パリ : ケ・ブランリ美術館 Musée du quai Branly の非ヨーロッパ写真家展「フォトケ PHOTOQUAI」

~KL-Paris-Quimper #19~

#18のつづき。

e0152073_12483449.jpg

イラクの写真家の作品。

サダム・フセインという名の、匿名性。

ランチのあとは、エッフェル塔の第一展望台を観光。

e0152073_12475170.jpg

興味深い野外写真展が開催されていた。

e0152073_12482152.jpg

いろんな国の写真家が、作品を出展している。

この写真展、エッフェル塔の近所にあるケ・ブランリ美術館 Musée du quai Branlyが隔年で開催している「フォトケ PHOTOQUAI」なる企画展。

今回のPHOTOQUAI 2011には、世界から46人もの写真家が作品を出展。写真家は全員、ヨーロッパ以外の人たち。写真展会場はすべて屋外で、ここエッフェル塔ほか、ケ・ブランリ美術館の庭、そしてセーヌ川沿いの遊歩道でも展開されている。

近所だし、さっそくケ・ブランリ美術館 Musée du quai Branlyへ行ってみることに。

徒歩数分。いきなり目に入ってくるのは、

e0152073_1249574.jpg

壁に生きた植物が生い茂った、不思議な美術館の建物。

e0152073_1250889.jpg

観光客にも大人気。

そして、

e0152073_12502619.jpg

入り口はたくさんのテキストが書かれたガラスの壁で、向こうが透過して見える。

さらに中に入ると、

e0152073_12513976.jpg

宇宙船のような、宇宙ステーションのような、大胆な建築に圧倒される。

しかも、赤いし。

e0152073_12515422.jpg

宇宙ステーションの下には、なんか東京自宅の近所にもありそうな雑木林的な庭園があり、これまた異様なミスマッチ。

e0152073_12522768.jpg

モダン・アーキテクチャと、すすき。

なんかイイね。

かなり好きだ。

この宇宙ステーションは日本の電通本社も手がけているジャン・ヌーヴェル Jean Nouvelさんの作。庭園はアーチストのジル・クレモン Gilles Clémentさんが担当したそうな。さらに、先ほど紹介した「生きた壁」は美術家で造園家のパトリック・ブラン Patrick Blancさんの作品。

ケ・ブランリは非ヨーロッパ世界から集めた美術品・民具・衣服・装飾品などなどを収蔵する、いわばエスニック美術の殿堂。オリエンタリズム美術館。

常設展示は、

e0152073_12525130.jpg

こんなのや、

e0152073_1253491.jpg

こんなのが(怖カワイイ)。

このときの目玉の企画展は、「マヤ文明展」だった。

え?上野でもやってた?みたいな気もしつつ、マヤ文明はパリでも大大大人気の長蛇の列で入場規制。こちらは諦めることに。

館内をみわたせば、民俗学探検記の金字塔『悲しき熱帯』の著者であり、フランス構造主義の始祖、南米やアジア、アフリカという非ヨーロッパ世界に目を向けたフランスの知性を代表するクロード・レヴィ=ストロースの名を冠した劇場などもあったりする。

蛇足ですが、(よ)はレヴィ=ストロースさんとおんなじ誕生日(これが言いたかっただけ・笑)。

wikiのケ・ブランリの項を読むと、美術品か、否、民俗学的資料か、という問題で美術館サイドと各国当事者が揉めたりしている事例もあるらしい。ふむ。こういうジャンルは、オリエンタリズムというか、いわゆるひとつの植民地主義的なあれこれもからんでくるわけで、言ってみればヨーロッパと非ヨーロッパの、ある部分の関係性をじっくりと味わえてしまう場所でもあって、日本人としてはかすかに微妙な気分もする。が、こういうジャンルにおいて、フランスというのは、もう不動の存在感とセンスと思い入れがあるのだなあ、と、あらためて感じ入ったりもする。

異国の文化へのイマジネーションの豊かさ。

食の分野でも、同じですよね。

しかし、なるほどフォトケが非ヨーロッパ写真家ばかり集めるのも、非ヨーロッパの民俗学的品々を集めるケ・ブランリのコンセプトを現代写真に敷衍したものなんだと、いまさら気づく。

