ハノイ その1 : 山羊焼肉の焼肉奉行

ベトナムのハノイに行ってきた。

e0152073_20361894.jpg

山羊です。

なにが山羊かといえば、ポンポコ研究所の狸田ポン太所長がおしかちゃんと食べていたハノイの山羊焼肉が、なんだか美味そうだったので、住所を教えてもらってイザ出動したのだポン。

e0152073_20343169.jpg

lẩu dê Nhất Ly

ラウゼー・ニャットリー。

ニャッリーって読むのかな? ベトナム語はまるでわからない。

ラウゼーは山羊鍋のこと。

だから鍋がメインなんだろうけど、鍋はサイゴンで食べたことあるし、ここは所長にならって焼肉狙い。

ホームページまで、ちゃんとある。

住所は以下のとおり。

Số 1 Hàng Cót - Hà Nội

グーグルマップで検索するとバッチリ出てくる。

ガイドブックに載っているハノイ旧市街地の地図の、いちばん北のあたり。

e0152073_20343931.jpg

お店は、1階ががらんと何もなく、バイクが停めてあったりするよく意味のわからないスペースで、2階がダイニング。

e0152073_20343950.jpg

2階はこんな感じ。

とにかくまず焼肉を所望すると、

e0152073_20343831.jpg

こういうセットが運ばれてきた。

炭火に、オクラ、キュウリ、スダチに塩、味噌みたいなの、唐辛子、肉を巻くライスペーパーと、一緒に巻くハーブや野菜類、そして、つまみのピーナッツ。

肉は、

e0152073_2034363.jpg

まずふつうの山羊肉。

ここのテーブルの担当になったおねえさんが、いきなり肉の上にオクラをガバっとのっけた。

e0152073_20343857.jpg

こちらはなんだろう?

英語メニューでGoat's Breastって書いてあったから胸腺かな。牛の焼肉ならシビレ。と、思ってたんだけど、検索すると、みなさん「おっぱいの焼き肉」と書いてる。ブレストだから乳房か。へー。

Goat's Brainもあったので、おっ、と思って注文したら「それは鍋用」と却下。

e0152073_20343789.jpg

ごくごく贔屓目に言えば薄幸な役柄の小西真奈美を思い出させるおねえさんが、どんどん勝手に肉を焼く。焼けたと思って肉に手を出そうとしたら、ピシャリ!「まだダメ!」的に焼肉奉行ぶりをアピール。

e0152073_20343854.jpg

タレも作ってくれる。

なにかゴマだれのようなナッツのペーストのような黄色いのに、唐辛子や、味噌っぽいのやらスダチなどを混ぜる。

もう一種類、塩とスダチだけの皿もある。

e0152073_20343927.jpg

そして、どんどん焼いて食べさせてくれる。

e0152073_20344143.jpg

手を出せない。

山羊肉はしっかりタレに漬け込んであるみたいで、山羊独特のクセは感じられず、抵抗なく美味しい。

しかし、自分のペースで食べられない焼肉も、すこしつらい。

ほかのテーブルは、勝手めいめいにやっているので、外国人への特別サービスなのかもしれない。放っておいてほしいとも、多少思ったりする。

そんな焼肉奉行の小西さんは終始仏頂面だが、ホスピタリティがある。はじめ外に面した席に座ったが、ものすごいスコールになって、雨がかかり始めた。そしたら即座に席を替えてくれた。やんだら、戻りますか?とたずねてくれた。とても面倒見がよい。

e0152073_20343093.jpg

おつぎは、おっぱい肉。

こりこりした食感が非常によい。黄色いたれでもいいが、これは塩スダチのほうがしっくりくる。こういうホルモン系を口にすると、ゴマ油味の幻聴ならぬ幻味が口内に広がる。日本の焼肉に慣れすぎた舌のなせるわざ。

e0152073_20343153.jpg

つきっきりでライスペーパーで巻いてくれたりする。

e0152073_20343257.jpg

こんな感じ。

このあと豆腐や野菜や麺などが出てきて、うむを言わさず自動的に山羊鍋に移ろうとする小西さん。

焼肉→鍋と連続して食べるのが一般的なんだろうか。

実は、この店に来る前にすこし小腹を満たしてしまったことと、このあとデザート屋などもいろいろ巡ろうと画策していたので、泣く泣く鍋は断ることにした。

ビールも飲んで245,000VND。

e0152073_20343480.jpg

スコールのあと、空が不思議な色になった。

つづく。

(よ)

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by brd | 2012-07-14 21:12 | ベトナム | Comments(8)
Commented by tanukidaponta at 2012-07-14 21:22
おっ!
ちゃんと行けたみたいポン~

看板が新しくなって、立派になったポン!

