「ひみつカレー」と「アルパカコーヒー」の<スパイスとコーヒーで心もからだもぽっかぽか教室>

富山の話の続き。

次はほたるいかの話を書く、と書いたけれど、やっぱりやめて、富山のカレーとコーヒーの話を。

e0152073_22544049.jpg

氷見にある、個性的で楽しいカレー屋さん「ひみつカレー」の、小松菜キーマカレー。

e0152073_22542352.jpg

先日ステキな実店舗がオープンしたばかりの「アルパカコーヒー」。ロゴマークがかわいい。

この「ひみつカレー」と「アルパカコーヒー」のコラボイベント「スパイスとコーヒーで心もからだもぽっかぽか教室」に行ってきたので、その様子を。

e0152073_2255833.jpg

開催場所は、高岡の「山町茶屋」

午後からかなり吹雪いたゆえこんな写真しかないけど、風情のある日本建築でイベントはカフェスペースの奥にある座敷の広間で行われた。

まずは「ひみつカレー」さんのスパイス教室からスタート。

e0152073_22533267.jpg

ターメリックにクミンにコリアンダー。チリ、カルダモン、クローブ、ブラックペッパー・・・インディアンスパイスのいろはを習ったあとは、参加者それぞれのオリジナルガラムマサラ作り。

e0152073_22533932.jpg

オリジナルガラムマサラが完成したころ、ひみつカレー特製の小松菜キーマがテーブルに。

e0152073_22533544.jpg

この自分のガラムマサラをキーマにちょっと加えたりしながら食べてみる。あるいは、他の参加者が作ったガラムマサラを借りてかけて「おっ、クローブが強い」とか言ってみたり。

各スパイスのキャラクターと、ミックススパイスで変化するカレーの味わいを、参加者みんなで楽しんだ。

あと、お客さんが食卓でオリジナルミックススパイスを配合して、出されたカレーにかけて食べられるカレー屋さんがあったら楽しいかも、なんて思ったりした。

e0152073_2321256.jpg

続いて、アルパカコーヒーさんのコーヒー教室がスタート。

e0152073_22544588.jpg

コーヒー豆のいろはを教わったあとは、

e0152073_22545131.jpg

ドリップ教室。

e0152073_2255528.jpg

参加者全員がそれぞれが真剣な面持ちでドリッパーに対峙して、お湯をたらすの図。

e0152073_22545341.jpg

各自淹れたコーヒーを味わいながら、アルパカさんが用意してくれたオレオのチョコマフィンをいただく。お互いのコーヒーの味を比べたりして、充実した時間だった。

ひみつカレーさんとはエスニック全般の話題や、氷見のことなど、いろいろお話しできて楽しかった。

アルパカコーヒーさんとはコーヒーのことはもちろんだけど、偶然に「フライヤーなどの印刷にレトロ印刷はどうか」という話になったので、イベント参加者の皆さんに配ろうと思っていた「ferment Vol.0」(下関崇子さんインタビュー掲載。印刷は大阪のレトロ印刷JAMに依頼)を取り出して印刷見本(笑)として提供。

そうそう、話は脱線しますが、なかなか出ない「ferment Vol.1」について。

実は、ただいま創刊号鋭意製作中でして、新宿の名店「ベルク」の副店長である迫川さんをインタビューしました。店長の井野さんにも同席いただいて、鼎談形式になっています。食のインタビューとしては結構画期的な内容なのではないかと、自画自賛していますが、果たして。 近日発刊予定。

e0152073_22551054.jpg

さて、イベント終了後は、万葉線に乗って、

e0152073_22551293.jpg

新湊の内川へ。

e0152073_22552249.jpg

その近くで営業している「cafe uchikawa 六角堂」へ。

e0152073_22552750.jpg

手前の古民家が六角堂。左手、向こう側に見える赤いしゃれた建築物が内川にかかる東橋。

富山の食関係者の方のおすすめ店だった。

e0152073_22551562.jpg

富山・池多牛のコンビーフをはさんだルーベンサンドなどをいただく。

ひみつカレーさんのイベントに行ってきたと店長さんに伝えると「うちのカレーも食べてくださいよ!」と六角堂特製のカレーをお土産に持たせてくれた。嬉しい!

e0152073_236579.jpg

六角堂では、富山の女子たちが発信する富山に関するリトルプレス「itona いとな」も買える。

地元のお寺で行われる親鸞聖人にまつわる仏教行事「本恩講」の食事の内容とか、南砺にあるおでん中心の古くてシブい食堂の話とか、ほたるいかの身投げとか、自宅でのぶりの食べ方とか、かなりローカル度の高い記事が読めるのでおすすめ。

さらに、この日はお楽しみがまだあった。

e0152073_22553132.jpg

夕食は、テイクアウトした「ひみつカレー」のカレー5種。

e0152073_239090.jpg

卵とチキンのペルー風カレー。

e0152073_2392554.jpg

牛すじとゴボウの和風カレー。

e0152073_2395449.jpg

根菜と春野菜のグリーンカレー。

e0152073_23101693.jpg

豚肉とショウガの豆乳スープカレー。

e0152073_23104258.jpg

かぼちゃとチキンのクリーミーカレー。

どれも美味しかった!

しかも、ペルー風カレーはペルー料理のアヒ・デ・ガジーナを日本のカレーカテゴリーに仲間入りさせてしまった画期的なメニュー。そして、牛筋とゴボウは明らかに日本の煮込みをカレーに作り替えた野心的な一品。

こういうのが、タイ風のグリーンカレーと同居している様子に、なんだか非常にソソられてしまう。

カレーというカテゴリーで紹介すれば、富山の普通のお客さんにもマニアックな料理を食べてもらえるってこともあるかもしれない。

ひみつカレーさんとアルパカコーヒーさんは、定期的にコラボイベントを行っているみたいだから、また参加してみたい。

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2014-04-20 23:30 | 富山 | Comments(2)
Commented by arak_okano at 2014-04-27 12:15
アラック、毎日カレーでもいいです、いっぱいのカレー報告を
有難うございます、バグースですね。
Commented by brd at 2014-05-04 02:38
アラックさん

富山は人口当たりのカレー店数が全国で4位、世帯当たりカレールー消費量が全国6位。けっこうカレー好きな県民性なんだそうです~。


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『味の形 迫川尚子インタビュー』発売中。姉妹ブログ【ワダ翻訳工房】もどーぞ。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のコメント

食べ物も器もすべて異次元..
by arak_okano at 08:12
残暑お見舞い申し上げます..
by arak_okano at 15:47
商業化されたブランド的レ..
by brd at 07:50
ちなみに狸田、商業的に「..
by tanukidaponta at 23:06
>さて、ビールの、酒の、..
by tanukidaponta at 23:01
こんにちは。 とい..
by brd at 23:20
自由か自由じゃないかとい..
by tanukidaponta at 21:26
おはようございます、アラ..
by arak_okano at 06:20
アラック、こんなに高級で..
by arak_okano at 21:11
料理もビールも高級高級品..
by arak_okano at 21:32

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