さて。

じつはケ・ブランリには「レゾンブル」というステキそうなレストランがあって、チェックしたかったんだけれども、さっきエッフェル塔でランチしたばっかりなので、泣く泣くパス。

かわりにカフェで、

e0152073_12535310.jpg

イル・フロッタント。

これを食べながら、ディナーの予約の電話をしてみる。

きさくなビストロなのに皿がガストロノミー(ビストロノミー?)ということでサンペレグリノの世界のベストレストラン50の9位に入っちゃった!と話題のシャトーブリアン Le Chateaubriandにダメ元で電話(2012年は15位に転落)。当然満席。並びの姉妹店ル・ドーファン Restaurant le Dauphinはバルっぽい感覚なので並べば入れてくれるみたいな話も聞くけど、どーなのか。

※まったく関係ありませんが、この記事を書くためにThe World's 50 Best RestaurantsのHPをチェックしてたら、(よ)のお気に入りバンコクの「ナーム」が、50位にニューエントリーしちゃってるではないですか!

話は戻って、写真展。

e0152073_12543440.jpg

ケ・ブランリの庭をふたたび彷徨う。

e0152073_1254508.jpg

Minstrel Kuikさん(マレーシア)。

マレーシア中国社会をとりまく、人、もの、色、空気。

チャイニーズ・マレーシアンのホンマタカシか佐内正史?

e0152073_12551374.jpg

アフリカはトーゴの作家、Hélène Amouzouさん。

モノクロームの人物が、亡霊のようにゆらいでいる。

美術館の庭を出て、向かいは、

e0152073_12553024.jpg

セーヌ川のほとり。

e0152073_13165754.jpg

ここでもフォトケ、開催中。

印象的だったのは、

e0152073_1256919.jpg

これ。

右のモノクロームは、日本の岡原功祐さん作。

リストカットなど自傷とともに生きる、現代日本の若者たちの居場所。

左はコロンビアのJulián Linerosさんの作品。

コロンビアの自警団AUCの過酷すぎる訓練風景。その団員たちは、コロンビアの貧困地域からリクルートされてきた若者たちだという。

日本とコロンビアの、こうも異なる、若者たちのリアルな現実。

ま、偶然展示場所が隣り合っただけかもしれないし、「こうも異なる」なんてのは観覧者の勝手な叙情性にもとづく解釈なわけですが。

そのほか、インド人作家の楽しい作品。

e0152073_12565065.jpg

インスタント証明写真ボックスのようなブースで自分の顔を撮影して、

e0152073_12572174.jpg

これらの写真に自分の顔をはめ込む、参加型インスタレーション。

もうひとつ気になったのは、

e0152073_1311126.jpg

左に見える写真、

e0152073_1313342.jpg

これ、台湾綜芸団とかタイワニーズ・キャバレーとか呼ばれる、台湾の移動型ショーのステージ。

このデコ感覚と猥雑さ。まさに台湾。大好きなイメージ。台湾の沈昭良さんの作品。

これ、面白い。

音楽が異様にダサいトランスなのは(笑)、たぶん移動タイワニーズ・キャバレーでかかるような音楽、ということなのではないか、と想像。

ふと台湾つながりで、台湾のデコなビンロウ屋とビンロウ美女ばかりを撮影した、瀬戸正人さんの大好きな作品「binran」を思い出したのだけれど、フォトケのセーヌ川売店で写真集『binran』を売っていてビックリ! 以前出展したことがあるのかもしれない。

この日はかなり暑くて、野外写真展をじっくり鑑賞していたら、日に焼けてしまった。

つづく。

(よ)

<2011年9月>

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2012-08-19 13:31 | フランス | Comments(8)
Commented by 高兄 at 2012-08-19 23:15 x
(よ)さん、こんにちは

残暑、お見舞い申し上げます


こういうの見ちゃうと、やっぱりparisだなーって^^

もう、十年ぐらいは、parisに行ってない私ですが


いつの間にか

デュカスが、エッフェル塔の中にレストラン創っちゃうし^^;

