうだ。

関東人にとって納豆といえば水戸だけど、秋田も「納豆発祥の地」の碑が立つほどの納豆王国。

大曲納豆汁は秋田のソウルフードなのだ。

オリジナル・イタヤ馬を作り上げたアメリカからの彼女は納豆が苦手だそうだが、この納豆汁は問題なく食べられたそう。

せっかくだからと一緒に出してくれたあきたこまちのピカピカご飯がすすむすすむ。一気にパクパクパク。

さて、食いしん坊ツアーはこのあとさらに、ご当地ラーメンで2度目のランチ予定!

つづく。

<2012年11月>

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2012-12-27 03:48 | 秋田 | Comments(6)

『料理通信』秋田発見ツアー その3 : 「たざわこ芸術村 温泉ゆぽぽ」の夕食

『料理通信』秋田発見ツアー、さらに前回のつづき。

本日の宿「たざわこ芸術村 温泉ゆぽぽ」に到着。部屋でひと休みしてから夕食の会場へ向うと、

e0152073_23281016.jpg

なにやら奥のほうに人だかり。

e0152073_23281388.jpg

人を集めていたのは、きれいな盛りつけのお皿ふたつ。

e0152073_2328337.jpg

花輪のように美しく盛られているのは、なんと、がっこ(漬物)だった。

こんなにゴージャスなお漬物を見たのははじめて。

e0152073_23275884.jpg

感嘆とともに、逆サイドからのアナザーカット。

これ、「ごっつお玉手箱列車」の漬物を作った佳子さんと、干し柿をつくったけい子さんの、「けいこコンビ」による作品なんだとか。大根各種、高菜、なす、ヤーコンなどが盛り合わせになって、さらに菊で飾られ色彩豊か。

サプライズな差し入れに一同感激。

各々取りわけて席で味わってよいのだが、この美しさを記録しておきたい気持ちから、そして美しい盛りつけを崩すのを躊躇する気持ちから写真を撮るばかりの一同。で、あらかた全員が撮影し終え、そろそろいいかな、というところでやっと漬物を取りわけ着席。けいこさんコンビも一緒に、夕食のスタート。

「冬紅葉」と題されたしながき。秋田の食材にちなんだ品々だそうだ。

e0152073_2328170.jpg

しめじと菊のおひたし。上にちらしてあるとんぶりも秋田の名産。

e0152073_2328091.jpg

もみじといちょうで色とりどりの前菜九品。

いちょうに隠れたあたりは見えないけれど、そこから時計回りに地柿の白和え、落葉パプリカ、いくら醤油漬、銀杏のほうば味噌焼き、山茸煮こごり、くるみとレーズンの入った鶏の松風焼き、月冠玉子、みずの実たまり漬け、そしてまんなかは本日再登場、西明寺栗の渋皮煮。晩秋の秋田なり。

東京ではあまり見かけないみずの実は、すこしぬめりがあって噛むとシャクシャクした独特の歯ごたえでクセになる。秋田をはじめ、東北が産地のよう。翌日に寄った道の駅でも生のみずの実が売られていた。

そうそう、この夕食のために特別に用意された秋田のお酒が五つ。

e0152073_2328933.jpg

IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)のSAKE部門にて「チャンピオン・サケ」を受賞したという「大吟醸 福小町」(湯沢市・木村酒造)、「純米吟醸 雪の茅舎」(由利本荘市・齋彌酒造店)、「秘伝山廃 雪の茅舎」(齋彌酒造店)、古酒の「山吹 ゴールド」(大仙市・金紋秋田酒造)。

以上を味くらべしながら、つぎの料理へ。

e0152073_23281036.jpg

岩魚の田楽と本荘無花果の甘露煮。

e0152073_2328441.jpg

秋田錦牛と山内芋のしぐれ煮。秋田のブランド牛と、横手市山内産の芋の子=里芋。

ここで突然、知らされていなかった飛び入り。

e0152073_2328671.jpg

劇団わらび座による、民謡ショー!

e0152073_23281083.jpg

わらび座は「たざわこ芸術村」内に「わらび劇場」をかまえ、ミュージカルから民謡までこなす多才な集団。

ショーのクライマックスは、バカ囃子。地元、角館のお祭で「曳山」と呼ばれる山車が路上で激しく衝突するときに奏でられるリズムの強烈なお囃子で、祭好きな(よ)はもう血が騒いでしょうがない。こんど角館のお祭、ぜひ見物しに行ってみたい。

