ニューヨーク、パリ、ロンドン、ベルリン、バルセロナ、東京 「世界のシティ・ガイド CITI×60」

(ゆ)です。

ガイドブックの翻訳をしました。当ブログ【美味しい世界旅行】的にも興味深いネタがけっこう掲載されていますので、ここで紹介させていただきます!

d0159238_840218.jpg

「世界のシティ・ガイド CITI×60」

ニューヨーク、パリ、ロンドン、ベルリン、バルセロナ、東京。それぞれの街の地元クリエイター60人がおすすめする60カ所のスポットを紹介したコンパクトな都市ガイドブックシリーズです。

アート&デザイン、建築、グルメ、エンターテイメント、ショッピングの5カテゴリーで、定番観光地から最先端スポットまで街の見どころをピックアップ。東京のパイ インターナショナルさん(日本語版)と、香港のvivtion:aryさん(英語版)の同時発売で、わたしはニューヨーク版、パリ版、ロンドン版、ベルリン版、バルセロナ版の英日翻訳を担当しました。

とにかく装丁がかわいい! 表紙カバーの絵地図は、カバー用紙の裏側に印刷されたものが折り返されているという凝った仕様になっております。

食いしん坊のわたしとしては、各都市の飲食関連のスポットに大注目。それぞれ1カ所ずつグルメカテゴリーの掲載を紹介しようと思います!



『世界のシティガイド CITI×60 New York ニューヨーク』

d0159238_84074.jpg

アーティスト/グラフィックデザイナーのケリ・アンダーソンさんのおすすめは、ブルックリンの「スモーガスバーグ」。

スモーガスバーグといえば、いまアメリカで盛り上がっているインディペンデントな食のアルチザン文化の見本市のような野外マーケットで、世界中の意識的な食関係者なら誰もが注目しているスポットと言っても過言ではありません。ニューヨークに旅行したら、わたしも必ず真っ先に駆け付けたいよだれモノの場所です!

スモーガスバーグ以外でも、ブルックリンといえば、西のポートランドと並んで個人的にチェックしたいスポットだらけです。本書には掲載されていませんが、個人的にはジャムの「アナーキー・イン・ア・ジャー」、食材店の「イースタン・ディストリクト」、影響力のあるレストラン経営者アンドリュー・ターロウの「ダイナー」などなど、訪れたいスポットを挙げたらきりがないです。そのほかにも「aska」「ALDER」「TORST」など気になる飲食店がいくつも。

わたしも近々、この『世界のシティガイド CITI×60』を片手にニューヨークに行ってきます!(きっと!)



『世界のシティガイド CITI×60 Paris パリ』

d0159238_8401772.jpg

日本人スタイリストであり『コード』マガジンのファッションディレクターでもあるカナコ・B・コガさんのオススメは、「セプティーム」。シェフは、かのアラン・パッサールのもとで修業。食のトレンドである北欧やネオビストロの流れをくんだ、カジュアルかつモダンなフレンチレストラン。

ここ何年かはパリでも、それほど高くないビストロ値段でガストロノミックな料理を提供する(ビストロノミー?)コンセプトの店が増えているようです。「セプティープ」以外にも、「シャトーブリアン」などが一時期かなりの話題になっていました。



『世界のシティガイド CITI×60 Berlin ベルリン』

d0159238_84046.jpg

Raureif設立者で多くのiOSアプリの作者でもあるティム・ケケリッツさんのお気に入りは、「コチュ・カル」。コリアンとスパニッシュのフュージョンレストランで、毎月一度の限定コースメニューにはシェフみずから歌うシャンソンのBGMつきだとか。

「コチュカル」とは韓国料理の粉唐辛子のこと。本書には、ここ以外にもう一店コリアンレストランのリコメンドが掲載されているのですが、ベルリンには韓国料理店が多いのでしょうか。



『世界のシティガイド CITI×60 London ロンドン』

d0159238_840956.jpg

「S.E.H.Kelly」のファッションデザイナーふたりが選んだスポットは、「セント・ジョン・バー&レストラン」。

動物のあらゆる部位を美味しく提供すると評判のこのレストランのスペシャリテは、骨髄サラダ。ごろりと皿にのったぶつ切りの骨から骨髄をかきだして、トーストとともにいただきます。「セント・ジョン」は、以前翻訳を担当させてもらった『おいしいセルビー』にも掲載。きっと、かなり評判の店なんでしょうね。『おいしいセルビー』にも『世界のシティガイド CITI×60 London ロンドン』同様、骨髄サラダの写真が大きくフィーチャーされています。



『世界のシティガイド CITI×60 Barcelona バルセロナ』

d0159238_8401297.jpg

映像製作者のマルク・カステルヴィ・ヘルナンデスさんが紹介するのは、「ラ・サンタ(ヴォルンタッド)」。

「ラ・サンタ(ヴォルンタッド)」は1度に4人のゲストを招いて展開される自由な食のプロジェクト。詳細は不明ですが、本書に掲載された写真を見ると、ビルの屋上のテーブルで料理を囲んだメンバーの一人が頭にカメラのような機器を装着していたり、なんだか実験的な雰囲気が漂います。食とモダンアートの融合、とか?