流石、天才商売人じゃなく天才料理人^^


論旨がずれましたが・・・

とても、刺激を頂けそうな写真展です

関西でもやってくれないかな♪
Commented by タヌ子 at 2012-08-20 09:52 x
Quai Branly、まだ一度も行ったことがありません。
友人も何回かチャレンジしてますが、いつも並んでいるので諦めているとか。
夏休み時期が終わったら、行ってみようかな。
こういう建物って微妙ですよね。
今はまだ良いけれど、築年数を重ねると、斬新なものほどみすぼらしく感じることがあります。
建築当時は斬新なデザインだった、CDG空港第一ターミナルのエスカレーターのチューブなんて、今はボロボロで哀れを誘うし、ポンピドーセンターも薄汚れてうらぶれた感じ。
Quai Branlyがどんな風に年を重ねていくのか、じっくり観察していきたいと思います。
野外の写真展は自然光で見られるのがいいですよね。
お天気によって、その印象が変わるから何度でも楽しめそうです。
ナッツがかかったイル・フロッタント、美味しそう。
Commented by (よ) at 2012-08-20 21:27 x
高兄さん

こんばんは。

いや、ほんと刺激的な写真展でしたよ。
すべての展示が野外ってのもそうで、
もちろんオリジナルプリントは展示できないわけなんですが、、
期間中雨風に耐えるような展示物で代替する工夫と技術とかも上々で、
もちろん作家選定の広さとか深さも、さすがだなーと。

高兄さんは、好きな写真家の人はいますか?


Commented by (よ) at 2012-08-20 21:42 x
タヌ子さん

朽ち果て哀愁さそうポストモダン建築・・・。

いやそれもまた一興、とか思っちゃう(よ)です。

Quai Branlyは、ああいう格好つけた建物の中に、
モダンアートとかではなく民族的な品々が収蔵されているという、
そのギャップがなんとも言えない魅力です。
売店ではアフリカや南米なんかの民族楽器なども売ってて楽しいです。

いままで見たいちばんクレイジーな美術館(外観)は、
ビルバオのグッケンハイム美術館です。

どことなく鄙びたビルバオの街並みから、
全身お花とグリーンでできたファンシーかつ超巨大な
ワンちゃんの彫刻が忽然と現れ、そのうしろには、
シルバーでメタリックで異様なシェイプの軍艦のような建物が控えているという・・・・。
あの衝撃はいまだ忘れません。
Commented by タヌ子 at 2012-08-21 01:58 x
ビルバオのグッケンハイム美術館、ここまで行くと、メタル部分が思いっきり錆びて、とことんみすぼらしくなって欲しいと思うぐらいのど迫力ですね。
バスク地方に行く機会があったら、絶対パピーに会いに行ってきます!
Commented by 高兄 at 2012-08-21 08:27 x
(よ)さん、再び、こんにちは


写真が趣味と云いながら

まだ、カメラは始めて2年ぐらいなんです^^;

写真家さんとかも、全然、詳しくないんです


parisに云った時は、街の本屋さんで

エリオット・アーウィットの写真集ばかり見ていましたが・・・


京都の風景写真と云うことなら

橋本健次さんの写真を参考にさせていただいてます

絞り気味で撮られた写真が、かっこいいなぁと思います^^
Commented by (よ) at 2012-08-22 01:31 x
タヌ子さん

(よ)もパピーに会いたいです!
Commented by (よ) at 2012-08-22 01:33 x
高兄さん

エリオット・アーウィットというと、
あの有名なサイドミラーのキスの写真を思い出します。

橋本健次さん知りませんでした。チェックしてみます!


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『味の形 迫川尚子インタビュー』発売中。姉妹ブログ【ワダ翻訳工房】もどーぞ。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2017年 10月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のコメント

食べ物も器もすべて異次元..
by arak_okano at 08:12
残暑お見舞い申し上げます..
by arak_okano at 15:47
商業化されたブランド的レ..
by brd at 07:50
ちなみに狸田、商業的に「..
by tanukidaponta at 23:06
>さて、ビールの、酒の、..
by tanukidaponta at 23:01
こんにちは。 とい..
by brd at 23:20
自由か自由じゃないかとい..
by tanukidaponta at 21:26
おはようございます、アラ..
by arak_okano at 06:20
アラック、こんなに高級で..
by arak_okano at 21:11
料理もビールも高級高級品..
by arak_okano at 21:32

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