あと、英語のメニューなんていうものができたポン??

なんか、どんどん変わっているポン...

狸田も、焼肉→鍋というのは、結構やっているポン
おそらく、そのパターンで食べている人たちの方が、1種類だけの人よりも多いかと思うポン

タレは、ヤギミルクをつかっているはずポン
それっぽい匂いを感じなかったポン?

肉の上にオクラは、お約束ポン

そうやって、油をつけて焼くものポン~
Commented by brd at 2012-07-14 22:42
狸田所長

素早いコメントありがとポン!
無事たどりつけたポン!

タレは山羊ミルクね!たしかになれない不思議な味がしてたポン。

あとGoat's Breastは、胸腺ではなく、おっぱい?

おっぱいにミルク、そこがポイントだったか!(?)ポン!

(よ)
Commented by petapeta_adeliae at 2012-07-15 10:37
3時に帰宅して軽く昼寝って、ちょくちょく起きてたけど、9時まで
爆睡。朝風呂してエアコンの下で気持ちよく拝見。

サリーちゃんのパパ似の山羊さんですね。
山羊の肉は未踏だけど、幼稚園の頃に父の実家で山羊のミルク
をひと口飲んでなんて癖のある味かと思ったのを覚えています。
正肉は美味しそうだけど、胸は脂肪が多いようで焼鳥の皮みたい?
"佐川くんの手紙"を思い出しちゃったよ〜。
ベトナムってデザートが美味しいようだけど、まさか一泊二日で
行ったのではないでしょ。お鍋を遠慮したのは勿体ないような。
Commented by (よ) at 2012-07-15 14:24 x
ソーニャさん。

(よ)もハノイではしゃぎ過ぎて帰国してぐったり。
20時間ぐらい爆睡したら別の生き物に生まれ変わったようにスッキリ!
学生のころを思い出しました。

乳の肉を乳のタレにつけて食べる。

これって、ねらっているのかどうか、こんどベトナム人に訊いてみたいものです。
食感はクリクリコリコリしてました。脂肪が多いという感じではありません。

佐川さん、一度お会いしたことありますよ。
すこし話した印象は、とても腰の低い礼儀正しい方でした。

山羊鍋は、どちらかというとサイゴンが本場のようです。
きっとつぎは焼肉→鍋、両方にトライします!
Commented by carambola at 2012-07-15 19:28
焼き山羊だ~.
山羊って臭いって言うけど,鯔はその臭さがわからないんだよなぁ…
美味しいですよねぇ?

焼き奉行のおねぇさん,強制的だなぁ(笑)
鯔はそんなに量を食べられないから,
次々焼かれちゃったら,食べきれない肉がたまっていって
おねぇさんに怒られちゃうのかも…(+_+)
自分で焼きたい…
Commented by brd at 2012-07-16 00:13
鯔ちゃん

山羊は、沖縄のヒージャー刺しはクセがあるなあと思ったことあるかなあ。
あと、那覇のわしたショップで飲んだ山羊の乳はなかなか濃ゆくて、なんか血のような金属っぽいギラっとした味がしてて迫力があった。。。

強制的でしょ、小西さん(笑)。

焼肉って網の上の肉をいじるのも楽しいのにねぇ。
韓国料理だと、東京でも焼肉奉行されますよねえ、サムギョプサルとか。

(よ)
Commented by tatanx at 2012-07-21 22:36
ヤギ焼肉もライスペーパーで巻いて食べるんですね!
おっぱい肉って、どんな味・食感なのか気になります~

ホーチミンで、ヤギ焼肉&鍋の屋台をよく見かけましたが
ハノイもヤギ肉の店は多いんですか?
Commented by (よ) at 2012-07-22 00:26 x
タタンさん

