タイ調味料で創作料理! 在タイ日本人女子フリペ『Arche+ アーチプラス』Vol.6 

(よ)が応援しているバンコクの女子フリペ『Arche+ アーチプラス』のVol.6の大特集は・・・、

e0152073_3046.jpg

タイの調味料で創作料理!

チャオプラヤ川を眼前に望むバンコクはヤワラーの古民家リノベ猫カフェ「Samsara Cafe & Meal サムサラ・カフェ&ミール」のオーナー・要美由紀さん、バンコクで活躍中の野菜ソムリエ・田中瑞恵さん、来タイ12年のタレント/主婦の斉藤華乃さん、以上3名の在タイ日本人女子によるタイ調味料を使ったフュージョン料理レシピが満載。

さっそく掲載レシピを参考に、自分で作ってみることに。

まず、調味料を入手。

e0152073_30164.jpg

手前から、エビを発酵させたペーストのガピ、日本の醤油に近いシーユーカオ、エビや唐辛子やガピやタマリンドなどをペーストにしたナムプリックパオ。

実は通勤電車を途中下車してすぐの場所にタイ食材専門店の「ASIA SUPER STORE アジア・スーパー・ストア」があるので、この種のモノの入手はラクチンなのだった。

お店にいたタイ人のおばさん(たぶん近所のタイ料理店の人)に、シーユーカオとシーユーダムの違いや、どれがガピか、など教えてもらいながらショッピング。

「奥さんタイ人?」と訊かれたので、「違うよー」と応えると、「ガピでなに作るの?」とたずねるので、「スパゲティ」と言ったら、「え~!?」って驚いていた(笑)。

まずは、サムサラの要美由紀さんのレシピ「プラータオウフー」を作ってみる。

e0152073_30115.jpg

焼いた厚揚げに、ナムプリックパオのソース。

ソースはナムプリックパオに、ナンプラー、砂糖(掲載レシピのガムシロの代用)、レモン汁(掲載レシピのマナオ汁の代用)、パクチー、レモングラス、ホムデーン(タイ小タマネギ)、ねぎ。

レシピにあったパクチーファランは買うのを忘れたので省略。

薬味類はすべてみじん切りにする。

このソースが美味い!

甘辛酸っぱくて、レモングラスやパクチーの薬味類の香味が渾然一体。

厚揚げに合う。

ちょこんと上品な感じで厚揚げのうえに乗せたソースだが、結局うえの写真を撮ったあと、厚揚げを細かく切りわけてソースを増量、混ぜ混ぜしてヤム状態にして食べた。そんな感じの一品。

お次は、おなじく要さんのレシピで「焼き野菜のサラダ」。

e0152073_2595949.jpg

台所にあった野菜を適当に集めてグリル(使用野菜は掲載レシピとはかなり違う)。

ドレッシングはシーユーカオ、オリーブオイル、酢(掲載レシピではワインビネガーとなっているが千鳥酢で代用)、にんにくとホムデーンのみじん切り、こしょう。レシピにあったマナオ汁は省略。

Arche+の料理写真では野菜とドレッシングを別々にサーブしてあったが、先に和えてから盛り付けた。

これもドレッシングがなかなか。

よくフツーに醤油ドレッシングを作るけど、それに近い感じ。

ところで「サムサラ」は、『Arche+』の創刊準備号の表紙に登場した旅ライターのとまこさん強力プッシュにより、去年の9月に行ってきた。

e0152073_30085.jpg

すごくムードのあるロケーションで、インテリアもかっこいい。

『Arche+』も置いてある(笑)。

そして、猫カフェでもある。

e0152073_30137.jpg

サムサラにいた、壺ネコ。

e0152073_30397.jpg

店のすぐ外にも、美形ネコたちがわらわらと。

さて。

シメは斉藤華乃さんの、「ガピクリームパスタ」。

e0152073_30136.jpg

生クリームを温めながらガピを溶かして、少しナンプラーも足して味を見つつ、茹で上がったスパゲティとあえて、ガパオ(掲載レシピではバジルまたは大葉とあったがアジアスーパーストアで買っちゃったので使ってみた)をあしらう。