エルブジという、とんでもなく革新的なレストランの登場によって、世界の料理界の進む方向を180度変えてしまったスペインの人たちの実験精神にものすごく期待してしまいます。参加希望者は本書掲載の主催者アドレスまで連絡を。



『世界のシティガイド CITI×60 Tokyo 東京』

d0159238_8402040.jpg

東京版に関しては翻訳では関わっていませんが、やっぱり歌舞伎町の「ロボットレストラン」・・・も気になりますが(笑)、個人的な注目スポットは「ファーマーズ・マーケット@UNU」です。

食の蚤の市である「AOYAMA FOOD FLEA」が同時開催されたりして、今後の展開にも要注目。ファーマーズ・マーケットから出版されている雑誌『NORAH』も気になります。内容も面白いですが、デザインが変わっていて新しい!(色のついた用紙にカラー印刷していたりする)

「世界のシティ・ガイド CITI×60」シリーズの日本語版はパイ インターナショナルさんから6冊そろって発売中です!

ぜひ本屋さんで見つけたら手に取ってみてください。

(ゆ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2014-08-17 17:27 | 本や映画 | Comments(8)
Commented by tanukidaponta at 2014-08-17 18:05
お仕事、お疲れ様ポン~~

60人が選んだ場所ということポンが、こういった場合、食べ物系の場所は何箇所中何箇所くらい紹介されているのかに興味があるポン(笑)

もともとが英語ということポンで、欧米(英米?)を対象にしたものかと思われるポンが、街の魅力のどのくらいを食が占めているのか知りたいポン
Commented by brd at 2014-08-18 22:39
所長おひさしぶりポン~!

この本はシステマティックで、紹介されてるアイテムは5項目12個ずつで計60個。食の項目は12個ポン。ナイトライフのとこにも若干あるポンが・・。

版元はなんと香港人の会社ポン。今回調子よければ、次は香港や中国編を考えてるそうで、地元なので楽しみポン~。次にこぎつけて欲しいものポン。 (ゆ)
Commented by 高兄 at 2014-08-20 15:37 x
(よ)さん、こんにちは

残暑お見舞い申し上げます

ますます、ご活躍ですね

このシリーズ

今や、グルメシティの仲間入り、バンコク篇は、出ないのかな?
Commented by brd at 2014-08-22 22:41
高兄さん

お久しぶりです。

このシリーズは相棒の(ゆ)が訳したんですよ。
バンコク、そうとうな持ち上げられ方ですよね、最近。
来月、分子ガストロノミーなタイ料理とのふれこみの「スラブア」を偵察してきます。
バンコク編、版元に提案しておきます!

(よ)
Commented by 高兄 at 2014-08-23 08:29 x
(よ)さん、再び、こんにちは

バンコク行かれるなら、もう御存知かもしれませんが

知人の弟さんが

タイで、メゾン・カイザーを仕掛けました

その頃には、バンコクでオープンしてるはず

お時間あれば、覗いてやってくださいな^^
Commented by brd at 2014-08-24 12:52
高兄さま

おお、メゾンカイザー・バンコク店ですか。
どのあたりにできるのですか?

いまググってみたんですが、まだそれらしい告知が見当たりません。

(よ)
Commented by 高兄 at 2014-08-25 16:13 x
(よ)さん、みたび、こんにちは

メゾンのオープン日程

わたし、思いっきり、勘違いしてました^^;

オープンは、11月末か、12月頭ぐらいだそうで

>おお、メゾンカイザー・バンコク店ですか。
>どのあたりにできるのですか?

場所は、(よ)さんもお馴染の

流行りのエリア、トンローです^^


今回は、木村屋さんは

全く絡まず、外資だそうです
Commented by brd at 2014-09-09 14:21
高兄さま

トンローに年末オープン。すばらしい。
バンコクもKLも、かなり景気がいい感じですね。
日本食も、さらに普及してる気がします。
メゾンカイザー・バンコク店、きっと日本人の駐妻さんあたりの
御用達になるんじゃないでしょうか^^

(よ)


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『味の形 迫川尚子インタビュー』発売中。姉妹ブログ【ワダ翻訳工房】もどーぞ。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のコメント

食べ物も器もすべて異次元..
by arak_okano at 08:12
残暑お見舞い申し上げます..
by arak_okano at 15:47
商業化されたブランド的レ..
by brd at 07:50
ちなみに狸田、商業的に「..
by tanukidaponta at 23:06
>さて、ビールの、酒の、..
by tanukidaponta at 23:01
こんにちは。 とい..
by brd at 23:20
自由か自由じゃないかとい..
by tanukidaponta at 21:26
おはようございます、アラ..
by arak_okano at 06:20
アラック、こんなに高級で..
by arak_okano at 21:11
料理もビールも高級高級品..
by arak_okano at 21:32

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