さーて、一気に場があたたまったところで、さらに料理。

e0152073_2328119.jpg

紅鱒のあらい。

からし酢味噌が合う。鮭かとおもったら、淡水の紅鱒なんだそうだ。帰ってからネットで調べると、田沢湖には淡水で紅鱒や岩魚を養殖しているところもある。そういった食材かどうか、詳しく訊ねるのを忘れてしまったけれど。

e0152073_2328860.jpg

山なめこの稲庭うどん。

e0152073_23371453.jpg

湯葉包み豆腐。地元の大豆使用。

e0152073_23362633.jpg

神代産「山の芋」鍋。

山の芋だんごと、比内地鶏と地場野菜。山の芋=神代芋は、長芋とくらべて粘りが強く、つなぎなしでだんごになるとか。素朴な食感。

e0152073_23362866.jpg

あきたこまち新米の舞茸ごはん。

e0152073_2328638.jpg

大根のぶどう漬けと、いぶりがっこ。

じつは秋田から帰ってきてから毎日いぶりがっこを食べている。燻製の香りと小気味よい食感、はまる。

e0152073_2336296.jpg

最後はビールのゼリーに生クリームと果物をのせたデザート。

2012WBA(ワールド・ビア・アワード)でワールド・ベスト・アルト・ビールに選出された、田沢湖ビール「アルト」のゼリーだそうで、今思えば「アルト」そのものを飲まなかったのが悔やまれる。

夕食に参加した「けいこコンビ」のうち、農家民宿「泰山堂」を営む藤井けい子さんとお話することができた。

あんなに美味しい漬物や干し柿を作るけい子さん、宿ではどんな料理を作っているのか訊ねると「無国籍勝手料理よ!」と即答。参加者に配られた秋田グリーン・ツーリズムのガイドブック『GREEN NOTE』に掲載された泰山堂のページを見せてくれた。素敵な囲炉裏のある部屋の写真の下に、アジアからの留学生たちが、けい子さん作の炒飯のようなご飯料理を食べている写真が。地場の食材をもとに、なんでも自由自在なんでしょうね~。

いい感じにテンションの上がった一同。シメの記念撮影は「ハイ、チーズ!」ではなく、どういうわけか「加トちゃん、ぺ!」がシャッターの合図に。

解散後、どうも飲み足りず、

e0152073_23362652.jpg

館内のお食事どころ「ばっきゃ」で、ビール飲みくらべ。

e0152073_23362731.jpg

さらに、日本酒飲みくらべ。

つまみにまた、がっこ。

同行の『料理通信』スタッフ、秋田県庁の方、旅行代理店の方をまじえ、またしてもどういうわけか「いなかっぺ大将」の話をしていたら(風大左衛門は秋田でなく青森出身)、じきにオーダーストップ。閉店。

そのあと温泉大浴場へ。一緒に湯につかる旅行代理店の人に、まったく知らなかった六郷の祭「竹うち」の話を聞く。自宅に戻って動画を見たけれど、こ、これはすごい。食とはまた別の角度から秋田に興味津々。

さらに、秋田は台風などの自然災害が少なく、米などの農作物もだいたい毎年たいらに採れるので、どっちかというとのんびりした県民性なんだというような話も。だから食文化のプロモートにも、これまではあんまり熱心ではなかったそうだが、もともとタイなんかのアジア好きな性分だし、のんびりした人たちと合う気がして、むしろ好感を抱いた。

広々とした風呂で、盛りだくさんな一日をふり返り、満足満足。

つづく。

<2012年11月>

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2012-12-01 23:58 | 秋田 | Comments(2)

『料理通信』秋田発見ツアー その2 : 湖畔のビール醸造所&レストラン「ORAE」

『料理通信』秋田発見ツアー前回のつづき。

孫六温泉の湯上りに、キュ~ッとビールを一杯。

e0152073_1544784.jpg

一行がやってきたのは「湖畔の杜レストラン ORAE」

ここは、田沢湖畔の素晴らしいロケーションで営業しているブルワリー・レストラン。つまりビールの醸造所が併設されたレストランというわけ。

広大なダイニングに入るとまず目に飛び込んでくるのは、金色に輝く大きなビール仕込み釜がみっつ、そしてうしろには夕闇の小雨にけむる田沢湖の絶景。これだけで圧巻。

とにもかくにも、まずは一杯。

e0152073_1544382.jpg

ピカピカのビールサーバーからつぎつぎに注がれているのは、

e0152073_1544045.jpg

こまちラガー。

秋田こまちのお米を使って仕込んだオリジナルのビールで、キレがあって飲みやすい。夕飯は宿にチェックインしてからということで、ここではビールの試飲のみの予定だけれど、何かつまみがほしくなる。