簡単。

この一品、『Arche+』のデザイナーさんもお気に入りで、「たらこスパゲティみたいで美味しいです~」と勧められたが、本当にたらスパみたい。

ガピの発酵臭さが苦手な人もいるかもしれないが、これは多分、そんなに気にならないんじゃないかな。

クリームに、たとえば海苔をぐしゃぐしゃっと砕いて投入して「海苔クリームパスタ」なんて簡単メニューを作ることがあるけど、これも美味い。クリーム+海産物系のパスタソースは、いろいろ研究してみる価値アリ。

なかなか良いぞ、タイ調味料の創作レシピ。

さて。

話はかわって、今号で紹介されているニューオープンしたバンコクの洋食レストラン「SHIO」が、すごく気になる。

日本の服部栄養専門学校に留学したタイ人女性がオーナーシェフの、日本風洋食レストラン。

目玉焼きが乗ったハンバーグや、マカロニグラタン、カニクリームコロッケ、ロールキャベツ、ナポリタン、ハヤシライス・・・なんていう我々にはおなじみの料理がモダンかつコージーなダイニングで供される。

この内容で、シェフはかわいいタイ人女性。

バンコクもここまで来たかーと思わせる店でした。

行ってみたい。

さらに話かわって、タイサブカル好きな(よ)としては常に気になるタイのインディーズ系音楽の連載「アンダーグラウンドで会いましょう」。今号で紹介されていた、インストルメンタルロックバンド「popdub」が良かった。

これとか。

バンド名「popdub」の文字列がかわいい。

popというより、dubというより、むしろポストロックっぽいのだろうか。

ぜひアルバムを聴いてみたい。

というわけで『Arche+』次号はチェンマイ特集です!

<2013年2月>

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2013-02-18 03:14 | 本や映画 | Comments(4)
Commented by タヌ子 at 2013-02-18 22:19 x
いいなぁ、厚揚げ。
こちらではふにゃふにゃの中国厚揚げしか見かけない。
東南アジア系の調味料って、ちょっとだけ使って放置してしまうことが多いので、ナムプラー以外はあまり買うことがないんですが、たらこパスタもどきが作れるようにガピは欲しい。
海鮮料理の隠し味ににも使えそうですよね。
バンコク、進化のスピードが早くて面白そうですね。
進化のスピードがやたら遅いヨーロッパにいると、アジアの変化のスピードについていけません。
Commented by (よ) at 2013-02-18 23:22 x
タヌ子さん

日本ふうのガッチリした厚揚げって
そちらでは手に入らないんですか。意外です。
個人的には厚揚げってあまり好きではなかったんですが、
これは美味しかったです。
ふつうにお醤油で食べるより、アジアンな味つけのほうが好きかもしれない。
タイやマレーシアなどでも、厚揚げっぽい食材があったりするし。

バンコクはどんどん変わってますよね。
上海とかも、そうかもしれない。
Commented by petapeta_adeliae at 2013-02-19 22:44
エビを発酵させたペーストのガピってナシゴレンに入れる
TERASI UDANGとは違うもの?
これが使い切れずに困ってます。もし同じものなら↑のパスタに
挑戦してみたい。

焼き野菜のサラダのお皿はこの間のお土産ですね。
ポニョに出てくる海の中の魚の大群を思い出しちゃいます。^^


Commented by (よ) at 2013-02-20 23:15 x
ソーニャさん

トラシ・ウダンとカピはほぼ一緒のものだと思います。
発酵エビペーストですよね。
クリームパスタに使えるかもしれない。

海のモノ+クリームは美味しいけれど、
発酵物+クリーム、という考えでもいいかも。

魚のお皿はバッチャン焼きです。
そうです。ベトナムのお土産です。
ポニョ観てないけど、こんなん出てくるんですか?^^


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『味の形 迫川尚子インタビュー』発売中。姉妹ブログ【ワダ翻訳工房】もどーぞ。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のコメント

食べ物も器もすべて異次元..
by arak_okano at 08:12
残暑お見舞い申し上げます..
by arak_okano at 15:47
商業化されたブランド的レ..
by brd at 07:50
ちなみに狸田、商業的に「..
by tanukidaponta at 23:06
>さて、ビールの、酒の、..
by tanukidaponta at 23:01
こんにちは。 とい..
by brd at 23:20
自由か自由じゃないかとい..
by tanukidaponta at 21:26
おはようございます、アラ..
by arak_okano at 06:20
アラック、こんなに高級で..
by arak_okano at 21:11
料理もビールも高級高級品..
by arak_okano at 21:32

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