おっぱい肉は、こりこりした食感で、お肉というより内臓系のお味です。
記事にも書きましたが、なんとなくごま油の味で食べたくなるような感覚。

山羊肉は、ハノイよりホーチミンが本場のようですね~。


旅の食卓と食卓の旅。ferment booksより『味の形 迫川尚子インタビュー』発売中。姉妹ブログ【ワダ翻訳工房】もどーぞ。ツイッターは @oishiisekai @fermentbooks


by brd

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
インド
フランス
マレーシア
タイ
ミャンマー
中国
香港
ベトナム
韓国
東京のインド
東京のイタリア
東京の中国
東京のミャンマー
東京の韓国
東京のウイグル
東京のフランス
東京のタイ
東京のベトナム
東京のマレーシア
東京のネパール
東京のドイツ
東京のスペイン
東京のイスラエル
東京のニュージーランド
神奈川の中国
神奈川のタイ
神奈川のイタリア
富山のパキスタン
東京
神奈川
愛知
京都
石川
富山
茨城
本や映画
おうちで世界旅行(レシピ)
弁当
シンガポール
デンマーク
秋田
アメリカ
台湾
神奈川のベトナム
フィンランド
未分類

ブログパーツ

本棚

『食は東南アジアにあり』
『食は東南アジアにあり』
星野龍夫
森枝卓士


『食べもの記』
『食べもの記』
森枝卓士


『アジア菜食紀行』
『アジア菜食紀行』
森枝卓士


『考える胃袋』
『考える胃袋』
石毛直道
森枝卓士


『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
『ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行』
渡辺玲


『食は広州に在り』
『食は広州に在り』
邱永漢


『檀流クッキング』
『檀流クッキング』
檀一雄


『中国料理の迷宮』
『中国料理の迷宮』
勝見洋一


『中国庶民生活図引 食』
『中国庶民生活図引 食』
島尾伸三
潮田登久子


『食卓は学校である』
『食卓は学校である』
玉村豊男


『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
『地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ』
小泉 武夫


『世界屠畜紀行』
『世界屠畜紀行』
内澤旬子


『ソバ屋で憩う』
『ソバ屋で憩う』
杉浦日向子と ソ連


『有元葉子の料理の基本』
『有元葉子の料理の基本』
有元葉子


『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
『ル・マンジュ・トゥー 素描(デッサン)するフランス料理』
谷昇



『料理通信』


『Arche+』
アーチプラス
在タイ女性のための
日本語フリーペーパー



        ☆


料理通信
アンバサダーブログ
「ニッポン列島食だより」

に寄稿しています。

☆2013/03
江古田「HEM」のイベント
ベトナムおやつ屋台村


☆2012/05
カレー&スパイス伝道師
渡辺玲さんのプライベート・ディナー


☆2012/01
渋谷にあるブルターニュ
「クレープリー・ティ・ロランド」


☆2011/10
シャン料理「トーフー」は
高田馬場の新名物?


☆2011/08
信州食材meetsタイ料理!
「ヤム! ヤム! ソウルスープキッチン」


☆2011/07
震災後の「ソバ屋で憩う」
高田馬場「傘亭」

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2009年 10月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

最新のコメント

食べ物も器もすべて異次元..
by arak_okano at 08:12
残暑お見舞い申し上げます..
by arak_okano at 15:47
商業化されたブランド的レ..
by brd at 07:50
ちなみに狸田、商業的に「..
by tanukidaponta at 23:06
>さて、ビールの、酒の、..
by tanukidaponta at 23:01
こんにちは。 とい..
by brd at 23:20
自由か自由じゃないかとい..
by tanukidaponta at 21:26
おはようございます、アラ..
by arak_okano at 06:20
アラック、こんなに高級で..
by arak_okano at 21:11
料理もビールも高級高級品..
by arak_okano at 21:32

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
冬至に南瓜
from 異邦人の食卓
ドリアン
from ポンポコ研究所
久々わんこ&深谷ねぎ(2)
from ソーニャの食べればご機嫌
Saravana Bha..
from ポンポコ研究所

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

画像一覧