醸造家の秋田美人による解説に耳をかたむけながら、さらにこまちラガーをグイっと。

e0152073_1544097.jpg

ビール醸造では、2釜式が普通なんだそうな。

e0152073_1544424.jpg

でも、ORAEは3釜式。

右から煮沸釜、まん中が濾過釜、そして左が「こまちラガー」に欠かせないライスクラッカー。米を糖化させるための釜で、ここ独特のもの。

さらに、

e0152073_1544453.jpg

上が秋田独自の酒米「秋田酒こまち」を使用した生産量限定の「天心」の見本品。

ふつうは「ORAE」で出していないそうだが、本日は特別に少量が用意されているということなので、さっそくオーダーすると、

e0152073_2302456.jpg

ラベルの貼られていない瓶で出てきた。

ふつうの「こまちラガー」より、さらに苦味が少なくさらっとしており和食に合いそうな感じがする。それでいて上品な苦味の余韻が長い。

東京なら伊勢丹で買えるんだとか。

とにかく限界までスケジュールをつめこんだ、よくばりツアー。時間が限られているのが残念だが、食事のメニューをぱらぱらチェック。

すると、「田沢湖産きのこのオリーブオイルマリネ」「田沢湖産のニジマスのスモークのピッツァ」「田沢湖の長芋と茸のはいった稲庭うどん」「比内地鶏のグラタン」「秋田銘柄豚『桃豚』のカツカレー」「西明寺栗のケーキ」などなど・・・秋田産の素材を活かしたそそられる料理がズラズラと。

あ~また来るしかない!

売店で、これまたそそられるお土産を。

e0152073_1544654.jpg

まず、今回テイスティングした米の使われたビールとは、また別タイプのコクのある「デュンケル」と「天涯」を購入。

e0152073_1544368.jpg

さらに、さなづら液も。

「さなづら」は山葡萄の液をゼリー状にかためた秋田銘菓だけど、これはビールとカクテルのように合せて飲むための山葡萄のジュース。「天心」とあわせるとベストマッチだそう。

e0152073_2434261.jpg

あと外せないのは、オリジナルの「行者にんにくソーセージ」。

これ、ビールに合う!茹でると、それだけで行者にんにくの食欲をそそられる香りが。茹でたあとフライパンで表面だけカリッとさせて、ビールのおつまみに。

ちなみに、

e0152073_1544568.jpg

韓国ドラマ『IRIS アイリス』の撮影が、ここ「ORAE」で行われだんだとか。出演のイ・ビョンホンさんとキム・テヒさんは「デュンケル」と「こまちラガー」を飲んだそうな。へ~。

なんて感心している暇もなく、無情にもバス出発の時間がやってきた。

30分ほど走って、

e0152073_1544715.jpg

今夜の宿泊地、「たざわこ芸術村温泉ゆぽぽ」に到着。

さあ、夕食の時間!

つづく。

<2012年11月>

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2012-11-28 02:45 | 秋田 | Comments(0)

『料理通信』秋田発見ツアー その1 : ごっつお玉手箱列車は旅と食のエンターテイメント

『料理通信』2012年11月号。

e0152073_264559.jpg

本号掲載の「食の文化遺産巡り 第12回 秋田」、最後のページにあった「秋田発見」プロジェクト・モニター募集に応募したら、当選した。

記事で紹介されていた麹蔵やブルワリー併設レストランなどを中心に、角館、田沢湖、乳頭温泉、大曲、横手を巡りながら、秋田の食を満喫する一泊二日のツアーだ。

個人的に秋田というと、しょっつる、はたはた、なまはげ(食べ物ではないけど・笑)、の3つが即座に思い浮かぶが、これらはすべて日本海側に突き出た男鹿半島の名物。一方、今回はどちらかというと岩手寄りの内陸部を行くコースで、恥ずかしながら何があるのかあんまり知らない。そのぶん楽しみでもある。

