台北 : 台中行き高鉄にて、台鉄弁当を食べる

台北駅に、少し早く着いた。

e0152073_133296.jpg

高鉄(台湾新幹線)の発車まで、あと少し時間があるので、

e0152073_1333766.jpg

駅近所の水煎包屋で水煎包を買って、

e0152073_1333982.jpg

ス●バに持ち込んで食べる。

小煎包の中身は、それぞれ豚肉、ニラ、キャベツと春雨。豆乳の米バージョン「米漿」は、すこしとろっとしてきな粉っぽい味。

もちろんコーヒーも(笑)。

さらに、

e0152073_1332541.jpg

台鉄弁当本舗にて、車内で食べる駅弁を並んで買う。

e0152073_1332197.jpg

北海道コラボ弁当は、本日売切れ。

e0152073_1332854.jpg

ふつうの排骨弁当と素食弁当(ベジ)しかなかったので、一個ずつ。

e0152073_1332622.jpg

高鉄は定刻どおり発車。

e0152073_1355721.jpg

なんだか待ちきれずに、すぐ弁当タイム。

パッケージのイラストは、香港の漫画「老夫子」のキャラクラーだそうだ。

絵柄は台北、台中、高雄、花蓮、基隆の各駅で異なり五種類あるとか。



ニュースにまでなるのか。

e0152073_133244.jpg

中身はシンプル。排骨と煮卵と揚げとキャベツにごはんだけ。

でも、非常に「らしい」感じ。

こういうのでいいんだよ、とか重松豊の口調で言ってみる。

e0152073_1333270.jpg

八角形の素食弁当。

こちらは肉なしだけど、ブロッコリーとか野菜が多くて(揚げの下に隠れている)嬉しい。

e0152073_1333636.jpg

実は売店でレトロな台鉄弁当箱も買ってしまった。

帰ったら使おう~。

さて、台中までひととき。

<2013年9月>

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2013-09-30 01:50 | 台湾 | Comments(10)
Commented by タヌ子 at 2013-09-30 06:49 x
台湾と日本って類似点がたくさんありますね。
でも、この箱入り弁当は日本のものが台湾に伝わったのでしょうね。
台鉄弁当箱、私も欲しい!
似たようなものがパリの中華屋さんで買えるかしら?
探してみます。
今日は冷蔵庫のお掃除の残り物だけの軽い食事だったので、お弁当の画像に胃袋が大暴れ中(笑)
Commented by Lunta at 2013-09-30 14:18 x
なんと、台鉄弁当も進化しているんですね!
2008年に私が買ったにはほとんど中身の変わらないお弁当が2種類(並と上)しかなかったのに、パッケージにキャラクターはつくわ、北海道とのコラボ弁当まであるとは。
http://blog.goo.ne.jp/lunta_november/e/f50a41420789e7f4333b0e5b4fdb96c8
でも相変わらず60元とは立派。
次に食べてみたいのは本場の駅売り池上弁当です。
Commented by tanukidaponta at 2013-10-01 00:02
狸田、いわゆる駅弁というものは、韓国でしか食べたことがないポンが、台湾の駅弁は、かなり日本とは違って、中華~!していると思ったポン

台湾では、「便當」というものが一般的になっているポンが、やはり独自の進化をしていると感じる弁当ポン~
Commented by arak_okano at 2013-10-01 18:45
後で使えるお弁当の容器には夢があると思います。我が家では鱒の押し寿司を何回も作っています、妻がね。バグースは台湾新幹線ですよ、絶対に乗りたい、でま台湾まで行けないな。
Commented by (よ) at 2013-10-02 16:50 x
タヌ子さん

台湾の国鉄である台鉄が出してるって点では、かなりのオフィシャル感があります、台鉄弁当。

このお弁当箱、開けると中が、ごはんとおかず用の二層になるように仕切りが入っているのですが、こういう系式より、お重を重ねるみたいに何段かステンレスの容器を重ねて束ねて上に取っ手をつけてある、インドやタイの「ピントー」のほうが手に入りやすいかもしれませんね。
Commented by (よ) at 2013-10-02 16:51 x
Luntaさん

Luntaさんの記事読みましたけど、でも、中身はまったく変わってないですね(笑)。

あの飯の上にそっけないほどの無骨さでのせてある排骨、これがなんかイイんですよね。美味しいし。

(よ)の好きな崎陽軒のシューマイ弁当も「ひょうちゃん」のモデルチェンジなどありますが、基本的に変わらないですね。台鉄弁当も変わると文句を言う人が絶対出てくると思います(笑)。

池上弁当は知りませんでした!次は食べなければ。
Commented by (よ) at 2013-10-02 16:51 x
所長

ポン!

台湾の便當と、日本の弁当の違いは、まずおかずの配置ですよね。見たところ台湾の便當は飯の上にオカズを敷き詰めて、上から見るとおかずだけ見える、というのが基本のようです。これはデフォルトの台鉄弁当も素の弁当も、北海道コラボ弁当も、上でLuntaさんが言及してる池上弁当も一緒。

一方、日本の弁当は、上から見てごはんとおかずをセパレートするのが普通ですよね。上に乗せた場合は「丼もの」として認識されるかも。

このあたりに食文化の違いが見えて面白いですねー。

Commented by (よ) at 2013-10-02 16:52 x
アラックさん

台湾新幹線バグース!

でも、日本の新幹線のようにビールや弁当を売りに来ないのがちょっと不満。台中までの短時間だから?いや、前に台南まで乗った時も、同じだった気がする・・・。

台湾新幹線の台中駅から、台鉄の駅までの通路が長くて空港のようでした。

で、店がすべてが紙でてきた(椅子もテーブルも)カフェがあって、なんか面白かったです。併設されたショップで、紙を組みあがて作るランプシェードを買いましたよ~。
Commented by carambola at 2013-10-06 17:51
最後のお弁当箱は,中身なし?
台鉄のお弁当って,こういうアルミのお弁当箱に
中味が詰まっているのが有名じゃなかったでしたっけ?
今は色々な種類のお弁当があるんだなぁ.
お弁当のだいご味は,おかずの味が染みたご飯よね!
のっけ飯サイコー☆
Commented by (よ) at 2013-10-09 03:35 x
鯔ちゃん

最後のアルミ(ステンレス?)弁当箱は、
弁当箱だけ買ったんですよ。台鉄グッズ的な扱いで売ってました。
昔は、アルミ弁当箱で売ってたのかな?
よくわからない。調べてみます。
実際、職場へ弁当詰めてもって行ったらイイ感じでしたよ。


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『味の形 迫川尚子インタビュー』発売中。姉妹ブログ【ワダ翻訳工房】もどーぞ。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のコメント

食べ物も器もすべて異次元..
by arak_okano at 08:12
残暑お見舞い申し上げます..
by arak_okano at 15:47
商業化されたブランド的レ..
by brd at 07:50
ちなみに狸田、商業的に「..
by tanukidaponta at 23:06
>さて、ビールの、酒の、..
by tanukidaponta at 23:01
こんにちは。 とい..
by brd at 23:20
自由か自由じゃないかとい..
by tanukidaponta at 21:26
おはようございます、アラ..
by arak_okano at 06:20
アラック、こんなに高級で..
by arak_okano at 21:11
料理もビールも高級高級品..
by arak_okano at 21:32

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