11月某日、一行はまず東京から秋田新幹線こまちで、みちのくの小京都、角館へ。

e0152073_274111.jpg

昼ごろ、角館で秋田内陸線に乗り換え。

e0152073_281517.jpg

三両編成の先頭には、桜と紅葉がペイントされた要予約のお座敷列車が連結している。

e0152073_285545.jpg

これこそ、本ツアー最初のアトラクション、「ごっつお玉手箱列車」

角館を出発し、つぎつぎ駅に停車するたび沿線農家のお母さん(一部、お父さん)が、ごっつお(ごちそう)を運び込んでくるという、開催日限定のイベントお座敷列車だ。

e0152073_291830.jpg

各席に、おしながき。

毎回、テーマがあるようで今回のお題は「栗・くり・クリ」。

ちなみにパンフレットにあった別の日のテーマを紹介しておくと、9月が「夏バテ解消」、12月が「年越し・正月料理」、1月が「もちもち寄せて」、2月が「雪国保存食」、3月が「春よ来い!」、といった感じ。

まず出てきたのは、

e0152073_293825.jpg

「弘子さんの焼き栗」。

おしながきには、持ってきたお母さんの名前も書いてある。栗はつぶが大きい地元の西明寺栗。

つづいて羽後太田駅では、

e0152073_295650.jpg

「けい子さんの干し柿」。

かじると中はジャムのようにトロりと柔らかく、とても甘い。

かわいらしいピンクのリボンで袋をとめてある。

さらに西明寺駅からは、

e0152073_2102651.jpg

「佳子さんのつけもの」。

つけものは秋田弁で「がっこ」。左手前の茶色いのが、燻製にした大根をつけた秋田名物いぶりがっこ。

八津駅からは、

e0152073_210498.jpg

「節子さんのおそば」。

羽後長戸呂駅からは、

e0152073_211652.jpg

「富士美さんの栗ご飯」。

松葉駅からは、

e0152073_211226.jpg

「勝子さんのおかず」。

煮物や、きのこソースがかかった鮭のムニエル風や、かぼちゃのグラタン風、いちじくの甘煮など、じつに家庭料理っぽいおかずの数々。

e0152073_2113876.jpg

「昭子さんの栗のスイーツ」は、西明寺栗の渋皮煮。赤ワインをつかった、なんだかおしゃれな味。

e0152073_2115452.jpg

さらに、おやき。

e0152073_212824.jpg

お土産に、生の西明寺栗。

こうやって順々に出されると、すべての食べ物を一度に写真に収められない。そう不満を抱く観光客がいることを知っている主催者は、

e0152073_2123978.jpg

撮影用「ごっつおセット」を、端の席に用意してくれていた。なんとまあ親切な。

e0152073_2133921.jpg

漢字の読みが変ってる笑内(おかしない)駅に着けば、1時間あまりにわたって展開されてきた「ごっつお玉手箱列車ツアー」のゴールも間近。

県内最長、一直線で中ほどから入り口と出口が見える十二段トンネルを通過すると、絶景ポイント、大又川橋梁へ。

e0152073_2145852.jpg

列車も徐行して景色を眺める時間を作ってくれる。

ごっつお玉手箱列車は、手作りフィーリングあふれる旅と食のエンターテイメントだった。

移動しながら景色を楽しむ感覚にプラスして、通過するそれぞれの場所から微笑ましい手料理が届けられる楽しさが折り重なる。一見素朴なようでいて、実はこれ、けっこうリッチな移動の楽しみ方だ。列車に乗って土地の名物駅弁を食べたりするのは普通だけど、その楽しさが列車に乗っている間じゅう駅ごとずっと続くわけだから。

干し柿を作ったけい子さんは、この日の宿の夕食に参加してくれた。そこで、玉手箱列車のあるお客さんが「食べ物を出す順番が違うんじゃないか?」と言ってた、と笑う。

ある程度出すものの順番は考えてるんだろうけど、基本的に農家のお母さんたちは自分の近い駅に料理を届けるわけで、出てくるものの順番はしょうがない。「そのお客さんは秋田の人だった」と言って、けい子さんは2度笑っていた。

そもそも玉手箱なんだから、何がどう出てくるかわからないのが醍醐味だ。

けい子さんによれば、もっと速度を落とした、ゆっくり走る玉手箱列車の計画もあるとか。

確かに、駅に着いて手作り料理が運び込まれ、写真撮影してから食べて、仲間と感想を言い合ったりしていると、ゆっくり外の景色を見る間もなく、次の駅に着いてしまう。

もっと長閑な、ゆっくり列車でいい。

しかし、別の車両には一般乗客も乗ってるんじゃなかろうか。ゆっくり列車はまずいか。

そんなことを考えている間に、阿仁合駅へ到着。

e0152073_2153132.jpg

一行はここで下車。

e0152073_2155969.jpg

盛大に見送られながら、観光バスに乗り換え、内陸線と併走する羽州街道を、もと来た方向に戻る。

e0152073_2163280.jpg

ほんとうに熊は出るのだろうか。

内陸線、比立内駅ちかくの、道の駅「あに」内の「またたび館」で土産を探す。

e0152073_217549.jpg

おぉ、いきなり熊肉。そして、馬ホルモン。

ここはマタギの里。

内陸線に「阿仁マタギ」という駅もあった。

e0152073_2182334.jpg

熊の油も。

e0152073_217243.jpg

これは見慣れぬ、トンビ舞茸。

「お茶っこにして飲んできゃんせぇ」とラベルに。

e0152073_2473915.jpg

こちらは、茶色いトンビ舞茸。

きけば、いわゆる舞茸とは違う種類の茸らしい。

味比べをしようということで、ある参加者が茶色のトンビ舞茸を購入したので、こちらは黒いのを。

あとで飲んだら、お茶というより茸だしがでたスープみたいな感じ。塩を入れてもいいよ、と店の人。

e0152073_2184680.jpg

またたびラーメンは、またたびの粉を麺に練りこんであるらしい。どんな味なのか。

「またたび館」の店名どおり、またたびの産地らしい。

e0152073_2191740.jpg

たわむれに、またたびの木を購入。近所の猫に効果絶大。

土産物色が楽しい。

道の駅をあとにし、さらに走って田沢湖を通過。一行は乳頭温泉郷へ。下車して小雨ぱらつく山道をてくてく歩くと、孫六温泉にたどり着いた。

e0152073_2202654.jpg

硫黄の香りが漂う露天に浸かると、ピリッと肌にしみるようなここちよさ。

人里はなれた風情は、まさに秘湯。

あぁ、ゆっくり命の洗濯・・・なんて時間はもちろんなく、よくばりツアーは早々に次の目的地へと向う。

つづく。

<2012年11月>

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2012-11-22 02:29 | 秋田 | Comments(2)

『料理通信』秋田発見プロジェクトモニターツアーに参加してきた

Joined a trial tour to rediscover the attraction of Akita hosted by "Ryoritsushin", a monthly magazine specialized in food. During the tour, we visited many places offering delicious local specialty including the following. We will introduce more details of each specialty through this blog.. [November, 2012]

『料理通信』誌主催、「秋田発見プロジェクト・モニターツアー」に参加した。

e0152073_275152.jpg

「羽場こうじ店」の、こうじ蔵見学。

中は温度と湿度を高く保ってあるので、カメラのレンズがくもってしまう。

e0152073_275298.jpg

B1グランプリにも参戦した、大曲納豆汁。

納豆はすりおろしてあって、とろんとした納豆のぬめりとうまみが食欲を刺激する。日本料理「花よし」にて。

e0152073_28791.jpg

秋田の地酒「天の戸」の浅舞酒造見学。森谷杜氏の話がおもしろくて、酒も最高なんだけど、なにかアーティスティックなセンスをびんびん感じてしまう。レクチャーで映写された写真も、ご自分で撮影していたりして、その写真がまた上手。

などなど。

さっき帰ったばかりだけど、興奮さめやらず、かるく記事にしてみた。

近日中に詳細をアップ予定。

@oishiisekai ではリアルタイムでツイートしてみました。

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2012-11-19 02:32 | 秋田 | Comments(6)


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『味の形 迫川尚子インタビュー』発売中。姉妹ブログ【ワダ翻訳工房】もどーぞ。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のコメント

食べ物も器もすべて異次元..
by arak_okano at 08:12
残暑お見舞い申し上げます..
by arak_okano at 15:47
商業化されたブランド的レ..
by brd at 07:50
ちなみに狸田、商業的に「..
by tanukidaponta at 23:06
>さて、ビールの、酒の、..
by tanukidaponta at 23:01
こんにちは。 とい..
by brd at 23:20
自由か自由じゃないかとい..
by tanukidaponta at 21:26
おはようございます、アラ..
by arak_okano at 06:20
アラック、こんなに高級で..
by arak_okano at 21:11
料理もビールも高級高級品..
by arak_okano at 21:32

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